人妻パートさんに好評なエッチなマッサージ

この体験談は約 5 分で読めます。

地方のあるスーパーに勤めて数年になる。
数年前、ひょんなことからパートのおばちゃんの肩揉みをしてから、それが好評のようで今に至っている。

最初は、それこそ単なる親切心でおばちゃんの肩を揉んだ。
このおばちゃんが随分と感激してくれて、「Nちゃん(俺の呼び名)のマッサージは効くようッ!」と他の同僚に言い始めたのが事の始まり。

俺は学生時代に柔道で整体を知り、その後、知り合いの整体師にレクチャーを受けて(まぁ簡単にだけど)、それなりにマッサージが出来る。
ただ資格も何も持っていないので違法かもしれないが、金銭などは一切受け取っていない。
金銭は受け取っていないものの、それなりに見返りはあるわけで・・・。

最初の頃は、スタッフの休憩室で雑談をしながら肩揉みや腕のマッサージをしてあげていた。
意外に腕のマッサージは好評で、こちらとしては何か不思議だ。
仕事柄か、腰痛や脚のむくみの悩みが多く、座ってもらったまま腰まで指圧したりしていた。
この腰の指圧も俺には効いているのかは定かではないが、好評である。
いや、なぜか好評のようである。

地方のローカルスーパーながら、3~4畳くらいの仮眠室みたいなものがある。
俺が入社した頃は店長の仮眠室に使われていたそうだが、入社直後に店長が代わってからというもの、この部屋は誰も使わないようになっている。
相手がおばちゃんのときは、悪いけれど休憩室でマッサージをしている。
まぁ結構骨が折れるものの、色んな人間模様がわかり、これはこれで面白い。
見合い話を持ち込まれることがあったりするのが玉にキズだが・・・。

マッサージをするようになって数年の間のことは、この際、割愛する。
足のむくみのマッサージは、あ、これはおばちゃんの場合だが、椅子に足を投げ出してもらって、ふくらはぎから足首までを揉んでいる。
これがなぜかまた好評で、最近は多くのスタッフにするようになった。

おばちゃんたちは無防備に足を椅子に投げ出すのでパンツが丸見えになることがあるが、残念ながら俺には熟女に興味はないので苦笑するしかない。

「◯◯さん、パンツ見えちゃってるよ」と言っても、「Nちゃんたら、隅に置けないネ!」と完全に勘違い。

でも昨年辺りから俺もすっかりご機嫌だ。
それというのも、マッサージの話が広まり、最近は20~30代のスタッフ、パートさんまで頼まれることがあるからだ。

昨年、Y美から腰痛の相談を受け、あっさり「いいよ」と引き受けたものの、座ったままではなく、うつ伏せで指圧を受けたいと本人から言われ、いきなり事態は好転した。
休憩室で椅子を並べただけでうつ伏せになると不安定だし、何だか恥ずかしいと言うのである。
俺にとってはなんという福音か、おばちゃんたちの「前の店長が使っていた仮眠室を使えば!」の一言で、公然とその部屋を使えるようになった。
ただゲスな勘繰りを防ぐために(俺自体、今では十分ゲスだが・・・)、未だに休憩室でも、おばちゃんたちへのマッサージは続けている。

今や仮眠室はマッサージ専用の部屋と化していて、現店長の公認となっている。
それどころか店長からは、「スタッフやパートさんたちが喜んでいる」と福利厚生の一環にと、俺は売り場に出る時間に、長時間ではないもののマッサージをすることが許されるまでになっている。
仮眠室は、やはりこれもゲスな勘繰りを防ぐため施錠はせず、ドアのところに、『ただ今マッサージ中』という札を下げるようにしている。
こんなところも信用に繋がっていると勝手に信じている。

最近は、なんだかんだ理由をつけて、休憩室でのおばちゃんたちに対するマッサージは、反感を買わない程度に必要最低限は行っている。
そう、主に力を注いでいるのは20~30代のスタッフ、パートさんだ。
最初は怪しまれないように、ふくらはぎから足首までのマッサージに専念した。
たまに可愛いパンチらがあり、楽しませてもらっている。

それでも信用を完全に勝ち取るまではと、腰や背中の指圧は着衣のまま続けた。
笑われるかも知れないが、それを何ヶ月も続けた。
ここからが腕の見せ所である。
腰の指圧の際は、スカートやパンツのウエスト部分が邪魔なような振りをするのである。
最初は、手のひらから始まって肩というか脇の手前までマッサージする。
女性によっては、これだけで顔が紅潮しているのがわかるから面白い。

次は、足首からふくらはぎまで入念にマッサージしていく。
あ、足裏も。
そして女性によっては、怪訝に思われない程度にひざ上の太ももくらいまでマッサージして、それ以上はあえて手を出さない。
たぶん、これが大事なのだと思う。
ただしズボンの場合は着衣の上から行っている。

問題は(俺にとってだけだが)、腰の部分。
着衣のままでは十分にマッサージが出来ないからと、少しばかりスカートやズボンのファスナーを下ろしてもらい、腰が出るように部分的に脱がせるようにする。
このとき腰の部分だけを下げるのがコツ(だと思う)。

もう長くマッサージを受けている女性は、なんの躊躇いもなく、本当になんの躊躇いもなく、衣服を下ろして腰の部分を露出させてくれる。
ただし俺自身が女性の上着(下着やシャツ類など)を上げない、つまり肌を露出させないのが、これまたコツである。
腰をマッサージしているときは、女性の着ているシャツ類が邪魔で上手くマッサージできないような素振りをする。

「滑って、やりにくい」と言うと、たいていの女性がシャツをたくし上げてくれる。

もうその時はパンツが見えて、正直なところ心臓がバクバクになる。
それでも平静を装って、「大丈夫?効いてる?」と聞く。

何人かの女性が、あまり恥じらうこともなく、「下着だけの方がやりやすい?」と聞いてくれ、実際に下着だけになってくれる。
俺にとっては夢のような話だ。
俺にはこれらの女性が、ただ開放的なだけか、旦那との生活に不満を抱いているのかはわからない。
別に理由もないのかもしれないが・・・。

下着だけになってくれる女性は、地味な下着と勝負下着の2つに大別されるような気がする。
30代の女性の何人かはパンツからハミ毛が見えて、結構興奮させられる。
脊椎を中心に背中をマッサージするときは、ブラのホックを外すよう思い切って頼んでみた。
それだけではオッパイが見えないせいか、ほとんどの女性が協力してくれている。
でも横乳は堪能できるので、それなりに嬉しいのだが。

最近は肩こりをバストのせいにするのが俺のやり方だ。
女性をベッドに座らせ、俺は後ろから「ちょっと、ごめんネ!」と言いながら、事前確認の上でバストの重さを確認させてもらう。
でも、ここでは揉まずに、重さだけを確認するのが肝心だ。

F子はこの時点で感じていた様子で、なんとも言えない吐息を漏らしたのを俺は聞き逃さなかった。
まだ実現していないものの、F子とは日帰りの温泉旅行を約束できた!
そして最近は、下着だけになってくれる女性が増えてきた。
Y美、F子、S香などだ。
S香に至っては、お尻のワレメが出るくらいにパンツを下げてもされるがままだ。
太もものマッサージをする時にかすかながら、クチャッという音も聞こえる。
感じているのだろうか?
S香もなんの躊躇いもなく日帰りの温泉旅行をOKしてくれた。

残念ながら、今のところは、ここまでしか進んでいない。
そのうち、F子、S香と日帰りの温泉に行ったら報告します。
激エロでなくてすみません。
今後の展開に期待してください。
それではまた!