別れたHカップの彼女の話

この体験談は約 18 分で読めます。

去年の8月に別れた彼女との話なんだが・・・。

元彼女は23歳でアパレル関係の会社に勤めてた(ショップの店員)。
そんで、出会いは女友達の紹介で合コンではないけど男女数人で食事した時。
その女友達から「巨乳の小林恵美連れてくよ!!」とか言う訳わからん謳い文句に釣られて行ったら、謳い文句そのまんまの巨乳の小林恵美似の子でテンション上がったのを今でも覚えてる。

食事の席上で女友達が「この子はHカップあるんだよ~」とか言ってて2度ビックリした。

巨乳でもデブではなくて、身長は160cmくらいでスタイルは良かった。
服装は今流行りのお姉系ってやつで大人っぽい感じ。
まぁ、俺には縁のない子だなぁと思っていたんだけど、友人の仲介で携番交換してから上手く事が進んで付き合うことに。

付き合ってみたらまぁ気の強いこと・・・。
見事に尻に敷かれました。

でもエッチの時だけ人が変わるんだよね。
急に甘えん坊になるし、凄いエロい子で潮はすぐ吹くわ、自分で腰振るわで。
挙句には俺が「もうイク」とか言うと「まだ嫌だぁ~」って言って正常位の状態でカニばさみして抜かれないようにするんだよね。
胸もさすがHカップあるだけあってデカかったし、乳輪も小さめで良かった。
彼女は昔からモテたらしいが恋愛に関しては真面目で一途。
今までの彼氏も交際期間が最短で1年で男遊びやら浮気経験は無いらしく、彼女の周りの誰に聞いても皆口を揃えて言ってたからそれは本当みたいだ。

当時、彼女は同じ高校の女友達とルームシェアしていて、トータルで3回くらいしか家に行ったことがなかった。
で、ルームシェアしてる子とは3人で食事行ったり飲みに行ったりして仲良くなって、彼女公認で連絡取り合う仲になった。
その子を仮に“Yちゃん”とする。
Yちゃんとは色々と趣味が被ってたせいかすごく気が合って、お互い相談事したり、俺が男友達を紹介したりと良い友達になれたし、今では大切な親友。

そんで、彼女と付き合って3ヶ月くらい経った頃だったか、Yちゃんと電話してる時彼女の話になるとYちゃんはその話を避けてる様に感じたんだよね。
その時は、女二人で一緒に生活してれば仲の悪くなる時もあるだろうってくらいにしか考えてなくて、関係が修復するまで極力彼女の話はしないでおこうってしてた。
彼女はそんな素振りは一切無かったから、彼女がYちゃんに嫌われたのかなと思ったから余計に気を使った。
それから1ヶ月くらい経っても相変わらずだったから、思い切ってYちゃんに彼女とのことを聞いてみた。
そしたら口籠ってはっきり言わなかったから、俺の奢りで飲みに行って酔った勢いで聞いてみた。

俺「あいつと何かあったの?」

Y「うぅん、特に二人の間で何かあったわけじゃないんだけど・・・」

俺「けど・・・?」

Y「私、今は週の半分くらいしかあの家に帰ってないんだ」

俺「えっ!!どうして?」

Y「その理由なんだけど・・・」

俺「何?」

Y「K(俺)のこと信用して言うから、これから私が言うことを聞いても勝手に行動しないって約束できる?」

俺「分かった。約束する」

Y「驚くと思うけど、覚悟してね?」

俺「う、うん」

Y「実は・・・最近、Sちゃん(彼女)が友達を家に連れて来るようになって、私の居場所が無いっていうか・・・」

俺「あぁ、職場の子達かぁ」

Y「いや、それが職場の子じゃないんだよね・・・」

俺「あいつの地元の子?」

Y「それも違う」

俺「じゃ、誰なん?」

Y「最近知り合った人だと思う」

俺「へぇ~、聞いたことないなぁ」

Y「それが・・・男の人なんだよね」

俺「えっ???」

Y「驚くよね・・・」

俺「まさか、浮気ってこと?」

Y「・・・うん」

俺「????、あいつがそう言ってたん?」

Y「はっきり言ったわけじゃ無いけど間違いなく、そう」

Y「SちゃんはKに休みは週一って言ってない?」

俺「うん、違うの?」

Y「最初は確かに週一だったけど今は週二だよ。で、その日に男が来てる」

俺「まじで?ってことはやっちゃってるってこと?」

Y「たぶん・・・」

後々、この時点ではまだ体の関係が無かったことがわかるんだが、Yちゃんによると水曜休みが今は水・金曜日休みで有給休暇もある。
木~金曜日に男が来てて、休みの日以外も来るようになってたらしい。
Yちゃんは俺との仲もあるし、家での気まずさもあって男が来る日は実家に帰っていた。
Yちゃん家は金持ちで、シェアしてた家自体がYちゃん家の持ち家で、実家が近くにあったので帰っていたみたい。

で、飲みながら話しているうちに俺が「いまいち信じられないから、Yちゃんが実家に帰ってる時にYちゃんの部屋で待機して浮気の現場を確認させてくれ」と頼んだら・・・。

・彼女にばれないこと。
・その場で現場に踏み込まないこと。
・Yちゃんが協力してる事をばらさないこと。

以上を条件に快く了承してくれた。

それから数日後、Yちゃんから家の合鍵とYちゃんの部屋の合鍵を受け取り、実行することになった。
今まで通り水曜日は一緒に過ごして、金曜日は会社に休み貰って木曜日の夕方に仕事が終わったら食糧やら飲み物やら買い込んで彼女の家に直行してYちゃんの部屋で待機。
ちなみに、その家は1LDKでリビングと部屋が戸一枚で区切られているタイプで、リビングに彼女が住んで隣の部屋がYちゃんの部屋。
で、Yちゃんの部屋のドアの上には木製のサッシみたいな物があって、そこからリビングが覗ける。
少し高さがあるので脚立を持って行って、その上に座って覗いてた。

そうこうしているうちに9時過ぎ頃に彼女が帰宅、一気に緊張してきた。

彼女は帰ってきて直ぐにシャワーを浴びにいった。
2~30分くらいで出てきて髪を乾かし、下着を物色してテカテカした水色の紐パンとブラを装着。
ちなみにそれは俺がお気に入りって言ってたやつです。
で、キャミソールとミニスカを穿いて、何故かまたメイクし始めた。
自分の女が他の男に抱かれるために真剣に準備している姿を眺める彼氏・・・。

ほんと惨めだわなんて思いつつ、ドキドキしている俺は何なんだ・・・って思った。

それから、少しして玄関のチャイムが鳴る。

ピンポ~ン♪

小走りに玄関へ向かう彼女。
なんか楽しそうに喋りながら男とリビングに戻ってきた。
で、男を見た瞬間、俺はなるほどねっと思った。
それは、彼女のタイプど真ん中の男だったから。

彼女はテレビやら雑誌見てても「この人かっこいぃ~」とか言わない女だったが、唯一目の色が変わるのが“タッキー&翼”の、翼の方。

翼の顔・声・体型、すべてがタイプらしい。
で、浮気相手も瓜二つとは言わないまでも似ていた。

見た感じ遊んでそうな感じで、彼女が嫌いそうなタイプだが見た目にやられたんだろう。
二人でベッドに腰かけて、男が買ってきたであろう酒で乾杯して飲み始めた。
ちょうど俺が覗いている方を向いて座っているから二人の行動はよく分かる。
二人は隣同士くっついて座って、楽しそうにその日の出来事やらを話してた。
彼女は俺と居る時の気の強い感じとは違い、おしとやかというか、はにかんでる感じだった。

そんな彼女の態度が余計に「この男に惚れてるんだろうな」と思わせた。

憧れの人を前に少し緊張している様なそんな態度。

浮気相手はナルシストと言うか、完璧に彼女の気持ちを見抜いていて、すかした態度。
相当女慣れしてる感じに見受けられた。

男は彼女がトイレやらコップやらを取りに席を立つ度にヤラシイ目つきで彼女の後ろ姿を眺めてる。
しかも彼女はキャミ姿だから自慢の胸も強調されまくり。
たぶん、谷間も見放題だったと思う。
俺は緊張を抑えながらも(頼むっ!!単なる飲み会で終わってくれ!!)と、必死で心の中で呟いてた。
それと同時に、この場に来てしまったことに少し後悔してた。

どのくらいの時間が経ったのだろうか、恐らく1時間程度しか経っていなかったろうけど凄く時間が長く感じた。

脚立に座ってたせいか尻は痛いし、座り直そうにも少しの物音も出せない様な状況だった。
そうこうしているうちに、ついに“その時”が来てしまった・・・。
男が彼女の肩に腕を回し頭を撫で始めた。

(ヤバイ!!ヤバイ!!やられるっ)

俺は慌てて携帯をポケットから取り出して彼女に適当なメールを送信。
少ししてテーブルの上の彼女の携帯のバイブが鳴り出す。

ブゥィ~ンブゥィ~ンブゥィ~ン

一瞬二人は止まるが彼女は首を横に振って「大丈夫」とか言って俺のメール無視www

(マジかよ~。)

俺の小さな抵抗も無駄に終わった・・・それから二人はまた見つめ合い、男が彼女に何か小声で囁いている。
そして二人の顔が近付いていった。

俺は「わーっわーっわーっ!!」って心の中で叫んでた(涙)

彼女は眼を瞑って男の唇を受け入れた。
二人の頭がゆっくりと動き出す。
舌を絡め始めたのだろう。

シ~~~ンッと静まり返った部屋に響く声と音。

チュパッチュパッチュパッ

彼女「うっうっ・・・」

小声で彼女がうめく。

ジュルッジュルッジュルッ

音がだんだんと激しくなっていき、同時に彼女の両足がもぞもぞしだした。
そして、男の手が彼女の胸に急接近する。
彼女の胸を下から持ち上げる様に服の上から揉みだした。
彼女のHカップの胸が上下に波打ってた。
男は顔を放し彼女を見つめ、反応を確かめるかのように胸を揉んでいた。
彼女は恥ずかしそうに上目遣いで男を見つめる。
その後、男の手が彼女のキャミの胸元に入っていった。
一瞬、彼女の体がビクッとしてから強張る。
男の手がキャミの中でモゾモゾ動いていた。
男は薄ら笑いを浮かべながら彼女の胸を弄んでいた。

男はしばらく彼女の胸を揉み、キスをした後に彼女のキャミを下から捲り上げた。
彼女の胸の上までキャミを上げるとブラも上へずらし胸が丸出し状態に。

やっぱりデカイ(涙)

それに彼女の色白の肌がやけにまぶしく感じた。
男は彼女の胸に吸いついた。

チュパッチュパッ

彼女「ぁぁ~ん・・」

思わず彼女が声を出してた。

俺はその時すごい胸が苦しいのに興奮しているという不思議な感覚だった。
男は彼女の胸を吸いながら片手を彼女のフトモモに這わせていった。
すると彼女の股は自然と開いて男の手は彼女のアソコに。
パンツの上からアソコを弄くり、その手は今度はパンツの中へ。
男が直にアソコを弄くりだすと彼女の声のボリュームも自然とでかくなった。
彼女はもともと非常に濡れやすい体質なんでピチャピチャ音が響いていた。
彼女は男にパンツを横にずらした状態で激しく手マンされて潮を吹きまくってた。

男は「すげー吹いてるww」とか言って楽しんでた。

彼女は何度か潮を吹かされた後、男に「フェラしてよ」と言われ、ベッドに横になった男の股間に言われるがまま顔を埋めてた。
男のパンツを脱がせて、異常に勃起した男のチンコを咥えだした。

男は彼女の頭を手で押さえつけるようにして、

男「やべぇ、すげぇ気持ちいい!!上手いじゃん!!」

そう言われた彼女は一生懸命ズビズビ音出してフェラしてた。

男「そのままお尻こっちに向けてよ」

69をしようとしだした。

彼女「えっ!?恥ずかしい・・・」

男「いいから」

男に促されて男の顔をまたぐようにアソコを男に突き出した。
男にアソコを舐められて気持ち良いのを我慢しながら彼女はフェラしてたけど、段々と力が抜けていって男のチンコを握ったままグッタリしてアンアン言い出してた。

男「そろそろ入れるよ」

彼女はコクリと頷く。
彼女は着衣のまま仰向けに寝そべり股を開いた。

男「外に出すから」と言い終わるか否かのうちに生で挿入。

彼女は正常位で突かれながら無意識に男の手を握ってアンアン言ってた。
部屋中に彼女の喘ぎ声とパンパンと音が響いてた。
順序はうろ覚えだが、彼女は騎乗位でグイグイ腰振って、バックの時は男は途中わざと腰の動きを止めて彼女が腰を動かしてるのを楽しんでいるみたいだった。
最後は正常位で腹の上に出されて終わってた。

その後、しばらく二人はベッドでイチャイチャした後、男がコンビニに行こうと言い出し、出掛けた隙に俺は家から脱出した。
その日はさすがに精神的な疲れからグッタリしちゃって倒れるようにして寝た。

後日、Yちゃんから状況を確かめる連絡があったけど、なぜかその時、俺は嘘をついてしまった。
それは、その日に男が来なくて結局何も無かったって。
で、Yちゃんが「これからどうすんの?」って聞いてきたんで、また別の日にもう一回だけ実行させてくれと頼んだ。
次で最後ってことでYちゃんもOKしてくれて、決行日はまた後日連絡するってことになった。

彼女の浮気を目撃した後も週に1~2回は彼女と会っていて、俺は努めて平静を装った。
でも、正直めちゃくちゃ辛かった。
あの目撃の後から、なんか彼女が大人しくなったというか、俺に気を使っている様に感じた。
エッチもそれなりにしてたけど妙に興奮した。
この部分はこの板の経験者の方なら共感してくれるかもしれない。
日々浮気を思い出して悶々としてたのがエッチの時爆発する様な感じ。

あの日から一ヶ月弱くらい経って、俺は彼女と別れる事を意識し始めたとき、彼女が海に行きたいと言い出した。
なので、彼女との最後の思い出として日帰りで行くことに決めた。
後日、二人の休みを合わせて二人でデパートに水着を買いに出かけた。
そこでお互いの水着を選び合ったんだけど、二人で海に行くのが楽しみらしくその時の彼女はえらく嬉しそうで切なかった。
そして、無性に愛おしく感じた。
そんな姿見てたら別れようと思っていた気持ちが揺らいできて、男との関係が一時の気の迷いで長く続かないのであれば目を瞑っても良いかなと思い始めた。
それに最近の彼女は男と居ると思われる日に電話してもちゃんと出てたしメールも返ってきてたから尚更。

そして、最後の浮気調査決行日が決まった。
気持ちに踏ん切りをつけるため、楽しく旅行するため、二人で海へ行く約1週間前。
Yちゃんにその旨を伝え合鍵を受け取った。

Yちゃん「私が想像しても辛いと思うくらいだから、実際Kはもっと辛い思いよね・・・。でもKが前向きにSちゃんとの事を考えているんなら私応援するよ!!良い結果になったら良いね!!」

Yちゃんの言葉に泣きそうになった。
本当に良いやつだ。

決行日の当日と次の日に、親戚の結婚式と嘘ついて会社から有給とって、当日は昼過ぎからYちゃん家で待機した。

昼間、彼女は居ないので部屋に閉じこもらずに割とのんびり過ごせた。
でも俺のいた痕跡を残さないため色々と気は使ったが、暇だったから彼女の居住スペースを物色してみた。
どこを探しても浮気相手との写真・プリクラとかの証拠となるようなものは無くて、とりあえず安心した。
やることなくて彼女の下着なんかも漁ってみた。
女って無駄に下着を持ってるよね、見たことないのが結構あった。
でも、あの日の下着は手に取ってぼんやり眺めてしまったけど。

前に俺が選んで買った水色のビキニはタンスの上にチョコンって置いてあって、なんか嬉しかった。
海に行くの楽しみにしてくれてるんだなぁって感じた。

そうこうしているうちに、そろそろ彼女が帰ってくる時間になったのでYちゃんの部屋で待機。
脚立も前回の教訓から座る部分に低反発クッションを装着し準備万端。
ドキドキしながら待っていたけど9時を過ぎても帰って来ない。
で、12時近くになって玄関の方から物音がした。

(あっ、帰って来たな。)

ドアを開ける音がしたが、何やら騒がしい。
二人だけじゃ無いようだった。
彼女と男が入ってくると後から男が二人上機嫌そうに入って来た。

(えっ!?誰?こいつら。)

どうも皆、酒を飲んでる様だった。

男の友達「へ~、結構広いね~」

彼女「みんなお茶で良い?」

男達「良いよ~。どうもです~」

で、お茶飲みながら他愛もない話をして1時間も経たないうちに男の友人達はそろそろ帰ると言い出した。
話の感じからすると、男と彼女が飲んでる所に男の友人2人が合流して4人で飲んで来た帰りらしい。
そんで、帰りがけに彼女の家に少し寄ったようだ。

男達「じゃあ、俺らそろそろ帰るわっ。明日も仕事だし」

男「はいよっ!!俺はもう少しここで休んでいく」

友人達はニヤニヤしながら「了解!!邪魔しちゃ悪いからすぐ出るわ」。

男「そんなんじゃねぇ~よwwじゃぁ気をつけてな!!」

男の友達「じゃあSちゃん!!こいつの事よろしく頼むわ!!」

彼女「・・・」

彼女は苦笑いで頷く。

男「うるせ~よww早く帰れよww」

友人達は帰って行き彼女は男と二人きりになった。

(あぁ~、やっぱりまだ浮気は継続中か・・・。)と、思ったが二人きりになってから何か様子が変だった。

二人は隣同士で座らずテーブル挟んで対極に座っていた。
会話も大して弾んでおらず、どこか気まずい空気だった。
男が口を開く。

男「でぇ~、さっきの話の続きなんだけど」

彼女「うん・・・」

男「何で急に別れるとか思ったの?」

(おぉおおっ!?)

どうやらその日の食事は別れ話の為だったようだ。

彼女「・・・」

男「そこはっきりしてくれないと俺も納得いかないし」

彼女「ごめん・・・」

男「ごめんじゃなくて」

彼女「・・・やっぱりこういうの良くないと思うし」

男「そんなん今更でしょ?」

彼女「そうだけど、やっぱりこういうのは良くない。罪悪感とか感じるし」

男「まぁ、彼氏いるの分かっててアタックかけたのは俺だけど、でもOKしたのはそっちじゃん?」

彼女「だから、ごめんね・・・」

男「そんなこと言われてもまだ俺はSのこと好きだし、急に別れるとか無理だから。Sは俺のこと嫌いになったの?」

彼女「・・・そういう訳でも無いけど」

男「まだ気持ちがはっきりして無いならもう少しこのままで良いじゃん?はっきりするまで」

彼女「・・・」

男「なぁ?」

そう言って男は彼女の手を掴んで自分の所に引っ張ろうとした。
彼女は抵抗したが・・・

男「そんなん凹むわ~。いいからちょっとこっちに来いよ」

男に促され彼女は男の隣に。
男は彼女の頭を撫でながらキスをしようとしてた。
でも彼女はそれを拒否。
男はそれでも無理やりにキスをした。

拒む彼女に舌を入れ始め、胸を揉みだした時に彼女が・・・

彼女「それはダメっ!!」

男「何で?」

彼女「エッチすることになるから・・・」

男「だって、さっき別れ話は無くなったじゃん?」

彼女「今の気持ちでエッチはできない・・・」

男「意味分かんないんだけど?」

彼女「とにかくダメ・・・」

男「そんな冷たいこと言わずに、いいじゃん?」

しばらく押し問答が続いて、

彼女「じゃあ・・・エッチは今日で最後にしてくれる?」

男「とりあえず分かったけど、まぁそういう話はまた後で、なっ?」

男は酔っていたこともあって激しく彼女に襲いかかってた。

胸を後ろから揉み、彼女の首筋を舐めだした。
上着を捲り彼女の生乳を激しく揉み、片手はすでに彼女の股間に。
彼女は声も出さずにされるがままだった。
そして、男の手は彼女のパンツの中に、

男「すごい濡れてるよ?」

彼女「ぅっぅっ・・・」

男「音聞こえない?」

グヂュッグヂュッ

彼女はいつもの様に濡れていたようだ。

男はしばらく彼女に手マンした後、立ち上がりズボンを脱ぎ彼女にフェラを要求した。
彼女は正座した状態で男のアソコを咥えた。

ジュポッジュポッ

彼女は必死にフェラしてた。
それから、男は彼女を抱き起しベッドに寝かせ、激しくクンニしてた。
その頃には彼女も声を出し始めていた。
観念して身を委ねたのだろう。
男は彼女の股を開き、生で挿入。
男に突かれる度に彼女の胸は波打ってた。
結局、正常位のまま腹に出されて終了。

その後、ダラダラと過ごしていた時に男がタンス上の水着を発見。
その事を彼女に尋ねだした。

彼女は、海に行くこと、そしてその為に買った水着であることを説明していた。

すると男は何を血迷ったか、

男「水着姿見せてよっ!!」

彼女「えっ!?無理だから」

男「Sはスタイル良いから絶対似合うよ!!どうせ俺は海に行けないんだから今見たい」

男「結局は海で水着姿になるんだから、今恥ずかしがったってしょうがないだろ?」

彼女「じゃぁ、少しの間だけだよ?」

そう言って彼女は水着を手に俺の視界から消えた。
男は嬉しそうに煙草をふかしながら待ってた。
俺でさえ、まだじっくり見てないから腹立った。

少しして彼女が俺の視界に戻ってきた。
恥ずかしいのか水着の上にカーディガンを着ていた。

男「おぉぉぉぉwwww良いねぇ~wwwってか、何でカーディガン着てんの?www」

彼女「やっぱ恥ずかしいし・・・。もういいでしょ?着替えてくる」

男「着替えなくていいよ。しばらくそのままで居てよ。とりあえずこっち来て、なっ?」

男は彼女に隣に来るように促した。
彼女も何だかんだ言っても結局そのまま男の隣に座ってた。

男「スタイル良いよなぁ~。肌も綺麗だし」

彼女は褒められて嬉しそうだった。
すると男は突然彼女の腕を引っ張り抱き寄せた。

彼女「なに?急に」

男「お前見てたら興奮してきちゃったww」

彼女「何言ってんの?」

男が急に彼女にキスをした。

彼女「ちょっ!!待ってよ!!ぅっうっ」

嫌がる口を塞ぐ様に男はキスをしていた。
そして彼女の胸を揉みだした。

彼女「ちょっと待って!!それは嫌だ!!エッチはしないよ!!」

男は彼女の訴えを無視して揉み続ける。

彼女「買ったばかりなのに汚れるでしょ!!」

それでも無視して、今度は彼女のビキニの片方を捲りだした。
彼女は片乳状態。

彼女「待って!!待って!!」

男は嫌がる彼女の胸を吸い始めた。

彼女「もぉ~!!」

彼女は座った状態でM字開脚させられて男にアソコを弄られだした。

彼女「ばかぁ~!!」

男「フェラして」

彼女「じゃぁ、口で終わりにしてね?」

男「分かったから早く!!」

彼女は男の股間にうずくまり男のアソコを舐めはじめた。
口でイカせるために彼女のフェラは力強かった。

ジュポッジュポッ

時折、激しい手コキも混ぜながら必死に。

男「やべぇ~。マジ気持ち良い」

男は急に彼女を抱き起し、そのままベッドではなく床の上で彼女を四つん這いにさせた。

彼女「ちょっと~、ダメって言ってるじゃん(怒)」

男は無理やり彼女のビキニのパンツをずらした。
彼女は半ケツ状態のまま四つん這いで逃げようと藻掻いてたけど、男は後ろから彼女を羽交い締めにするようにしがみ付き、バックで無理やり挿入した。

男は狂ったように腰を振り、彼女の胸はブルンブルン揺れていた。

パンパンパンパンパン

俺が選んだ水着でやられている彼女・・・。
でも、悲しいのになぜか興奮している俺・・・。
しかも、この時のエッチは獣の交尾の様な、何とも言えない生々しさだった。

男は汗だくで彼女にしがみ付き「ふんっふんっ」言って一心不乱に腰を振り、彼女も汗だくで体中を真っ赤にし、眉間にしわを寄せて「うっうっぅぅ」って言いながら男に突かれていた。
こっちにまで熱気が伝わってくる様なエッチだった。
男は興奮し過ぎていたのか呆気なく彼女のお尻の上に射精。
彼女はその場にうつ伏せに倒れこみ、男はそんな彼女の上に覆い被さる様に倒れこみ、しばらく二人は放心状態だった。

しばしの放心状態の後、

彼女「も~ぅ、水着に付いちゃってるじゃん(怒)」

男「あぁ~気持ち良かったwww」

彼女は、自分の尻に付いた男の精子を不貞腐れながら拭いてた。

その後、彼女はシャワーを浴びに浴室に。
男はパンツ姿でタバコをくわえ余韻に浸っていた。
その間、男は彼女の匂いのする自分の指をクンクン嗅いでた。
みんな同じことするんだなぁと妙に感心してしまった・・・。

彼女が風呂に行き少し経った頃、男は急に立ち上がりタンスの方へ。
浴室の方をチラチラ気にしながら彼女のタンスを物色しだした。
お目当ては彼女の下着。
一つ一つ手に取って観賞してた。
この時、ふと、嫌な予感がよぎる。

(まさか、こっちの部屋来ないよなぁ・・・)

男はしばらく彼女の下着を感賞した後、タンスを閉め視界から消えた。

恐らく、浴室に行ったのだと思う。
彼女がいつ出てくるかを確認しに。
そして、再び俺の視界内に戻って来たと思ったら、こっちに向かって来た。

嫌な予感は的中!!

俺の潜んでいる部屋=Yちゃんの部屋の前に。
ドア一枚を挟んで対峙する現彼氏と浮気相手。
俺はとっさに身をかがめ、必死に息を殺した。
心臓も尋常じゃ無いくらいバクバク言ってて、俺は口元と胸元を手で押さえて固まってた。

すると・・・

ガタ、ガタ、ガタ

ドアを開けようとする音。

鍵が掛かってるから開くわけがないのだが、あまりの緊張に死ぬかと思った。
浮気相手の様に、Yちゃんの知らない人間が出入りしだしてから、こういった事態の為にYちゃんは業者に頼み部屋に鍵を付けていたのだ。
でも、あの時は、一瞬鍵があることを忘れるくらい気が動転してた。

男は「チッ」と舌打ちをして、諦めてベッドの方に戻って行った。

まぁ、お目当てはYちゃんの下着だったんだろう。
でも、これがきっかけでYちゃん家での覗きはもう辞めようと思った。
こんな事を続けてたら胃に穴が開くし、体が持たない。

その後、彼女が風呂から戻ってきて入れ替わりで男も風呂に。
男が出てきて、またまた二人でコンビニへ。
これが、お決まりのパターンらしい。
そして、俺も念のため二人が出掛けてから5分後に脱出する。
これも、お決まり。

そんで、少し離れたところに止めてある車までダッシュ!!
前回もそうだったが車に乗った瞬間、ドッと疲れがくる。
とりあえず一服して気分を落ち着けてから自宅へ。

自宅でその日の出来事を思い出してる時に、急に体中から血の気が失せて、冷汗がダラダラ出てきた。
彼女が他の男に抱かれたこと、しかも俺が選んだ水着で・・・。
上手く伝わるか分からないけど、俺が選んだ水着って事は女目線のイケてる水着ではなく、男目線から見たイケてる水着で=男目線でエロさのある水着って事になる。
正直、男なんて女の水着姿はファッション性よりも性の対象にしか見てない。
ってことは、俺は間接的に浮気相手の興奮の御膳立てしてたって事になるし、気持ち良さをアップさせてた事になる。
それに、俺が帰った後も恐らく1日中一緒に居るわけだからエッチしてるだろう。
あの男のことだから間違いない。
もう、頭の中がグチャグチャになって、気持ち悪くて吐いた。
吐きまくった。
で、吐くだけ吐いて死んだ様に寝た。

色々考えた結果、今回の件で俺も別れを決意し、そのことを彼女に告げることにした。
だが、どんな理由で別れに持って行くかで悩んでしまって、なかなか言えずにいた。
正直に今までのことを言えばそれがてっとり早いのだけど、Yちゃんのこともある。
言ってしまえば、Yちゃんは間違いなく彼女だけではなくその周りからも恨まれる。
そして、俺自身がYちゃんを裏切ることになる。

結局、ズルズルと時が経ち、言えないまま彼女と海へ行くことに。
海で、あの水着を着てはしゃいでる彼女を見てたら凄い凹んだ。
浜辺で歩いていても、すれ違う男達が彼女の胸見てるのがよく分かった。
浮気相手もそんな女を自分の物にしたんだから、さぞ興奮しただろう・・・。
彼女と一緒にいるだけでそういった事を考えてしまい、ストレスが半端じゃ無い。
海から帰ったらさっさと別れようと決めた。

海から帰り、3~4日経った頃に俺は別れの電話を彼女に入れた。
理由は、たまたま仕事帰りに彼女の家に行ったら他の男と出てくるのを見てしまったという理由で。
俺は、もちろん長いこと覗いていたわけだから男の特徴はハッキリ言える。
その事も加えて、彼女に問い詰めたら正直に全部話してくれた。
逆切れすることもなく、嘘もつかずに事実を答えてくれたし、自分に一方的に非があるからと謝ってた。
なので、特に言い合いになる事も無く、淡々と話が進んだ。

結果、別れが成立し、お互い「元気でね」と、円満に終わった。
なんか、あっさりし過ぎてて肩すかしを喰らった気分だった。
別れて数日経っても思ってた程、彼女に対して未練がなかったのでこれで良かったと思えた。
Yちゃんにもその事を報告し、協力してくれたお礼を言った。

俺と彼女の間のことはこれで終わり。

後日談。
彼女と別れてから3ヶ月くらいが経った頃に、久しぶりにYちゃんと会うことになりファミレスへ。
ドリンクバーでお茶しながら色々と他愛もない話をしていたんだけど、急にYちゃんが思い出したかのように別れた彼女の話を始めた。

Y「ねぇねぇ、Sちゃん(別れた彼女)のことなんだけど」

俺「あぁ、何かあったの?」

Y「あれから色々大変だったんだよ」

俺「へぇ~」

Y「浮気相手がしつこくて、Sちゃんの店にまで押しかけてたんだって」

俺「結局、Sは縁切らなかったの?」

Y「Sちゃんはそのつもりだったんだけど、相手が納得しなくて」

俺「あぁ~、やっぱりあの時あいつをぶん殴っとけばよかった」

Y「あいつ本当に最低な男だよ!!でも、ちょっと話は長くなるけど最後まで聞いて」

俺「うん」

Y「ショップって何処でもそうだけど店員ナンパが凄いでしょ?Sちゃんの店もそうで、仕事中に色々な男が声掛けに来るわけ。で、実際それでくっついちゃう事も結構あるんだって。ショップの店員って平日休みだし仕事もきついから出会いが無いでしょ?だから」

俺「あぁ、Sもそう言えばそんなこと言ってた」

Y「それで、そんな中でもSちゃんはやっぱ人気があって、何人も男が寄って来てたんだって。でもSちゃんは一度付き合うと長いし、基本そういうナンパは相手にしないから男達の中でも難易度高い女って見られてたの」

俺「wwwwくだらねぇwwww」

Y「で、その中の一人が浮気相手だったんだけど、私も会った事あるけどK(俺)には悪いけどあれは相手が悪かったよね・・・見た目だけはSちゃんのタイプそのままだもん。Sちゃんの仕事友達が言ってたけど、Sちゃんはその男が来ると明らかに動揺してたんだって。その男も女の扱いに慣れてるからすごい優しいんだって。Sちゃんに。で、お店に来る度に二人は話すようになって、流れで番号交換して結局まずい関係になったんだけど」

俺「でも、あいつ明らかに遊び人じゃん?」

Y「それについても後で話しするけど、で、そんな事になればどんなに隠してても噂は広まるでしょ?ただでさえSちゃんは一途って思われてたから尚更ね。で、KとSちゃんが別れて、Sちゃんは浮気相手とも別れるつもりでいたんだけど、相手が納得しなくてメールとか電話でしつこく迫って来てて、店にまで復縁話をしに来てたの。でも、Sちゃんは断り続けてて外で二人で会うこともしなかったの。それで、いつまで経っても相手が諦めなくて困ってる時に、知り合いの紹介である人に会ったの」

俺「誰?」

Y「ちょっと怖い人。顔が広いらしくて、相手と話をつけてくれるって。でも、実はその人もSちゃんを前から狙ってた人なの」

俺「???・・・じゃあ、S目当て??」

Y「そう。で、その人が周りから集めた情報で浮気相手がどうしょうもない遊び人だって事が分かったの。被害者はKとSちゃんだけじゃなくて、他にもたくさんいたの。気に入った子なら彼氏持ちとか関係無く手を出してたんだって。女の扱いも慣れてるし、あの見た目でしょ?みんな騙されちゃったみたい。後々知ったんだけど、私の知り合いもヤリ捨てされてたし」

俺「なんか、本気でムカついてきた」

Y「結局、その頼んだ人が間に入ったらぱったり男から連絡が来なくなって縁が切れたの。でも、ここからがまた面倒臭くてね、その人は前々からSちゃん狙ってたって言ったでしょ?」

俺「うん」

Y「Sちゃんと浮気相手の間に入ったのも結局は下心があったからなの。Sちゃんはそんな事は知らないからお礼を言って終わりだと思ったらそうじゃなくて・・・」

俺「なんか嫌な予感・・・」

Y「その人はSちゃんに付き合ってくれって迫ったの」

俺「何だよっ、そのベタな展開は・・・」

Y「でしょ?Sちゃんはそんな気さらさら無かったから丁重に断ったの。そしたら、助けた事を引き合いに出して関係を迫って来たんだって!!Sちゃんは紹介してくれた知り合いに事情を説明したけど、相手が相手だから何も出来ないし、助けてもらったのに何も無しじゃ筋が通らないとかって言われて、どうにもならない状況になっちゃったんだって」

俺「ってことは・・・そういうこと?」

Y「うん・・・。やられちゃったんだって・・・」

俺「・・・」

Y「仕事終わりに車で迎えに来てて、一応、車の中で話をしてる時に、最後までそういう事にならないように頑張ったみたいだけどダメで。ホテルに連れて行かれちゃったんだって」

俺「あいつ・・・せっかく今まで純粋に一途に恋愛してきたのに一度の過ちで一気に崩れたな・・・」

Y「うん・・・。結局、2~3回関係をもたされて、Sちゃんが必死に断りを入れたら関係は切れたみたい」

俺「で、今、Sはどうしてるの?」

Y「かなり傷ついちゃって、お店にお願いして、隣の県の系列店に移らしてもらったの」

俺「そっか・・・そうするしかないよな・・・」

Y「Sちゃんも初めての浮気で罪悪感とかで頭がパニックになってたんだと思う。あの子、本当に恋愛は真面目だったから・・・」

とりあえず、これで一通りの出来事は書けたのでここらで終わりにします。

ダラダラ、長々と書いてしまいすみませんでした。
それと、支援してくださった方々ありがとうございました。