酔った姉に初体験を奪われた

この体験談は約 2 分で読めます。

今は離れて住んでるけど、4つ上の姉がいます。
今、僕は22歳です。
17歳のときの初体験の相手は姉です。
しかもレイプされました。

姉は以前、普段から乱暴なことを日常的にしていました。
社会人になってからは、普段は大人しいのですが、酒を飲むと人が変わってしまうようになりました。

あの日、僕は夜中まで試験勉強をしていましたが、酔った姉が帰ってきて僕に絡んできました。
うるさいな・・・と思いながら最初は無視していたのですが、どうやらその夜の姉は、彼氏に振られた腹いせで女友達と飲んでいたようでした。
酔っ払って凶暴になり、友達に呆れられてタクシーに放りこまれて帰ってきたのでした。
玄関では母が運転手に謝りながらお金を払っている声が聞こえてきました。

「姉さん飲みすぎだよ」

そう声をかけたら僕の髪の毛を掴んできました。
必死に抵抗したのですが、酔った姉は奇声を発しながら容赦なく僕を殴るのです。
階下の母さんは絶対に上がってきません。
自分が殴られたくないからです。
ちなみに家に父はいません。

僕は体力も腕力も女性である姉に負ける気はしません。
だけど小さい頃から姉の暴力に怯えて暮らしてきた僕は反抗ができないんです。
イスから転がされ、腹を蹴られ、股間を踏まれます。
素足ですが、体重をかけた踵で踏まれると息ができなくなります。
姉は抵抗できなくなった僕のズボンと下着を脱がせます。
いつも最後に辱めてから、僕の性器を直接蹴るのがパターンでした。

しかし、その日の姉は僕の性器を鷲掴みにすると痛いくらいの力で扱きはじめました。
まだ高校生だった僕の性器は膨らみ始めます。
自分の意思では必死に抵抗したのですが・・・。
姉は自分のスカートを捲り、ストッキング裂き、下着をおぼつかない手つきで脱ぎました。

「姉さん、それシャレにならないよ!」

僕は叫びましたが、姉は元彼の名前を呼びながら僕に跨がってきました。
酔った姉は完全に僕を振った男と思い込んでいたのです。
僕は逃げようと体を動かしましたが、その度に腹や顔を殴られました。
姉が腰を落とすと僕の性器はぬるっとしたものに納まってしまいました。

(姉さんとやっちゃった・・・どうしよう・・・)

不安が頭の中でグルグルしてました。
でも姉さんは気持ちよさそうに、「あーあー、カズくん、もっとー」と元彼の名前を言いながら一生懸命腰を振っていました。
そのうち姉さんは涎を流しながら痙攣し、満足して寝てしまいました。
その時、僕は射精できませんでした。
立ったままの性器はべたべたした液体で濡れていました。

姉さんはこの事をちゃんと覚えてましたが、忘れたふりをしていました。
しばらく僕のことをいじめなかったからです。
僕は高校を出たときに付き合っていた彼女と上京しました。
彼女も姉にいじめられたからです。

もう姉とは2年も会っていません。