高校の文化祭に誘われて

この体験談は約 5 分で読めます。

世間は俺をロリコンと呼ぶかも知れないが、俺は16歳で高校2年生のサチに真剣に惚れていた。
サチは28歳の俺と一回りも違うが、“恋愛に歳は関係ない”と自分に言い聞かせていた。

桜が綻ぶ頃に、俺が働いていた店にサチがバイトで来たことが切っ掛けだった。
その後2人は付き合い始め、週に2、3回会って、夕飯の後は必ずと言っていいほどセックスに耽っていた。
会う時間が遅くなった時は、コンビニで弁当を買い、そのままラブホにしけこんだ事もあった。
それほどに俺はサチに夢中になっていたし、サチもまた俺とのセックスが楽しくて仕方が無い様子だった。

10月になって、サチが通う高校の文化祭に一緒に行きたいと言って来た。
ところが28歳にもなって高校の文化祭に行くということが恥ずかしく思えたので、一度は断ったが、サチの悲しそうな顔を見て可哀想になり、やむなくサチと一緒に文化祭に行くことになった。

文化祭には親兄弟、友人、彼氏等を呼び、多くの人に楽しんでもらおうと言うのが学校の趣旨のようであった。

「サチ、俺を彼氏という事で呼んだのか?それとも兄貴という事にしておかないといけないのか?」
「え?もちろん彼氏よ」

「そうか・・・」

サチはあっさりとそう答えて、屈託のない笑みを見せた。
笑顔を見ていると、どこから見てもまだ無邪気さの残る少女なのに。
俺とベッドで過ごすとどうしてあんなに変われるのか・・・。
俺は不思議でならなかった。

文化祭では演劇を見たり、バンド演奏を聴いたり、サチの友人が運営しているカフェに行ったり、俺はまるで高校時代に戻ったような懐かしい気分を味わうことになった。

サチは校内ということもあって当然制服だった。
ブレザー姿にミニのプリーツスカート、それにルーズソックス。
サチのそんな姿を見てムラムラするようになってから、俺は自分自身を制服フェチと思わざるを得なくなった。
サチの制服姿を見ると気持ちが昂ぶり、すぐに興奮してしまう。
そんな自分が少し嫌だったが、隠すことの出来ない事実であった。

サチが通う学校の中だし、しかも文化祭の真っ最中だと言うのに、俺の淫らな欲望は沸々とたぎり始めていた。
サチはそんな俺の気持ちを早くも察知していた。
とても勘の良い子だから。

サチの目が少し潤んでいる。
女は上気してくると瞳が濡れてくる。
涙とはまた違う。

(もしかしてアソコも潤んでる?)などと想像しながら、俺はサチの耳元で小さく囁いた。

「エッチしたい」

サチは「ここ、学校だし・・・」と、素っ気なく返してきた。

「それもそうだなぁ・・・」

俺はちょっと不満そうに呟き、歩調を戻そうとした時、サチは「私、トイレに行きたい・・・」と言って来た。
てっきり廊下の端にあるトイレへ行くのかと思っていたら、「体育館のトイレの方が空いてるかも」と言い出した。

「体育館のトイレ?」
「うん、これだけお客さんが多いとここのトイレはきっと混んでいると思うから。体育館はイベントもやってないしきっと空いているはずだわ」

「そうなんだ」

俺達は人の多い校舎から離れ、体育館へ向かった。

体育館の裏手にトイレがあった。
サチの言うとおり、全く人気がなかった。
サチはそそくさと女子トイレに入って行った。
俺が躊躇っていると、サチは俺も直ぐに入って来るように促した。
トイレは手入れがよく行き届いているようで、意外にきれいな空間だった。

2人は洋式便所に入って行った。
個室に入った2人はいきなりキスをした。
俺は貪るようにサチの唇を吸う。
サチも情熱的に唇を返してくる。
サチを抱きしめ、キスをしながら俺の手はサチの太股をまさぐった。
スカートの中に手をこじ入れ、パンティ越しに秘所をなぞってみた。
秘所はすでにじっとりとした潤いをみせている。
サチのパンティは白だった。
俺の勝手な思い込みかも知れないが、女子高生には白がよく似合う。
ジャケットを脱がせ、ブラウスのボタンを外していく。
性急な場面ではボタンを外す作業がもどかしく感じられる。
パンティとお揃えの白いブラジャーが眩しく感じられる。
少し強引にブラジャーをずらした。
いつ見ても良い形をしたきれいなおっぱいだ。
手のひらに量感が伝わってくる。
俺の指は無意識にサチの乳首を攻めていた。
サチの口から喘ぎ声が漏れる。

誰か来たらかなりやばい。
そんな緊張感の中での営みがむしろ気分を高めていく。
スカートを剥ぎ取ってはみたが、置き場所に困り果てる。
扉のフックに気づいた俺は、無造作にスカートを引っ掛ける。
サチの上半身は乱れた着衣のままだが、下半身はパンティだけになってしまった。
そんな淫らな姿が俺をそそる。
俺もズボンを脱ぎスカートの上から引っ掛ける。
サチは屈んで俺の股間に顔を埋めた。
ジュポジュポと厭らしい音が響く。

(うっ・・・)

俺のモノはサチの口の中で早くも成長を遂げている。
反り返ったモノを美味そうに咥えているサチが急に愛おしくなって髪を優しく撫でてやる。

(俺もサチが欲しい・・・)

劣情が身体の中を走り抜ける。
無言のバトンタッチ。
サチはトイレのロータンクに両手を着き、尻をこちらに向けた。
白いパンティをゆっくりとずらしていく。
まもなく真ん丸い尻が目前に現れた。
俺はゴクリと生唾を飲む。
白桃のような尻の割れ目に口を近づけた。

「あっ・・・」

少女の匂いがムンムンと漂ってくる。

(ベチョッ・・・)

舌が尻の狭間に入った。

(ベチョベチョベチョ・・・)

「ああぁ~!」

舌はこそぐように回転している。

「ああぁぁぁぁぁ~!」

こういう場所だとじっくりと攻めるなんてことはできない。
誰か来ないかと気掛かりになるし、どうしても気持ちが逸ってしまう。

愛撫はそこそこにして、サチと合体することにした。
当然のようにバックからだ。
プリプリとした若鮎のような尻が俺の挿入を待ち構えている。

(グニュ・・・ズチュッ!)

「あぁ・・・」

サチが思わず声を漏らした。

「静かに」
「は、はい・・・」

コンドームを準備していなかったのでそのまま挿入したが、サチは文句を言わなかった。

(ちょっとヤバいけど、まあいいか。早めに抜こう)

まだ男性経験の浅い少女の肉道はさすがに窮屈だ。
だがその狭さがむしろ快感といえた。
そればかりか学校のトイレという秘密めいた場所で、制服姿の女子高生とエッチする行為は実に爽快だった。

(ズンズンズン!ズンズンズン!)

「あぁ~・・・」

誰か来ないか・・・来たらきっと気づかれるだろう。
そんな切迫感がまた違った興奮へと繋がっていく。
俺はピッチを速めた。
サチはロータンクに両肘をつき、俺の攻撃に懸命に堪えているようだ。
身体中の血液が一箇所に集中するような感覚に捉われた。

(こりゃ、やばい!)

俺は慌ててサチから抜き取り、口に咥えてもらった。
サチの口の中のモノがビクンと脈を打ち、ついにさく裂してしまった。

(ドドド、ドピュ~~~ン!!ドクドクドク~)

サチは液体をこぼさないように口に貯めようとしたが、大量の液体はサチの閉じた唇から滲み出した。
サチの口にティっシュを宛がってやり、口に溜まったものを吐き出させた。

「うっ・・・(ゴクリ)」

「ん?飲んでしまったのか?」
「うん、ちょっとだけ」

冷や冷やものだったが、結局エッチを始めてから終わるまでの間、猫の子一匹来ることはなかった。
みんな文化祭の方に目を向けているから、イベントのない体育館を訪れる者はいないのだろう。
サチと俺はそれでも慎重にドアを開いて、誰もいないことを確認し、何事もなかったかのように体育館のトイレを後にした。

文化祭会場へ戻ってみるとパントマイムを演じる生徒の前に黒山の人だかりができていた。

タイトルとURLをコピーしました