罰ゲームで手マンしたらイキ顔になった幼馴染

この体験談は約 4 分で読めます。

幼馴染の女友達、セイナ。
自分には2年近く付き合っている彼女がいたが、進学校ということもあってセイナの家で勉強することがよくあった。
セイナの家は隣にあって、まさに幼馴染というような関係で、歩いて10秒程度の距離だった。
小中高と同じ学校のため、たまに話したりすることがあった。

この日は初めてセイナの部屋で勉強しようということになった。
初めの30分は真面目にやっていたが、簡単に飽きてしまい、隣のベッドでだらだらしていたらセイナが「ヒマーー」と言うので、「携帯のゲームでもするか?」ということで、2人でできる携帯のゲームをやっていた。

少しして・・・。

俺「負けたら罰ゲームしよーぜ」

セイナ「んじゃ、彼女とのラブラブな会話見せてー」

俺「んじゃ、俺が勝ったらこちょこちょでいーや」

ってことになった。
最初は俺が負けて、彼女との会話を見せることになった。
結構いちゃつくような会話をしていたのでとても恥ずかしかった。

セイナ「へーこんなこと言ってんだ。なんかウケるw」

俺「次は絶対に負けねー」

その次のゲームでは俺が勝った。

俺「はい罰ゲームねー」

セイナのお腹をくすぐると、「ははははっ!!だめっそこだめっ!!」とかなり苦しそうだった。
S気のある俺はなかなかやめず・・・。

セイナ「無理!!ほんと無理!死ぬ死ぬ!!ww」

俺「はー疲れた」

一旦ここでやめ、もう一度ゲームをすることに。

俺「また勝ったー」

セイナ「もーほんと無理w」

俺「約束は約束だからw」

コチョコチョとお腹をくすぐると、セイナが抵抗してたまに胸に腕が当たった。
小さかったが、彼女のしか触ったことがなかった俺は興奮してしまった。
その後も繰り返し行なっていると、ベッドの上でやっていたためセイナに体重をかけてしまい、俺が上になって抱きつく形になってしまった。
セイナの顔が目の前にあり、お互いドキドキしていると、ちょうど俺のモノがセイナのあそこにぶつかってさらに興奮してしまった。

俺「あ、ごめん」

セイナ「だ、だいじょぶw」

俺「起き上がった方がいいよね」

この質問にセイナは予想に反する答えを返してきた。

セイナ「別に乗っててもいーよー」

俺「え???いーの??重くない?」

セイナ「別にだいじょぶー」

俺は興奮がバレないようにしていたが、今思えばセイナもこの状況に興奮していたかもしれない。
俺は動くことができず、そのままセイナを抱き締めていると、さっきのこちょこちょを思い出し、急にセイナの耳を指で探ってみると・・・。

セイナ「んぅっっ!!いやっ!やめて!!w」

俺「くすぐったいの?w少し気持ちよさそうだけど」

セイナ「やだっ!あっ!!ちょっと!!!」

この声にさらに興奮してしまいフル勃起。
セイナは俺のモノに気づいたのか、少し広げていた足を閉じてしまった。
それでもセイナの顔は赤くなっていて、興奮しているのは一目でわかった。
セイナの赤くなった顔が俺の目の前にあり、さらに興奮してしまった俺はついに、「ねぇ・・・キスしたい」と言ってしまった。

セイナ「彼女いるでしょ!!」

俺「でも我慢できない。セイナが嫌ならしないからダメなら断って」

セイナ「んーでも彼女いるし・・・んーえーでも・・・んー」

セイナは5分くらい黙って考えていたので・・・。

俺「少ししかしないから。もー後戻りできないし、セイナがダメならしないから」

セイナ「別にいーよ?」

俺「え?んじゃするよ?」

セイナはすでに目を瞑っていたので俺から優しくキスをした。
セイナはキスがとても上手くって、ディープでもないのにかなり興奮した。
一度離したが、自然ともう一度舌を入れるとセイナも絡めてきた。
この状況のせいなのか分からないが、お互いねっとりと30分程度ディープキスをし続けた。
セイナは興奮していたのか、「んっんっっ!んふっ!」とエロい声を出していた。

キスを終え・・・。

俺「セイナ、キス上手すぎw」

セイナは首を振っていたが、俺に対しても同じようなことを思っていたと思う。
もう一度舌を絡め合い、濃厚なディープをしながら次は胸に手を伸ばしてみた。
セイナは急にビクッとしたが抵抗することなくキスを続けた。
激しく胸を揉むと、「んっ!!あっ!!あんっ!!」とさっきより大きくエロい声を発していた。
ますます興奮し、セイナのあそこに手を伸ばすとさすがに抵抗した。

俺「だめ?」

セイナ「初めてだから痛いと思う」

俺「優しくするから。痛かったら痛いって言って」

セイナは頷いたので短パンの上から擦るといきなり大きな声で喘ぎ始めた。

セイナ「あんっ!!はっ!!やっ!!ん!!」

俺「痛くない?だいじょぶ?」

セイナ「うんっ!!はっ!!あんっ!!!」

俺はさらに気持ち良くしたいと思い、パンツの中に手を入れた。
セイナが抵抗しなかったのでおまんこを触るとビショビショで、表面を触っただけでヌメヌメしていた。
俺は彼女のしか触ったことがなく、経験は浅かったが、セイナに聞きながら優しくしてみた。

セイナ「あんっ!!痛っ!!痛いっ!!」

俺「ごめん!だいじょぶ?」

セイナ「うん、少し痛かったけど気持ちよかった。もっとして」

さらに激しく手マンすると・・・。

セイナ「んっ!!あ!!だめ!!はぁん!!」

パンツを穿いたままだったのでクリトリスを触ったりはできなかったが、表面だけでもセイナはかなり感じていた。
俺は無性にセイナのイキ顔が見たくなった。
だから、パンツを下げようとした。

セイナ「だめっ、恥ずかしい」

俺「そっか、んじゃここまでだね」

セイナは頷いて黙っていた。

俺「ごめん、少しやり過ぎたねw」

セイナ「彼女に怒られるよー」

俺「秘密な!誰にも言うなよー」

セイナ「言えるわけないじゃんww」

もうかなり遅い時間に鳴っていたので、この日はなにもせずそのまま帰宅した。
帰ってからセイナとLINEで話した。

俺『今日ありがと!!もーやんない方がいーよねw』

セイナ『うんwでも中途半端で終わっちゃったから、もーいっかいちゃんとやりたいな』

俺『あー確かにwんじゃ次が最後ね!!』

次は最後までいけるかもしれないと思うと、それだけで俺のモノが大きくなった。