小学生なのに自販機でコンドームを買って・前編

この体験談は約 8 分で読めます。

両親が共働きであったため、私は幼稚園ではなく保育園に通っていた。
保育園は幼稚園と違って夕方まで園児を預かる。
そして給食の後は2時間ほどのお昼寝があった。

私はその頃からませた子どもだった。
ませた子どもは、他のませた子どもがわかる。
なんとなく通じるのだ。
そして私は、自分で言うのもなんだが、ませた男の子達からモテていた。

『延長保育』と言って、親の仕事などの都合によって開園時間後も園を開放する制度があったが、私はそれに該当する園児だった。
そして同じような園児と暗くなり始める時間まで一緒に遊んでいた。
延長保育の時間、私は仲の良い男の子とよく遊んでいた。
女の子の友達は、みんな比較的早く帰宅していたのが理由だ。

ある日、たかし君という仲の良い男の子がこんなことを言い出した。

「裏のさ、庭に行かない?」

私は快諾した。
裏庭は先生の目があまり届かず、ちょっとスリルを感じた。
たかし君に促されるまま私達は裏庭へ行った。

たかし君は私に、「ちゅーしていい?」と聞いた。

私は「ちゅー」の意味は分かっていたが、なんとなく恥ずかしかったので、「え~?」と躊躇っていた。
しかしたかし君は素早く私にキスをした。
頭が真っ白になる思いがした。
他人の唇があんなにも気持ちいいとは思わなかった。
そして私達はすぐにディープキスを楽しんだ。
それから、たかし君と私は、先生の目を盗んでは裏庭へ行き、お互いの唇の甘さを確かめ合う仲になった。

ある日のお昼寝の時間に、私とたかし君は隣同士の布団に寝ることになった。
説明しておくが、園児らはそれぞれ自分の枕を園に置いており、お昼寝の時間の前になると、その日の当番さんが枕をランダムに布団に置いていくのだ。
そしてその日、たまたまたかし君と私の枕が隣に並んだのだ。

お昼寝の時間は、先生が絵本を読み聞かせしてくれる。
みんな、すぐに眠りにつき、時には先生もまた一緒になって寝てしまう。
普段からあまりお昼寝の時間も寝付けなかった私は、先生の読み聞かせる声が途絶え、教室全体が静まりかえった頃になってもぱっちりと起きていた。

その時、隣で寝ているはずのたかし君が私の方へ手を伸ばしてきた。
驚いたが、心のどこかで喜んでいた。
こうなることを望んでいた。

反応した私にたかし君も驚いていたようだったが、私達は掛けられた布団の下でお互いの身体を弄りあい始めた。
主にパンツの中を。

セックスについての知識はもちろんない。
しかし、性器を触ることがいやらしいことであり、またそれが快感をもたらすということを私達は本能的に知っていたのかもしれない。
たかし君は私の割れ目を、私はたかし君の硬いモノを、飽くことなく触り続けた。

それ以来、たかし君と私とのどちらかが枕を配る当番さんになると確信犯的に私達の枕を並べた。
もちろん、目的は1つだ。

そのうち、たかし君は親の仕事の都合で引越し、もちろん保育園も退園していった。
私はそのことを少しだけ寂しいと思ったが、恋愛していたというわけでもなく、その寂しさはすぐに消えてしまった。
残ったのは、たかし君との“遊び”で覚えてしまった快感への未練であった。

以来、私はそれが“自慰”であるとの自覚なく、オナニーを覚えていった。
毎晩、寝る前に性器を触るのだ。
ただ、それだけだった。
やはりセックスの概念がないためか、性器を触るだけで満足していた。

小学生時代は、その園児時代の体験のせいか、性に関してとても強い関心を持った子どもだった。
そんな私がセックスというものを初めて目の当たりにしたのは、小学校5年生の頃、友達の家で観たアダルトビデオだった。
友達のお兄さんが持っていたビデオを、面白半分にみんなで再生したのだ。

みんなは「エロ~い」などと言い、ふざけあっていた。
私ももちろん軽口を叩いたが、内心はとても興奮していた。
あんなにいやらしい行為があるのだと喜びさえ感じていた。
以来、私のオナニーはただ漠然と性器を触るというものから、はっきりとセックスを意識したものへと変化していった。

同じ頃、私に初潮が訪れ、身体そのものも大人への変化を始めていた。
胸は、すでにCカップあった。

近所には、毎日のように下校を共にする男の子がいた。
恋愛感情があったわけではない。
ただ、彼(あきお君)は頭が良く、話も合い、また同じクラスということもあり仲が良かったのだ。

その日も私達は一緒に帰っていた。
そしてあきお君はこう言い出した。

「俺、家帰ってからお前んち行っていい?りょう君と」

りょう君とは、私が密かに思いを寄せていた、やはり同じクラスの男の子だった。
そのりょう君が私の家に来る、と思っただけで単純に嬉しかった。
私は、「え~どうしよっかなぁ」と小学生らしい照れを見せながらもOKした。

そして約束通り、あきお君とりょう君は私の家を訪ねてきた。
私の両親はその時もやはり共働きだったので、家の中には鍵っ子だった私だけだった。
私達は、小学生らしく3人でゲームをしたり学校のことを話したりおやつを食べたりしながら時を過ごした。
片思いをしていたりょう君と一緒にいる、と思っただけで私はとても楽しかった。

しかし1時間もしないうちに、地域のスポーツクラブに所属していたりょう君は私の家を後にして練習へ行ってしまった。
あきお君と2人になった私は、少しだけがっかりしながらも、残ったのがりょう君ではなくあきお君であったことにホッとしていた。
りょう君と2人だとうまく話せないかもしれないからだ。

コタツに入っていた私達はゲームを続けていた。
するとふいに、正座していた私の太ももに、寝転んでいたあきお君が頭を寄せてきた。

「膝枕、楽ちん~」

私はちょっとドキドキしていた。
男の子に膝枕なんて、初めてだったからだ。

そのうちあきお君はゲームをする手を止めた。
そして、こう言った。

「ねー、エッチなこと、したい」

一瞬、その意味を捉えかねたが、私はすぐに頷いた。

『エッチなこと』

保育園の頃よりは、遥かにそのことを分かってはいた。
しかし、どうすればいいかは分からない。
戸惑っている私のスカートの中にあきお君は手を差し入れてきた。
太ももをなぞり、パンツのゴムに潜り込む手。
私は正座していた足を崩し、絨毯の上に身体を横たえた。
あきお君は私のスカートを捲った。

「ん・・・」

声が漏れる。

「ねえ、脱ごっか」

あきお君が言う。
あきお君と私は身体を起こし、お互いの服に手を掛け合った。
小学生の私にとって、男の子に自分の身体を見せるのはとても恥ずかしかった。
しかし、その恥ずかしさを越えるほどの“エッチなこと”への強い好奇心が私を突き動かしていた。

ブラジャーを見たあきお君は、「お前、やっぱブラジャー着けてるんだね。男子が噂してたから」と言った。
私は火が出るほど恥ずかしかったが、「うん」と頷いた。
裸の胸を見られるのが恥ずかしかったので、私は下着姿のままコタツの中へ身を入れた。

「なんで隠すの?見せてよ。お前、クラスで一番胸大きいよな」

あきお君が後ろから腕を回してくる。
あきお君も上半身を露わにしていたので、私達の裸の肌が触れ合い、そのことが私の頭を狂わせた。
あきお君がブラのホックを両手で外すのを背中に感じた。
決して器用ではないその手つきが、なんだか愛おしかった。

「こうなってるんだ」

あきお君は外したブラをまじまじと眺めていた。

「あんまり見ないでよ」と言う私に、あきお君は、「キスしよう」と言った。

私達は、そのとき初めて唇を重ねた。
保育園の頃のたかし君以来の口づけだった。

そのキスは、すぐに濡れたものになった。
舌を入れ、舌を吸い合い、粘膜の味を楽しんだ。
随分長い間、キスをしていたように思うが、どれくらいだったかは分からない。
とにかく、お互いの唇を求め合った。

そのうち、あきお君の手が私の胸に置かれた。
私は何とも言えない喜びを感じていた。
あきお君は唇を離し、代わりに私の上で腕立て伏せをするように身体を起こして私の胸に恐る恐るキスした。
胸への優しいキスは、すぐに激しい愛撫へと変わった。
ぴちゃぴちゃと音を立てて乳首を吸われ、私はますます真っ白になっていく自分を感じていた。

腰の周りに広がる、じんわりとした感覚。
ムズムズと落ち着きをなくしていく。
パンツの中へ入れられる手によって、その居心地の悪いムズムズは解消される。
それを求めていた。
ずっと誰かに触られたくてしょうがなかった。
性器に触れられるスリルと快感が一緒くたになって私の身体に押し寄せる。

「・・・ヌルヌルしてる・・・」

あきお君がつぶやいた。
パンツを引き下げられ、そしてあきお君も自らトランクスを脱いだ。
あきお君の下腹部にくっつきそうなくらいに起立しているそれは、とても大きく見えた。

「俺のも」

そう言ってあきお君は私の手を自分のそこへ導いた。
恐る恐る触れると、それは私の手に少し余るほどの大きさだった。
少しだけ握ってみると、それは硬い弾力を伴って私の手に感じられた。

ゆっくりと扱いてみた。
皮と身との摩擦を、私は本能的に知っていた。
あきお君は、「あ、気持ちいい」と吐息した。
お互いに少しだけ生えている陰毛を摘んだりもした。
あきお君は、私の愛液を自分のモノの先に塗りつけていた。

「それ、気持ちいいの?」

「うん、ヌルヌルしている方が気持ちいい」

セックスとはペニスを私のあそこに入れることである、とは知っていた。
しかしその時は、そのことが信じられない思いだった。

(あきお君のこれが、私のここに入る?)

それは、とても本当にいやらしい行為のように思えた。

「セックスって、これを◯◯ちゃん(私の名前)のここに入れることだよね?」

あきお君は言った。
あきお君も知っていた。
けれど、入れてこようとはしない。

「ヌルヌルしてたら気持ちいいから、ここに入れたら気持ちいいよね?」

私はそんなことを言った。
入れて欲しかった。
けれど、アダルトビデオを観たにも関わらず、どんな格好をすればペニスがここに入るのか、私はさっぱり見当がつかなかった。
ビデオの中ではフェラチオしているところもあったのだが、私にはそれはできなかった。
だから、入れたらいい、と思ったのだった。

「入れてもいい?」

あきお君が訊いてきた。
私は頷いた。
けれどやはり、どうすれば入るのかは分からず、ただ寝転んでいただけだった。

「じゃあ」

あきお君がまた身体を起こした。

「入れるね?」

あきお君の膝が私の両足を割った。
あっ、と思った。

「や、恥ずかしい」

私は足を閉じた。
あきお君の腰を挟む格好になった。

「だめだよ、入らないじゃん」

あきお君は私の足を持ち、開き、膝を折った。
あきお君のモノが私の入り口に触れた。

(ああ、そうか、こういう格好すれば入るのか)などと冷静な自分もいたが、私の頭の中は、あきお君のペニスが触れた快感でいっぱいだった。

びっしょり濡れていた私に、あきお君は抵抗なく入ってきた。
あきお君が侵入し、私達の腰がぶつかりあった瞬間、快感は絶頂に達した。

「あ・・・」

お互いの唇から声が漏れた。
何度か腰をぶつけあった。
くちゅん、と音が響いた。
ぱん、と肌がぶつかりあう小さな音も。

「ん・・・はっ・・・」と、声にならない声も。

しかしそれは、3、4度ほどだけだった。
あきお君の動きが止まったのだ。
あきお君は私の上に崩れてきた。

「だめ・・・イッちゃった・・・」

苦しい息の中、あきお君はそう言った。

(イッちゃったって、どういうこと?)

私はそう思ったが、口には出さなかった。
あきお君はとても気持ちよくて、気持ちよすぎて動けなくなったんだ、と思った。

私の胸の上で息を上げているあきお君を愛しく思い、私はあきお君の背中を抱き締めた。
しばらくそうしていると、あきお君が私の中からあれを引き抜いた。
ちゅっ、と小さな音を立てて、それは私から離れた。
私も身体を起こすと、私の入り口からこぼれるものを感じた。
生理になったのかと慌てて腰を浮かすと、白濁した液体が太ももを伝った。

「なに、これ?」

悲鳴混じりの声を上げると、あきお君が、「精子だよ」と教えてくれた。

「精子って、あの精子?」

あきお君は頷いた。
精子については、なんとなく知っていた。
赤ちゃんができるときに関係するもの・・・。
けれど、その時の私は、(エッチをすると男の子は精子を出すんだ!)という驚きが強く、妊娠の危険性については何も感じなかった。
もう生理のある年齢なのに・・・。

私達は、こぼれた精液を拭い、ちょっとだけついてしまったコタツ布団は水をかけて揉み、証拠隠滅を図った。
この行為が親にばれたらいけない、ということは知っていた。

時計を見ると5時半だった。
私はなぜか、この時刻を鮮明に覚えている。
あきお君は私の家を後にした。
玄関まで見送りに行った私に、また長いこと深いキスをして、「じゃあね、また学校で」と帰っていった。

<続く>