学校の屋上で制服レズしてたクラスの女子

この体験談は約 7 分で読めます。

俺自身が直接エッチしたわけじゃないのだが・・・。
まぁ、ちょっとおかしな目撃談だがUPしてもよろしいか?

高校2年の夏だった。
1学期の期末試験を終えて夏休みまであと2週間といった時のことだった。
俺は部室(放送部に所属していたので放送室)でへこんでいた。
その時の期末で10教科中7個も赤点を取ってしまったからだ。
この時点で夏休みは補習で潰れる覚悟を決めていた。

しかし周りは「彼氏と海に行く」だの「キャンプしに行って決める(何を?)」だの浮いた話ばかりだ。

そして、そういう時に限って相談を持ちかけられることが多かった。
ドアをノックする音で顔を上げると、同級生の女子(別クラスだが知り合いではあった)がドアの隙間からこちらを見ていた。
たまたま1人だったので中に通すと緊張した面持ちで俺を窺う。
この手の相談が高1から続いていたので、この頃には妙に慣れていた俺。
(慣れたくないよ・・・こんなの・・・)

俺「S香さん(仮称)どうしたの?」

S香「えっと・・ちょっと聞きたいんだけど・・・らす君(俺)ってM君と仲いいよね?」

俺「M?まぁ同じクラスで結構一緒に遊んでるが・・・」

S香「M君ってさ・・・誰か付き合ってる子いる?」

俺「いないけど・・・あれ?」

この時点で俺はふと気になることを思い出した。
S香はT美(S香のクラスメイト)と異様に仲がいい。
というかレズという情報があることを・・・。
もちろん面と向かって確認することはしないが、2人がキスしてる所を目撃したという情報自体結構多いのだ。
(うちの高校はレズが多かったのも事実だ)
そんなことを俺が考えてるとも知らず、そのまま話を続けるS香。

S香「いないんだ・・・じゃあ好きな子とかいるのかな?」

俺「あ・・・え~・・・そこまでは聞いたことないから分からんけど・・・」

S香「調べられない?」

俺「俺は探偵じゃねぇぞwってまぁいいが・・・S香さんはMのこと好きなん?」

S香「え・・・(顔真っ赤)。す、好きってわけじゃ・・・気になるって感じだけど・・・私もまともな恋愛ってのをしてみたいなぁ・・・って思ったから・・・」

俺「まともって・・・おいw」

S香「らす君なら知ってるでしょ?T美とのこと」

俺「ぶっ!自分から言うか・・・普通・・・」

S香「だって・・・らす君って学校すべての情報を握ってるって噂だし・・・」

俺「・・・(へこむ俺)」

まぁ、この時点でレズという情報が事実だったことがわかったんだが・・・。
この後色々話を聞いたが、長くなるので要点だけまとめてみる。

T美のことは今でも好きで出来ればずっと付き合っていきたいが、やはりレズ行為自体に疑問があるとのことだった。
それはT美も感じているらしく、お互い男にも目を向けてみようかということになったらしい。

T美にも気になる男がいるらしいのだが、俺とはあまり面識がないために、そのときは俺のとこには来なかった。
でもってS香は、やはりMのことを好きになりかけてるっぽいのだが、やはりT美のこともあり、踏ん切りがついていないため相談に来たとのことだった。
でもって、俺が頼み事(特に女の子からの)をされると断れないタイプなので、結局Mの好きな人の有無を調べる約束をさせられる羽目に・・・。
S香には1週間の猶予を貰い、S香にもその1週間で自分の気持ちをはっきり決めるように約束してもらう。
1週間の間、Mの方に直接聞いてみたのだが、1年の頃は付き合ってた彼女(当時3年だった部活のマネージャー)がいたらしいが、彼女が卒業して別れてからは別に好きな子がいないとのことだった。

あ、書き遅れたので今書くが・・・、S香とT美は10人いたら6~8人が可愛いと言うぐらいの容姿をしている。
S香はちょっと痩せ型で胸や尻などは小さめだったが、T美は胸も大きくスタイルもそこそこだった。

で、約束の1週間まではまだ時間があったのだが、別件の相談ごとが入り、その件で駈けずり回っていた時に、ふと時間が空いたので屋上で時間を潰そうとした時のことだった。
教師にもあまり知られていなかったのだが、屋上は隠れたエッチスポットだった。
(影になる場所がいくつもある上に入り口が一箇所だからもし誰か来ても確認しやすい上にあまり人がこない)

屋上で隠れながら考えをまとめていたところ、入り口のドアが開いて2人の女子生徒が入ってきた。
前にも述べたが、俺の高校ってレズが結構いたので、期待度は高まるばかりであるw
その女子生徒は俺が隠れている場所から距離的に言うと5メートルぐらいの場所で寄り添って座る。
そこで何かを話し始めた。
(声が小さくて会話の内容までは聞こえなかったのだが・・・)

この状態で出ていくのも気が引けるし、美味しい場面に出会えるかも知れない期待感から動くことを放棄して2人の会話に聞き耳を立てる俺・・・。
(覗きじゃんw)
少しではあるが会話を聞き取ることが出来た。

「・・・そっちはどう?・・・」

「今、らす君に・・・どうなるかは今度・・・」

「え・・・あの学校最強の馬鹿に?」

どうやら屋上に来た2人はS香とT美のようだ。
まぁ、「学校最強の馬鹿」とはありがたくもうちの担任が俺の成績が極端なのを見て付けてくれたあだ名で、それが瞬く間に学校中に広まったという寸法なのだが・・・。
その後、しばらくは俺の話(悪口?)を含めて色々話していたが、そのうち無言になっていった。

「とりあえず・・・これで最後にしておく?」

どちらかがそんなことを言った。

「うん。でも2人とも駄目だったらそのときは・・・ね?」

「そうね」

どうやら、いよいよ行為突入らしい。
悪口を言われまくってへこんでいた俺は一気に立ち直る。
そして音を立てないように、少しでも2人の姿が確認できるポイントに移動する。
そして俺はじっと声を潜めていた。
2人は慣れた様子でキスを交す。
さっきまでいた場所に比べて音が結構聞こえてくるので興奮度も増してくる。

「ん・・・ちゅ・・・んん・・・」

何度かレズシーンやエッチしてる現場を目撃している俺が見ても結構激しい部類に入るキスが長い時間続く。
キスをしながらお互いの身体を撫で回す2人。
さすがに学校という場所を考慮してなのか、制服(ブレザー)を脱がずに続けるようだ。
そしてS香がT美のスカートの中に手を伸ばす。
漏れてくる声が変わる。
どうやら、この2人の行為ではS香に主導権があるようだ。
まだキスを続けている2人・・・。
S香の手は相変わらずT美のスカートの中で動き続けている。
隠れている位置からはT美の斜め後ろからの眺めだったのではっきりとしたS香の手の動きは見えなかったが、時折T美のお尻が震えているところを見ると陰部を集中的に弄っているようだ。
それがしばらく続いたと思ったら、キスをやめてT美がS香のに抱きつく。

S香「T美・・・いいでしょ?・・・ここ・・・」

T美「う・・・うん」

S香「いつも通りしてあげるからね」

そう言うとS香は再度T美のスカートの中に手を伸ばす。
今度は弄るためではなく、下着を脱がせるためのようだ。
そしてT美の下着を足首まで下ろし、片手を再びスカートの中に入れる。

S香「ふふ・・・すごいことになってるね」

T美「う、うん」

S香「T美はここ好きだもんね」

T美「あ・・・うん・・・そこ好き・・・あ・・・う・・・」

(ここってどこだ?どこをどうするのがいいんだ?)

この時点で俺のイチモツの硬直度100%。

S香「正直よね・・・T美って・・・」

T美「うん・・・あ・・・あう・・・」

T美は必死に声を堪えている。
S香は両手をスカートの中に入れたと思ったら(スカートの)前の部分を捲り上げ、陰部に口をつける。
その瞬間、T美は今までよりも少し大きな声を上げるが、すぐに手で口を押さえたようだ。

「ちゅ・・・ちゅ・・・ちゅ・・・」

規則的な音が俺の耳に届く。
その音に合わせてT美のお尻が揺れ、くぐもった息が漏れる。
そしてS香は片手を自らのスカートの中に入れ、下着をずらし、そのまま自らの陰部を弄り始める。
それは俺の位置から丸見えだった。
(さすがに細かな部分まで見えたわけじゃないが)

「ん・・・ちゅ・・・ちゅる・・・んん・・・ちゅ・・・」

S香は自らを慰めながらT美にクンニをし続ける。
S香の手の動きもだんだんと激しくなっていく。
それに連動してかT美への愛撫も激しさを増しているようだ。
T美の口から漏れる声も断続的に大きくなっていく。
俺のイツモツからも先走りが出まくってた。

結構長い時間続いた行為は、唐突に終わりを迎える。
T美の尻が震える。
そしてまるで痙攣しているように身体全体を震わせている。
どうやらT美がイッたらしい。
(女の絶頂を見たのはこれが初めてだった)
そして口元を怪しく濡らしたS香がスカートから顔を見せる。

S香「ふふふ・・・良かったみたいね」

T美「はぁ・・・ふぅ・・・うん・・・ふぅ・・・」

S香「ほら・・・私もこんなよ・・・」

そう言って自分を弄っていた手をT美に見せる。
そして、その指をT美がしゃぶり始める。
それを嬉しそうに見ていたS香が口を拭って再びキスをする。
行為自体はこれで終わったのだが・・・、それから10分くらい(その10分は俺には異常に長く感じた)行為の余韻に浸っているようだった。
まだ余韻を引きずっている様子だったが、2人とも腰をあげた。

S香「ふふ・・・これはこれでやっぱりやめれないかな・・・」

T美「ど~だろ・・・もう癖になってるからね・・・」

S香「でも、まともじゃないから・・・たまにぐらいはいいかも知れないけど・・・」

T美「そうだね・・・」

S香「じゃ、帰ろっか?」

T美「うん」

そして2人は屋上から去っていった。
2人が完全に見えなくなってからオナニーに没頭したのは言うまでもないだろう。

後日談になるが・・・。
約束の1週間後、S香にMがフリーであることを伝えると真っ赤になってセッティングを依頼してきた。
それから2日後ぐらいにセッティングを整えて2人を対面させる。
S香の方から告白したが、Mも気に入ったらしく2人は付き合うことになった。
だが、T美の方が気にしていたやつは彼女持ちだったらしく、駄目だったらしい。
結局、S香はT美とのレズを続けながらMと付き合っていたらしい。
Mもそれには何も言わなかったが・・・俺がMにひとつ問いただしたことがあった。

俺「お前、S香とT美とで一緒にエッチしようなんて考えてるわけじゃないよな?」

M「・・・男のロマンだろ・・・やっぱり・・・」

その後・・・一度だけ3Pをやったらしい・・・。

終わり。