大雪の日に出会った超ビッチ女

この体験談は約 3 分で読めます。

一昨日だかその前だかの雪で帰宅困難になったやついるだろ?
まあ俺もその1人だったわけ。
夜7時くらいに都内の某所から、とにかく家に帰ろうっつって車に乗ってたわけだ。
だけどまあ全然進まないのよ、これが。
それでなんか面倒臭くなっちゃって、次の日学校サボろうって決めて、コンビニに車を停めてしばらくしてから帰ろうって思ったの。
それが20時半くらいかな。

特に眠かったわけでもないから車の中でボケーっとケータイ見たりして過ごしてた。
ふと、車を停めといて何も買わないのもアレかと思ってコンビニ入ってコーヒー買って戻ってきたら、車のところに知らない女がいた。
たいしてコミュ力あるわけでもない俺は、「えーっと・・・何すか?」みたいなことぼそぼそ言ってたかな。
そしたら女が、「寒くて家に帰れない。送ってくれなくてもいいから雪が収まるまで車に入れてくれ」みたいなことを言ってきた。

<スペック>
俺:19歳、大学生、ブサイクではないと思う。
女:20歳、大学生(俺より上)、皆藤愛子にだいぶ似てた。

(いやいや、なにこのエ口漫画みたいな状況!)とか思いつつ、(稀に2ちゃんで見るようなことになり得るぞ、これは!!)とか思っちゃったりして、「落ち着いたら家まで送るよ。とりあえず中入りな」みたいなこと言った。

女を助手席に乗せて、コーヒーをもう1本買ってきて渡した。
それで、「なんでこんなことになったの?」とか「普段は何してる人?」とか、適当に話して23時くらいになった。
車も少なくなってきたし、そろそろ行こうかって言って女の家に向かって出発した。
普段だったら10分くらいで着くであろう距離のところに家があった。
ちなみに俺の家はさらに10分くらいのところ。

到着して、俺は行為に及ぶ気MAXだったけど、そこは紳士に。

「それじゃあ気をつけて、お風呂であったまってくださいな、また!」みたいなこと言った。

そしたらなんと女が、「うちのお風呂、入る?」って言ってきた。
しかもなんかそのときの言い方が可愛すぎて、俺すげー盛り上がっちゃって、「それもう最後までいくじゃん」みたいなこと言っちゃったの。
そしたら、「いいよ、そのつもりだし」ってwww
もうこいつ、こんな顔してなんなんだwww

それで家に入って玄関でキスして、そのままいっちゃおうかと思ったけど、とにかく寒かったから「お風呂でしよう」みたいになって・・・。
そこから次の日の昼までに4回しました。

1回目は風呂の中で。
体洗ってお互い口でして、ゴムが近くにないってことで、「生でいい」って言われたので生で入れて、お風呂だったので顔に出しました。
いきなり顔射かよ?!って思うかもしれないけど、向こうが本当にノリノリでなんでもありって感じだった。

2回目は風呂から出てすぐ、女のベッドでフェラされて、立ったらゴムつけて挿れて終了。
その後、しばらくフェラされながら話してたけど、寝ようってなって寝た。
3回目4回目は、朝起きてすぐに連続で。
内容は2回目と特に変わらないっす。

彼女とは連絡先を交換したので、家も近いしお互い1人暮らしなので、たぶんまた次がありますw
あとから聞いた話だけど、コンビニの前を歩いてたら俺のこと見つけて、『ヤりたい』って思って声掛けてきたらしいですwww