不倫妻に持ちかけられた美味しいバイト

この体験談は約 3 分で読めます。

僕は一度だけ遊んだことのある46歳のお姉さんに、こんな話を持ちかけられた事があります。
一回五千円で、そのお姉さんとエッチをするというアルバイトです。

彼女は専業主婦。
旦那さんは真面目なサラリーマンで、ひと月のほとんどを単身赴任先で暮らしているようです。

そもそも彼女と知り合ったのはナンパです。
一人で歩いていたところを僕が声をかけたのです。
一度僕と関係を持ってからは何でも言うことを聞くようになりました。

知り合った頃は、下着、服装、化粧も地味でした。
でもルックスは結構イケてるので僕は大改造をしたのです。
(僕と会う時だけですが)
僕と会う時の約束事は、パンティーはエッチなもの。
服装はタイトスカートかミニスカートです。
パンストは網タイツか黒色の物。
必ずマニキュアを手、足に塗っておくこと。

僕は一週間に三回ぐらい彼女と会うようになっていました。
彼女と会うのはほとんどが夕方でした。
会った時はやはりエッチなことをするのをお互いに望んでいました。
会う場所は彼女の旦那さんの車を停めている屋根付きガレージ(賃貸)でした。
家には近所の人の目もあって行くことはなかったです。

停めてある車を外へ出してシャッターを閉めてエッチなことをしていました。
もちろんガレージの中にはきちんと常に地面に敷くダンボールと毛布は置いていました。

そんなガレージでのエッチなことが半年ほど続いた頃のことです。
彼女の友人が僕とやりたいと言うのです。
僕は冗談で「五千円でいいよ」と言うと、友人は「是非」と一つ返事でした。
その友人というのがすごく真面目な女性で、旦那さんとも本当にノーマルなエッチしか経験がなかったようです。
僕が少し変態なプレイをするとすごい燃えていたようです。

ある程度慣れた頃、僕は彼女に露出を強制してみました。
ミニスカートで電車に乗り椅子に座らせるのですが、居眠りをしたふりをして向かい側に座っている男性にパンティーを見せるというものです。
それを僕は離れた所から見ているのです。
もちろんパンティーもオマンコへ食い込ませた状態でさせました。

最初、彼女は本当に恥ずかしそうでした。
少ししか足を開きませんでした。
僕は離れた所から目でサインを送ってどんどん足を開かせました。
駅を3つ程過ぎた頃でしょうか、彼女のパンティーは丸見えになっています。
向かい側に座っていた男性は食い入るように覗き込んでいました。

そして次の駅で一緒に降りました。
すぐに僕はパンティを脱ぐように命令しました。
そして反対側のホームから電車に乗り、来た駅を戻っていきました。
もちろん電車に乗ってからも同じように足を開かせ、オマンコを見せるように指示しました。

駅を降りると自転車の二人乗りで帰るのですが、その時も彼女に漕がせてオマンコを見せるように言いました。
途中で自転車を停めて、彼女に公園の木陰でオシッコをさせました。
そしてそのままの姿勢でオナニーをさせるのです。
僕は離れた所でタバコを吸いながら他人の振りをしています。

それが終わると僕のマンションに行き、今度はベランダで下半身ノーパンで洗濯をさせました。
そしてそのままベランダから風景を見ているような格好をさせて、僕がピンクローターでクリちゃんを刺激するのです。
彼女は腰が抜けそうになるくらい感じていましたが、お尻を突き出し必死で声を出すのを我慢していました。

最高の一日でした。