酔うとドエロだったコンビニの巨乳バイト

この体験談は約 7 分で読めます。

先週金曜日に体験したエッチな話です。
うちの下にはコンビニがあり、独り暮らしの俺にはありがたい存在。
しかもそこには、モロに好みなバイトの女の子がいます。

かれこれ1年以上前だったと思う。
雑誌買ったんだけど、帰って見てたら中が破けてたんですよ。
1ページだったら別にいいかと思いますが、5~6ページ破かれてたんです。
何かの特集なのか丸ごとゴッソリ。
だから言い難かったけど店に持って行きました。
そのとき対応してくれたのがその女の子です。
同じ雑誌がなかったので後日部屋に届けてくれて、それ以来、挨拶や軽く会話する間柄になりました。

それで先週、その子と居酒屋で偶然出会ったんです。
個人経営の小さな居酒屋で、奥の座敷にその子はいました。
友達らしき女の子3人と来てて、俺も男友達3人と。
初めは挨拶だけで特に何もありませんでしたが、友達が喋り掛けてから一緒に飲むことになったんです。

「知り合いなんだからいいじゃん」と強引に。

内心、俺は嬉しかったわけです。
そのとき初めて名前や年齢も知ったし、実は俺より1つ年上だったのにはビックリしました。
小柄で童顔だったから、普通に年下だと思っていたので。
彼女の名前は明奈、年齢は22歳。
コンビニの制服からは想像できない実は巨乳ちゃん。

知り合いということで俺は明奈ちゃんと喋り、友達は残りの女の子とうまくやってました。

「今日は俺たちがゴチるから飲んじゃっていいよ!」

友達の一言で、女の子達は目の色を変えました。
全員バイトしかしてないから貧乏らしく、それからは遠慮なく飲みまくりです。
焼酎のボトルを入れてガンガン飲み始め、数時間後にはみんな普通に酔ってました。

明奈ちゃんは徐々にテンションが上がり始め、シラフの時とはまるで別人のようです。
シラフの時は大人しい、どちらかというと静かな感じだったのに、酔い出すとオヤジみたいなんです。

「ガハハ!」と笑って俺の腕をバシバシ叩くし、なぜかやたらとボディータッチが多い。

それを見ていた友達は、「お前、今日イケるんじゃね?」と言っていました。
実際そんな感じに俺も思えてたし。
友達も女の子を持ち帰りしたいらしく、店を出てカラオケに行きました。
そこでも飲みは続き、バカ騒ぎしまくりです。
友達が抱き付いたりしてもギャーギャー笑ってるし、一瞬オッパイを揉んだりしてるのも見ました。

そんなわけで自由行動に移り始めたんです。
まずは友達1人がトイレに行った女の子を連れ出したみたい。

「戻ってこないなぁ~」と確認に行った2人もそのまま消え、気が付けば俺と明奈ちゃん2人だけ。

明奈ちゃんは1人で歌いまくりなので、俺は黙ってその光景を見てました。

「ねぇ~ねぇ~みんないなくなっちゃったんだけど」
「えぇぇーーっ!もう帰るの?飲み足りなぁ~~いっ」

「じゃこれ全部飲んでいいから」
「いぇ~~いっ!一気しよっ!一気!!」

仕方なく一気に付き合ったのがダメだったらしく、飲み終わって10分も経たないうちに明奈ちゃんが歩けなくなりました。
会計をして外に出たは良いものの、明奈ちゃんをどう帰すか悩みます。
うちに連れて行くわけにもいかないし、もし変なことになったらコンビニ行き辛くなるし・・・。

聞いてみると隣の駅近くで独り暮らししてると言うので、そこまでタクシーで送ることにしました。
歩けないからそのまま部屋まで連れて行き、女の子の匂いがプンプンする部屋に入りました。
ぬいぐるみが沢山あって、いかにも女の子の部屋って感じ。
帰りたくないからベッドに寝かせた後、お茶を勝手に出して飲んでました。
30分ぐらい経過したと思います。
いきなり起きたかと思ったら、突然俺に文句を言い出しました。

「何一人で飲んでんのよっ!アタシにもちょうだい!」
「これ酒じゃなくてお茶だけど?」

「んもぉ~~お酒ちょうだい!」
「歩けないくせにもうダメだよ」

「なにぃぃ??」

座った目で俺を睨み、ハイハイしながら寄ってきました。
何するんだろうと思っていると、そのまま俺の方にやってきていきなり抱き付いてきたんです。
んぐぐっ・・・となって後ろに倒れ込んでしまいました。
明奈ちゃんはそのまま俺の上に覆い被さったまま、「んんー」と唸り強く抱き付いてきます。
何がしたいのか分からずそのままにしていました。

「おっぱい攻撃ぃーっ」

そう言いながら俺の顔をオッパイの谷間で挟み、ブルマがやっていたパフパフをしてきました。
なんという幸運・・・、柔らかい巨乳の感触を顔に感じ、無性に興奮してきちゃいました。
勃起し始めた俺のチンコの上には明奈ちゃんの太もも。
わざとなのか分からないけど、その太ももがグイグイ当たるんです。
しかも時々、「うぅんっ」みたいな喘ぎ声っぽいのも聞こえてた。
何してんだろうって思いながら、(ダメだ、コンビニ行けなくなる・・・でも揉みたい・・・)と葛藤してました。

「んはぁ・・・疲れたぁ・・・」

パフパフが突然終わり、その代わりに今度はそのままの体勢で俺に抱き付いてきました。
頬や耳に明奈ちゃんの肌を感じます。
ハァハァと息切れしてるもんだから、その息遣いが耳に当たってかなりヤバめ。
我慢ギリギリの俺は、とうとう軽くお触りをしてしまいました。
腰を抱き寄せて明奈ちゃんの耳付近に口を近づけ、「大丈夫?酔ってる?」などと喋り掛けました。
喋るのが目的じゃないから、しっかり耳に吐息が当たるよう調整して。
そしたらすぐに反応し始めました。

「んぁぁ・・・んっ・・・」
「具合悪い?大丈夫?」

「はぁぅんっ・・・もっと言って・・・」
「何?何を言うの?大丈夫かってこと?」

「あぁんっ・・・もっと・・・もっと舐めて・・・」

(舐める?何言ってんだ?)

軽く狼狽しました。
だからまた耳に口を近づけて聞いてみました。

「耳を舐めるの?」

「んっ・・・もっとぉ・・・舐めて・・・」

そうかと思いながら恐る恐る舐めてみました。
そしたらもう完全に喘ぎまくりなんです。

「んんぅぅぁぁっ・・・はぁんっ・・・んぁぁ・・・」

身悶えるっていうんですかね、もう普通に喘ぎまくりで俺にしがみついていました。
しかも足が勃起したチンコに当たりまくりです。

(もう無理、我慢できない、いっちゃえぇー!)

そのまま顔をずらしてキスをし、無我夢中で舌を絡めました。
明奈ちゃんも俺の舌をしゃぶりまくり、キスだけなのに、「んぁぁんっ・・・」とか喘ぐんです。
隙間から巨乳を揉み、興奮度は最高潮です。
見た感じも巨乳だけど、触ってみるともっと巨乳でした。
小柄でこの巨乳は犯罪だろ・・・なんて思いながら揉みまくり。
ついには小さい体を抱えてベッドへ寝かせ、貪るように体を触りまくり&舐めまくりでした。

想像していた通りFカップはありそうな巨乳で、ブルンブルンの弾力がありました。
乳首を舐め舌先で転がしている時、明奈ちゃんはなぜかバンザイするように手を壁についていました。
もうバッタバタと体は動くし、隣に聞こえそうなぐらいデカい声で喘ぎまくり。
ホントに酔ってるのかな?と疑問に思うほど反応しまくりでした。

陰毛はボーボーで手入れをしてないみたい。
可愛い顔してボーボーかよ・・・とニヤつきながらの指マン開始。
触った瞬間からもうすでに濡れまくりだったので、指はニュルリと入っていきました。
目は大きく見開き、上体を少し起こして俺を見ながら喘ぐんです。
少し怖かったですが、シラフの時とのギャップが凄すぎでした。
ヤバいかなと思いつつも反応を見ながら指マンを激しくしていくと、絶叫しながらブシュブシュ汁を出したんです。
失禁か潮かは分かりませんが、20センチぐらいの染みができるほど出てました。

すかさず俺も全裸になり、おもむろにチンコを顔の近くに持って行きました。
躊躇も何もありません。
目の前に来たチンコを無我夢中でしゃぶってくれました。
この顔がまたエロくて堪りません。
酔っ払ってるくせに激しく頭を振りながら、ジュポジュポと音を出してしゃぶってました。
お世辞にも上手いとは言えませんでしたが、俺にとっては最高のフェラチオです。
フェラしてもらいながらまた指マンを始めると、俺の顔を睨むような顔をしてしゃぶり続けていました。
巨乳はプルンプルン揺れてるし、今まで経験した中でダントツに興奮しました。

「このまま入れてもいい?」

「んっ・・・入れてっ・・・お願いっ」

そう言われて我慢できず、ゴムも持ってなかった俺は、そのまま生で入れてしまいました。
入れてからの反応も物凄いわけで、狂いだしたのかって思うほど絶叫しまくり。
俺にキスをねだる姿は可愛かったですが、それ以外はドエロの淫乱女そのものです。
こんな反応をする女の子に出会った経験がない俺は、若干引きながらも腰を振り続けました。
何度も何度も軽い痙攣を起こしながら、俺の耳を噛んだり下から強く抱き付いてきたりを繰り返す明奈ちゃん。
バックでは数回意識が飛んだような反応を示していましたが、すぐに半狂乱で喘ぎまくりです。
さすがに騎乗位は無理みたいだったので、正常位とバック中心でヤリました。
俺、初めて聞きましたよ。

「オマンコ気持ちいいーっ」
「オマンコ・・・オマンコ・・・明奈のオマンコ・・・」
「おちんちん凄いのっ・・・おちんちん大好きっ・・・」
「オマンコもっと突いてーっ・・・おちんちんでイジメてーっ」

こんな淫語連発の女の子ってそんなにいないですよねw
俺が尋ねてもいないのに勝手に言ってくるんですよ。
おかげで数十分で限界になった俺は、イク寸前に抜いてお腹に射精しました。
後処理をしてからグッタリする明奈ちゃんを見ていると、また興奮してきた俺は体を触り出しました。

「まだダメッ・・・ダメってばぁ・・・」

言葉では拒否してるんですが、体をヨジって逃げるわけでもありません。
だからまたそのままエッチが始まって、結局朝までにプラス2回もしちゃいましたw
最後は明奈ちゃんもグッタリなって動かなくなってたので、記念にと全裸で無防備に寝ている姿を写メで撮影しときました。
もちろん汁まみれのオマンコも激写しておきましたw
精子が残ってるチンコを口にネジこんで舐めさせてる時に撮影しようとしたら、目だけは隠されましたけどねw
ちゃんと意識はあるんだなぁ~と思いました。

鍵を閉めて朝の6時頃勝手に帰ったんですが、外に出てからメアドも何も聞いてないことに気が付きました。
鍵はポストの中に入れちゃったし、戻って聞くわけにもいきません。
しかも酔いが醒めてからシラフになって考えると、どうにもコンビニに行き辛いかなと。
明奈ちゃんは酔ってたし、相手が俺だと分かってたのかさえ疑問です。

(もうコンビニ行けないじゃん・・・)

次の日から、レジにいる店員を確認してから行くようになってます。
あれから友達経由の連絡とかもないし、かなり迷ってる状態です。
でも、あんな可愛い巨乳の子と激しいセックスできたんだから、文句なんて全くありません。
さてさて・・・これからどうしようかな・・・と悩んでいる男の体験談でした。