学習塾のオーナーに犯されていた巨乳の人妻

この体験談は約 11 分で読めます。

建物を学習塾として活用したいオーナーの下で教室管理者、兼教室長として勤務しています。
今年の3月に、それまでオーナーの奥さん(50代後半)が事務作業をしていましたが、体調がよくないので事務員を雇うことになりました。
不況のせいか20件近い応募があり、書類選考して5人に絞り込んで面接しました。
面接官は私ですが、オーナーも立ち会いました。

面接を受けた人の中で、美人で清楚な仕事もできそうな20代後半の人妻がいました。
何よりも彼女の特徴は、その胸でした。
面接当日は黒いセーターを着ていましたが、目がどうしても釘付けになってしまうほどの大きさです。
イスに座り直したり、笑ったりする際にブルンブルン揺れるのです。

彼女が面接室(教室)を出て行った直後、オーナーが「今の奥さん、いい体してたな」と下卑たニヤニヤ笑いをしながら言いました。

この言い方自体は男の私でも少々不快に感じましたが、正直な感想は私も同じでした。
彼女の面接は3番目でしたが、後の2人はもうどうでもよくなりました。
彼女に決定だったからです。
彼女にはその翌週から来てもらうことになって、期待通り目の保養をさせていただきました。

事件が起こったのは、一昨日のことです。
朝、郵便局に預金残高を確認するため記帳に行こうかなと思い、自宅の机の引き出しを探しましたが、通帳が見当たりません。
しばらく探してから、事務所の自分の机に入れっぱなしになっていることを思い出しました。
職場の教室は自宅から自転車で10分ほどの所にありますので、自転車をこいで事務所に行き、1階の駐車場に停めて、2階に上がる階段がある入り口の扉のドアノブに鍵を差し込んで開けようとしました。
ところが、妙なことに錠が開いています。
私は教室管理者として毎日最後に鍵を掛けてから帰ります。
そして、毎日午後1時に出勤して、事務所と教室の鍵を開けます。
この鍵を持っているのは、オーナーと私だけです。

(ひょっとして、泥棒か?)

そう思った途端、心臓が少しドキドキしてきました。
恐る恐る階段の2段目か3段目に足をかけた瞬間です。

「ああっ、いやっ」

明らかに若い女性とわかる声が聞こえてきました。
この声を聞いた途端、心臓が破裂するほど鼓動し始めました。
上っている最中も、「うっ、うっ」とか「ぐっ」という声が聞こえてきます。
頭の中が混乱したまま足音を消して階段を上りきり、腰をかがめた状態で事務所のドアのガラス窓にそーっと近づいて、中を覗き込みました。
我が目を疑うとは、このことです。
下半身裸のオーナーが、ソファーに両手をついた女性の背後に立って、汚い尻をモゾモゾ動かしていたのです。

この女性とは、みんなさんお察しのとおり、事務員として雇ったあの女性(真奈美さん)です。
真奈美さんも下半身は裸で、右膝を折ってソファーに乗せ、左脚はまっすぐ伸ばしていました。
右の足首には、光沢のあるピンクの下着がちっちゃく丸まっています。
真奈美さんの上半身は、オレンジ色のセーターが肩の上の方までたくし上げられていて、ブラのホックは外されていました。

私の立っていた位置からでは、斜め後方から見る形になっていましたが、オーナーの両手は真奈美さんの前に回されていて、激しく胸を揉みしだいていました。
真奈美さんはオーナーの腰と両手の動きに合わせて、「ああっ、いやっ」「うっ、うっ」という嗚咽を漏らしているではありませんか!!
私は興奮のあまり喉がカラカラに渇きながらも、唾を飲み込もうとしました。
そして、どうしようかと頭を急回転させました。

(飛び込んで助けるべきだろうか?でも、ちょっと待てよ。もし双方が合意の上だったら・・・)

私は結構このオーナーに気に入られていて、ボーナス月には「よくやっているから」ということでチェーン規定の給料やボーナスとは別にオーナーのポケットマネーから10万も上乗せしていただいているので、もし真奈美さんも合意の上で、つまり彼女が浮気をしている場合には、下手に飛び込んでオーナーの機嫌を損ねたら今後不利になることは明らかです。
女性経験のある方はみんなさんご存知のように、こういう状況での女性の「いやっ、いやっ」は大抵の場合、文字通りの意味ではありません。
合意なのかそれともレイプなのかを、声と言葉で判断しようと考え、耳に神経を集中させました。

真奈美さんは、極力声を出さないように我慢しているようでしたが、オーナーが突いてくる角度を変えたり、胸を揉む両手の動きを逆回転させると堪えきれずに、「ああっ、そこはっ」とか「ぐっ」と声を漏らします。
この「ああっ、そこはっ」と言う声の響きには、少し甘えたような感じが含まれているように思えました。
この甘えたような響きを感じた途端、理不尽ながらもカッ!となりました。
(これが私の誤解だったことは、昨晩聞き出して判明しました)

自分の妻でもなければ恋人でもない、ただの同僚に過ぎません。
ただ、仕事を覚えてもらうために私が時間があれば付きっきりで教えたり、彼女が私のところに何かわからないことを聞きに来るときは、体をぴたーとくっつけてきていたのです。

オーナーの方ですが、奇妙なことにまったく無言なのです。
もちろん「はっ、はっ」という荒い息は吐いていますが、何もしゃべりません。
体位を変えて、2人ともソファに上がったときも、言葉でどうこうしろと指示するのではなく、真奈美さんの腰に両手を当ててぐっと持ち上げて、ソファにドスンと落とすような感じでした。
真奈美さんは抵抗することなくそのままソファの上で四つん這いになりました。
このとき抵抗しなかったことが、(どうも合意の上らしい)という私の誤解をさらに強めたのです。

今までは斜め後ろから彼らを見ていましたが、今度は真横から見ることになりました。
真奈美さんの真っ白で豊かな胸がブルンっと揺れた後、オーナーがまた両手を前に回して揉みしだき始めます。
これまでは斜め後ろから見ていたので結合部はよく見えませんでしたが、真横から見ている今、オーナーが腰をゆっくり引き戻した瞬間、衝撃を受けました。
なぜか一旦完全に引き抜いたのですが、とにかくこんなに大きいのは見たことがありません。
でも衝撃はこれだけではありませんでした。
その表面に明らかに白濁したものが大量に付着していたのです。

(真奈美さんは完全に感じている!!)

理不尽とはわかっていますが、激しい嫉妬を覚えました。
オーナーが改めて挿入して、抜き挿しを再開しました。
焦らすようにゆっくりピストン運動していくうちに、真奈美さんの声が断続的な「うっ、うっ」から、悲しみを帯びた糸を引くような啜り泣きに次第に変わってきています。
そしてオーナーが真奈美さんの両肩に手をかけて彼女の上体をグッと引き起こし、突然ものすごいスピードで抜き挿しを始めた直後から、真奈美さんが、「ああっ、いや~っ、もうっ、許してっ、ぐっ、ぐっ」と泣きじゃくりだしたのです。
気丈に声を上げないように我慢していたはずでしたが、限界に達したようです。
ブルンブルン揺れる乳房の頂で楕円の軌跡を描く真奈美さんの乳首と、涙でグショグショになった顔を見た瞬間、私の胸がキュンとなりました。

私も普通に性欲を抱いている男性ですから、今目の前で展開されている光景から目を逸らすのは非常な努力が要りました。
でも、さっきまでは2人の斜め後ろから見ていたのですが、今度は真横になったのでオーナーが何かの拍子に入り口の方を見れば、私が覗いていることがすぐばれてしまいます。
気づかれないうちに・・・と思い、そーっと階段を下りて自宅に戻りました。
喉がカラカラでしたので立て続けに水を3杯ほど飲み、寝室のベッドに倒れ込みました。
まだ心臓がドキドキしています。

(合意の上だったのか、それとも・・・)

今見てきた光景を頼りに冷静に判断しようとしましたが、どうしても真奈美さんの涙でグショグショになった顔と泣き声、そして突かれるたびに激しく揺れる真っ白い乳房が蘇ってきて、激しく勃起してしまいます。

自宅に数日後、真奈美さんから電話がありました。

「大事な相談があるからそちらに行きたい」とのこと・・。

「どうぞ」と返事はしたものの、さてどう対応すればよいのだろうと思いました。
とにかく内容がオーナーとの出来事であることは間違いありません。
たとえば、「レイプされたから、相手を訴える方法を教えて欲しい」とか「もし妊娠したらどうしよう?」ということでしょうか。
なにしろ私は一部始終を目撃したわけではなく、ほんの5分ほどのシーンしか見ていないのです。

(ひょっとして、私が覗いていたことを真奈美さんが気づいていて、口止めでもしてくるのかな?)などと思い巡らしましたが、結局、わかるわけないよなと思い、ほんの少し不安な気持ちで真奈美さんが来るのを待ちました。

40分ほどして、彼女が到着しました。

「お邪魔してすみません」

笑顔でそう言ってきましたが、少し顔が引き攣っているような印象を受けました。
真奈美さんが玄関に上がり、くるりと背を向け、今脱いだ履物を直そうとすると、お尻がぐっと突き出され、自然に目が行ってしまいます。
春らしい薄い生地の花柄スカートに、一瞬、かなりくっきりとパンティラインが浮き出ました。
和室のリビングに案内して座ってもらい、お茶を出しました。
私から、「大事な相談とは、どういう・・・?」と切り出しましたが、真奈美さんはそのお茶をじっと見つめたまましゃべりません。

1分ほどの沈黙の後、私が「真奈美さん?」と呼びかけた、次の瞬間です。
突然「ワぁー」と泣き出し、テーブルに突っ伏しました。
腕にぶつかった茶碗が倒れて、お茶がテーブルに広がっていきます。
真奈美さんの左腕に熱いお茶がかかりました。
私が慌てて立ち上がり、「大丈夫ですか?」と声をかけたところ、彼女がしがみ付いてきたのです。
私は条件反射的に彼女を抱き止めました。
嗚咽を漏らす背中に回した両手に真奈美さんの肌の温もりが伝わり、彼女の胸元から立ち上ってきた、モアーっと生暖かい、女性特有のいい匂いが私の鼻腔を打った瞬間、理性が吹き飛びました。

真奈美さんの体を捩じって畳に押し倒して馬乗りになり、両腕をバンザイ状態にして押さえ込み、唇を合わせます。
彼女の涙と鼻水と唾液でグショグショのまま、10分近くも舌を差し入れて口の中を弄ったり、私から唾液を送り込んだりしました。
最初のうちはごく普通の泣き声でしたが、しばらくすると時折呼吸が苦しくなって、唇を離す際に鼻にかかった「うっふん」「あんっ」という甘え声を漏らすようになってきたのです。

次に彼女の両手首を左手だけで畳に押さえつけ、右手を彼女のセーターの裾に回し、少しずつたくし上げていきます。
その間も唇は離しません。
ブラが完全に露出したところで唇を離し、上からの眺めを楽しみました。
ペールブルーの巨大な山が2つ出来ています。
セーターの黒、肌の白、ブラのペールブルーのコントラストが、目が痛くなるほど鮮やかです。

ブラの上縁で、収まりきらずにはみ出している膨らみに軽く唇をつけた瞬間、「あ、あんっ」と叫びながら大きく仰け反りました。
たまらない気持ちになり、ブラのホックを外すため、右手を彼女の背中と畳の間に差し込みました。
真奈美さんも私がしようとしていることを察して、外しやすいように上半身をよじります。
プチっと外して彼女の上半身を戻し、羞恥心を煽るため彼女の耳に、「ブラを取っていい?」と囁きました。
真奈美さんは自分の二の腕に顔を隠すようにして、コクリと頷きます。
この恥じらいの仕草に胸が熱くなります。

馬乗りをやめて彼女の体の左側に座りました。
左手で彼女の両手首を押さえたまま、右手でブラをぐっと首の方に引き上げました。
真っ白い膨らみがブルンっと大きく揺れ、真奈美さんの濃厚な体の匂いがふわーと広がります。
真奈美さんの乳首は、ポロリと取れてしまうのではないかと思えるほどピーンと尖っていました。
100円玉大の乳輪には、小さいプツプツがたくさん浮き出ています。

再び馬乗りになり、下乳の方から舐め上げていきます。
最初は断続的だった「うっ、あ、あんっ」が、糸を引くような啜り泣きに変わるのに1分とかかりませんでした。
彼女の両手首を押さえていた左手を一旦離し、今度はそれぞれの手で彼女のひじを側頭部にぴたりと押し付けました。
そしてセーターに隠れている彼女の腋の下に顔を埋めて、生落花生の香りに包まれながらペロペロ舐めます。
真奈美さんは、脚をばたつかせながら今までとは違った泣き声をあげて楽しませてくれました。
腋の下と乳房を何度も行き来しますが、まだ乳首には唇を触れさせません。
10分ほど経過する頃には、激しい泣きじゃくり状態になっていました。

ここで、押さえていた彼女の両手を放しました。
真奈美さんは、すぐに両手で私の頭を掴み、意外なほど強い力で私の頭を動かして、私の唇が自分の乳首に当たるようにしたのです!
彼女がすごくいじらしくなり、我慢汁がさらにドバっと溢れ出ました。
両手を彼女の両脇に当てて乳房を中央にムギューと寄せて、乳首を初めて口に含んであげた途端、真奈美さんは「きゃあっ」と叫びながら、私の体が宙に浮くほど大きく仰け反りました。

もう意地悪はやめて、今度は乳首中心に責めてあげます。
たまに下乳や腋の方に向かうと、すぐに私の頭を乳首に引き戻します。
プルプル揺すったり、緩急をつけて揉んだりしているうちに、「ああっ、うぐっ、ぐっ」と軽く痙攣し感じています。
馬乗りをやめて彼女の脇に座って下半身に目をやると、花柄スカートがすっかり捲れ上がって、ベージュのパンストの下に、ブラとお揃いのペールブルーの下着が見えました。
『女性がお揃いのランジェリーを着て来たら、かなり脈があると思っていい』と、ある女性作家が書いていたことを思い出しました。

急いで隣の寝室への襖を開けて、まだピクっピクっと軽く痙攣している真奈美さんを抱きあげ、足を窓に向けてベッドにそっと下ろしました。
まだ陽が落ちきっていないので、それなりの明るさがあります。
襖を閉めてから彼女を四つん這いにしました。
真奈美さんの背中の中央を押してぐっと反らせ、スカートの裾を掴んで捲り上げて裾をウエストに挟み込み、落ちてこないように固定しました。
両手でお尻をがっしり押さえ込んで、プックリ膨らんでいる股間に鼻を押し付け、思いっきり匂いを嗅ぎました。
真奈美さんは弱々しい声で、「ああ、いやっ」と言ったようです。
淫らな匂いに反応して我慢汁がぐぐっと湧き出てくるのがはっきりわかりました。

大急ぎで服を脱いでトランクス1枚の姿になり、真奈美さんのパンストのウエストゴムに手をかけて膝近くまで下ろし、そこで止めました。
実は私は、服を全部は脱がせないでやるのが好きなのです。
ただ彼女は私がパンストをすっかり脱がすと思ったようで左膝を持ち上げました。
さっきの余韻のせいか体に力が入らないようで、すぐバランスを崩して横倒しになりましたが、自分で四つん這いに戻りました。

手早く毛布を巻いて俵の形にし、彼女の太ももの前に置きました。
お尻の方に座って爪を立て、太ももや丸いお尻の上をツツーっと撫でます。
真奈美さんは鼻にかかった声で「あはん、いやっ」と悶えて、お尻を左右にプリプリ振りながら私の指先から逃れようとして体を前に倒そうとしますが、私が置いた毛布があるのでほとんど動けません。

しばらくグッショリ濡れて色が変わったクロッチ部分やお尻、うねる背中を交互に眺めて楽しみました。
お尻を振るたびに新たな気流が起きて、眩暈がするほど濃厚な臭いがクロッチ部分から漂ってきます。
クロッチの両脇からは、毛が少しはみ出ています。
我慢できずに下着のウエストゴムに手をかけて、パンストのところまで下ろしました。
途中、あまりにクロッチ部分がグッショリ濡れて大陰唇に貼り付いていたので、まるで剥がしているような感じでした。

妻よりクリトリスが大きく、包皮をわざわざ捲らなくても飛び出ています。
左右の大陰唇に両手の親指を宛てがい、ぐっと開きました。
透明な液に続いて白濁した液がトロっと溢れ、膝の上にとどまっている下着に滴り落ちました。
お尻に両手をかけて少し広げ、お尻の割れ目の始まり辺りからチロチロと舐め始め、褐色の肛門を通り過ぎ、クリトリスまで舐め下ろします。
その間、たまに手を太ももに這わせたり、背中を擦ったりしました。
クリトリスからまたUターンしてのぼっていき、お尻の割れ目の始まりまで戻ります。
これを数回繰り返す頃には、啜り泣きが泣きじゃくりに変わっていました。

右手の人差し指と中指を割れ目に挿入した途端、真奈美さんが「ああっ、いやっ、もう許してっ」と仰け反り、まるで私の指を振り払うかのようにお尻を左右に激しく振りました。
足の指がきゅーと曲がっています。
私はそれまであぐらをかいていましたが立ち膝に変え、左手を伸ばして彼女の胸を揉みながら、人差し指と中指を激しく出し入れしました。
真奈美さんは、「ぐっ、ぐっ、いやっ、ゆ、許してーっ」と泣き叫び、虚空を掻き毟すようなゼスチャーをしました。
もちろん、ちょっとやそっとのことでは許してあげません。
しばらくGスポットを集中的に刺激していると、「いやーっ、出ちゃう、出ちゃう」と叫んだと同時に、ガクガク痙攣しながら大量に潮をピュピュピュッと吹きました。
人差し指と中指を抜き取り、舌全体をベターと広げて彼女の肛門から割れ目にかけてあてがってレロレロします。

その間にトランクスを脱ぎました。
お尻をがっしり掴んで、先端だけ入れてみます。
真奈美さんは、またもや仰け反って、「あああっ、いやーっ、もうっだめなのーっ」と泣きじゃくりながら虚空を掻き毟ります。
言葉とは裏腹に、自分からお尻をぐっと突き出して、さらに深く飲み込もうとします。
私はまた意地悪をして、5回ほどピストンしてからさっと引き抜き、彼女の反応を見ました。
真奈美さんは私のほうを振り返り、恨めしそうに私を見上げました。
涙と鼻水でグシャグシャになった唇をギュっと噛み締めた顔に背筋がぞくっとしました。

一旦右側を下にして横向きに寝てもらい、背中のほうから体をぴったり密着させました。
耳を舐めながら、左手で胸をゆっくり、感触を味わうように揉みしだきます。
真奈美さんは哀愁を帯びた啜り泣きを洩らしながら、お尻をグイグイと私の股間に押し付けてきました。
そしてパンストと下着をつけた状態で左脚を少し上げさせ、ペニスを太ももに挟み込んでもらいました。
彼女の愛液と私の我慢汁でヌルヌルになっており、快感です。
時折乳首を摘んであげると、「ああんっ、いやっ」と叫んで体をガクガクさせます。
まるで楽器を演奏しているかのような錯覚を覚えます。
手のひらをパーの形にして、乳首に触れるか触れないかの距離を保って撫で擦ったり、ぎゅっと鷲掴みにして大きく揉んだり、乳首を摘んで引っ張りプルプル振ったりしてしばらく楽しみました。
姿勢がかなり窮屈でしたが、右手で彼女の口を塞ぎながら胸を揉み揉みしました。

再度挿入です。
挿入すると、また自分からお尻をぐっと突き出し、「うぐっ、ぐっ、いやーっ、いやっ、ああっ」と泣きながらお尻を前後左右に激しく振り始めました。
私は背中やお尻を撫で擦ります。
温かくてヌチャヌチャの膣にぎゅっと締め付けられて、快感の波が押し寄せてきて、私はあっという間に射精してしまいました。