犯されてる自分に興奮して何度も何度もイキました

この体験談は約 3 分で読めます。

昨夜、ビジネスホテル(都内某所)に泊まりました。
夜中に寝つけなくて、2階の自販機までビールを買いに行くことにしました。
ホテルに備え付けのパジャマはロングシャツ形式でズボンではなく、むしろネグリジェ的な長いものを着るのですが、その下はノーブラ、パンティは着用という格好。
もう午前1時を回っているし、きっと誰もいないだろうと楽観視し、エレベーターに乗りました。

驚いたことに、開いたドアの中には40代後半の男性が乗っていました。
ドキッとはしましたが、まさかホテル内だし変なことはされないだろうと思い直し、エレベーターに乗り2Fのボタンを押しました。
その人は少し酒臭く、酔っているようでした。

2Fで降り、ビールを買ってからエレベーターに乗ろうとすると・・・。
降りた時からエレベーターは止まったままで、その男性がまだそこに乗っていました。
変な予感はしたのですが引き込まれるように私は乗ってしまいました。

嫌な予感は当たり、閉まるボタンを押した瞬間、その人は後ろから私に抱き付いてきました。
ビクッとした私の耳元で、「声を出すんじゃない・・・出したらどうなるかわかってるな・・・」とドスの利いた低い声で言いました。
私が恐怖で固まっていると、パジャマ越しに胸を触り、前のボタンを上からいくつか開けられました。
そして露出した右の胸を触ってきました。

「ほら、ノーブラじゃねぇか・・・こういうことして欲しかったんだろ?」

男は囁き、さらにボタンを開け、今度は左の方も直に触ってきました。
私の胸は全開にされ、男は両方の乳房を揉みしだきました。

「ほら・・・こんなに感じてるじゃねぇか」

指でコリコリされると本当に乳首が勃起してしまい、「あぁ・・・」と声も出てしまいました。
男は私の耳を吸い、首に唇を這わせ吸ってきました。
私の足はガクガクして、恐怖と快感で立っているのがやっとの状態でした。

男は自分の部屋がある階のボタンを押し、その階で私を降ろし、自分の部屋まで連れていきました。
その間も私の胸は全開のままで、片方の乳房は揉まれていました。

男の部屋に入るとパジャマを脱がされ、パンティだけの姿で鏡の前に立たされ、後ろからまた胸を揉まれました。

「・・・こうして欲しかったんだろ?」

怖くて黙っていると、「答えろ!」とまた胸を激しく揉まれ、あまりの恐怖に「はい」と言うと、「いい子だ・・・犯して欲しいのか?」と言われました。
首を横に振るとパンティの中に手を突っ込まれ、あそこを探られました。
恥ずかしいことですが、私のそこは濡れていました。
それを知った男は笑って、「ここは犯してくれと言ってるぞ。『犯して下さい』と言え!」と命令してきました。
さらにパンティが下ろされ、「言え!」と強く乳首をゴリゴリされ、私の体はどんどん火照っていき、とうとう「犯して下さい」と言ってしまいました。
男は、「聞こえない・・・もっと大きな声で言え!」と何回も言い、その度に私は、「犯して下さい」と言い、その度にどんどん感じている自分に気付きました。

男は満足げにあそこに指を入れて掻き回しました。
乳房も力いっぱい揉まれて私も声が出てしまい、まずいと感じたのか、男はタオルで猿轡をしてきました。
不思議なことにそれでまた私は感じてしまい、その後ベッドに連れていかれ、犯され続ける間に何回もイってしまいました。
(犯されてるんだ)と思えば思うほどどんどん感じていき、1回終わってまた犯されようとしても逃げる気は起きませんでした。

途中で猿轡が解かれ、男のペニスを咥えさせられた時も自分からどんどん舐めたり吸ったりしました。
頭を両手で押さえられ、口で咥えたまま前後にピストンさせられた時もあそこがすごく濡れてくのがわかりました。
朝まで何回犯されたのか覚えていません。
でも本当に恥ずかしいのですが、今までのどのセックスよりも感じていました。

明け方、自分の部屋に戻ってからシャワーを浴びる前・・・男に好きなようにされた体を全裸のまま鏡に映してオナニーしてしまいました。
全部で何回イってしまったのかわからないくらい感じてしまった夜でした。

こんな目に遭ったのに・・・。
もしかしたら、またそのホテルに行ってしまうかもしれません。
そしてきっと今度はノーブラノーパンで出かけてしまう・・・。
そんな気がして・・・自分で自分が怖いです。