大型犬みたいで可愛かったからお尻苛めをしてあげた

この体験談は約 3 分で読めます。

<スペック>
私:奈良、♀、33歳、身長166センチ、体重52キロ、横顔は森三中黒沢似。
相手:奈良、♂、25歳、平野綾似、180センチ/65キロ。

現定期さん(not梶原似)と突然連絡が取れなくなり、知り合ったサイトで私と分かるように募集をかける。
とりあえず定期さんはすぐ連絡くれたので何より(原因はスマホ水没だった)。

ついでに家が近かった子を釣り上げてみた。
写メは平野綾みたいな少し斜視が入った可愛い感じ。
LINEに移行してヤリモクで話を進め、スムーズに面接決定。
たぶん知り合ってから4日後くらい?
ちなみに出会い系で会うのは私が初めてだそう。

用事があった家族に普段使わない駅まで送ってもらって、車で来た相手と合流。
実物はチューヤンを可愛くした感じ(以下チューヤン)。
てか、なんか大型犬っぽくて可愛い。
そのまま地域で唯一のラブホへIN。

チューヤンが名門の元高校球児らしく、現役の選手とも対戦したことあるというので話を聞く。
◯藤選手の球は本当に打てないらしい。
本人はとっとと見切りをつけて辞めたらしいけど、同世代の選手が活躍しまくってるので、まさに他人のふんどしを借りて話題にしてるそうな。

なので話がかなり面白く、ラブホに入っても小一時間くらいソファーでエロさ皆無で話し込む。
そして私がトイレに行って戻ると、トップスを脱いで準備を始めていたのでベッドへ移動。
しかし、腕枕をしてもらって抱き合っても話が終わらない。
しかも私が梶原の話をすると、「俺もオナニーを極めたくて自分でアナル開発をしてる」と、まさかのアナル2人目。

思わず吹いてしまうも、ムラムラきたので私からキスをしてみる。
私はタバコを吸わないけど吸ってる人の味は好き。
梶原似の定期くんで攻める楽しさに目覚めてしまい、恐らくこの子も感じるタイプだろうと乳首を触ってみると反応良。
やっぱりな。

そのまま攻めていると、身体はピクピクンとするけど全く声を出してあえがない。
私の吐息と舐める音が微かに響くだけで静かな状態なのが少し気まずいかなあと思いつつ、チンコサイズチェーック。
途中でシックスパックの腹筋に萌えつつ、チノパンの上からだとそんなにサイズは大きくない感じ。
手を差し入れて直に触りつつ、先っちょを人差し指で撫で回すと先走り汁が。

するとチューヤンが突然攻守交代で動き、服を脱がされておっぱいを攻められる。
あっはん。
穿いていたショーパンデニムに手をかけられたので自ら脱いで身を任せる。
おっぱいを攻められた時点で濡れまくりなのだけど、クリを触ってくれるのが上手い。
チューヤンと違って声を出して喘いでしまう。

でも、まだ攻めたりないので再び交代しフェラ。
やっぱりそんなにサイズは大きくないけど舐めやすいから無問題。
フェラ唾液を経て、少しずつ解してから中指を完全にアナルに埋め込む。
と、少し声を出して喘ぐチューヤン。
この子も可愛い。
しかしながら、アナル弄るの果てがわからない・・・ので、適度に遊んでから指を抜いて洗面所へ(以下略)。

戻ってきて上になり、チンコをまんこに擦り付ける。
入りそうで入らない状態でオナニーさせてもらい、我慢できなくなったのでゴムを渡して正常位でIN。
チューヤンはあまり喘ぎ声は出してなかったけど息遣いが荒くなって、「気持ちいい・・・」と声を出してくれる。
途中で騎乗位になって、身長差があるから乳首を舐めながら腰を動かしてみたり。
挿入好きなようで、バックにも体位を変えて最後は正常位でフィニッシュ。

インターバルでは相変わらず話が面白いけど攻めるのも楽しいので、お互いに向かい合って半身になって私が少し下にずれてひたすら乳首舐め。
ついでに唾液を指先に付けて亀頭責め。
チューヤンの先走り汁と私のローション唾液でヌルヌルしている感触が楽しい。
特に先の割れ目を指先で沿わせるのが。

20分くらい遊んでからフェラ。
ごっくんでもいいかなーと思って手コキも駆使してると・・・。

「口でイクのは勿体無い・・・!」らしいので入れることに。

別の定期さんにもよく言われるけど、勿体無いって表現が意味分からんすぎて笑える。
正常位のまま、チューヤンが我慢できなかったらしくすぐイッて終了。
帰り支度をして家の近くまで送ってもらって解散。

2回目は家族が遅くなる時に家に来てもらい、3回目は仕事帰りにラブホに行って定期になる・・・。
と思ったけど連絡来なくなった。
LINEは表示されてるけど、こっちから連絡することはないかなぁ。