幼稚園の先生になった愛先輩

この体験談は約 2 分で読めます。

去年の夏、俺は去年卒業した高校の頃の部活の祝勝会みたいので、現役時代から面識のあった3つ上の21歳の幼稚園の先生になったという愛先輩と久々に会った。

顔は可愛くて背は145センチくらいで、前から結構好きだったのでアドレスを交換し、後日また飲む約束をした。
そして夏の終わり頃、2人で飲み、その帰り先輩は飲みすぎたのか辛そうだったので人気のない暗い公園のベンチで休むことにした。
そして先輩は酔っているのか、やけに密着してくる。
この時すでに俺の息子は元気になっていた。

そして、そのうちに先輩の手が俺の元気になった股間に伸びる。
はじめはズボンの上から擦る程度だったが、だんだんエスカレートしていき・・・ズボンの中に手を入れ直に触ってきた。
さらにズボンから出し、シコシコしてきた。

俺は「人来ちゃいますよ!」と言うと、俺の足元にしゃがみ込み「舐めていい?」と言って、答える前にしゃぶられた。

先輩は手も使い、物凄いスピードでピストン。
そして俺は我慢できなくなり、先輩の口のなかに発射。

そのあと口で綺麗にしてもらうとまた元気になってきて、先輩は「お願い、愛のなかに挿れて」と言われ、先輩が俺の上に乗り座位。
しばらく動いてると再び絶頂が訪れ、愛先輩の中で果てた・・・。
それから一人暮らしの先輩の家に行き3回はイッた。

あの日から月に4、5回くらいは呼び出されて、先輩ん家で犯されてます。
・・・実話なんです。