高校の頃に襲われたのを思い出して上司を誘惑

この体験談は約 2 分で読めます。

高校の頃のバイト先で店長にやられた。
残業を言い渡され、誰もいない事務室にいたら襲われた。
でも気持ちよくて、イヤイヤとか言いながら体をまかせてた。

最近、職場のオヤジ(50代)が私にさりげなくタッチしてくる。
バイトの店長とやったことを思い出し・・・。

(またオヤジとやれば気持ちいいのか?)

なーんて考えて、倉庫で2人きりになった時に隙を見せてみた。

「ストッキングが伝線した」とか言って、わざと素足になってオヤジの近くで脚立にのぼってみたら、すぐに脚立の下にやってきた。

「やー、覗かないでくださいよー」と言ってみると「お、見えるぞ」とか悪ノリのオヤジ。

脚立から降りて、オヤジに背を向けて作業していると、ハァハァ言いながら、「お前、素足なのか?」とか言って脚を触りだした。

信じられないくらい展開が早くて驚いた。
欲求不満だったのか?
オヤジなんてそんなものなの?

「いやぁ!どこ触ってんですか!」

そう言って振り返ると抱きつかれキスされた。
正直キスはイヤだった。
でもすぐに口を離れて首筋をふんふんしてきた。
私はよろけて後ろに下がって1メートルくらいで作業台にお尻がぶつかって逃げ場を失った。
というか計算通り(笑)

オヤジはシャツの上から胸をモミモミしてきた。
一応は、「イヤイヤ、やめてやめて」と言ってみるけど、抵抗はあまりしなかった。
オヤジはボタンを外して、ブラを上げて乳首に吸いつく。
もう期待していたから、乳首だけで感じてしまって声も出てしまった。

よがっているからオヤジの手はすぐに下にいき、スカートを捲ってパンツの中に手を入れてきた。
太くてデカい指でアソコを触られ、予想以上に気持ちいい。
すごい濡れてきてるのが自分でもわかった。

「舐めていいか?舐めていいか?」

焦ったように聞いてきて、私の返事を聞くのも待てずにパンツを脱がすオヤジ。
片足の太ももを持ち上げてアソコを広げるとじゅるじゅると音を立てて吸い始めた。

「ああっああっ!」

大きい声が出てしまった。

オヤジは驚いて、「声は我慢できないか?誰かに気づかれるぞ」と言って私を作業台に座らせてM字にさせた。

しばらくベロベロ舐められて吸われて、あまりの気持ちよさにおかしくなりそうだった。
もっと続けて欲しかったけど、オヤジが我慢できなかったみたいで私を後ろ向きにしてバックから挿入。
あんまり大きくない。
オヤジはあっという間にイッてしまった。
しかも中出し。

終わったあと、オヤジはさっさと倉庫を出て行ってしまった。
その日は会話もない、目も合わせない。
数日はそんな感じで避けられた。

挿入は物足りなかったけど、またオヤジに舐められたいなー。