家庭教師先の真面目そうで可愛い美少年

この体験談は約 2 分で読めます。

大学の3年生です。
去年の夏、学生課に家庭教師のバイトですごくいい条件のがありました。
夏だけだしヒマだったし行くことにしたのね。

その時はとんでもない事になるなんて想像もしてなかったけど。

中3の男の子だったけど、すごく真面目そうで可愛い美少年だった。
こっちもだんだん慣れてくると、ちょっとくらいいかって気になって、「彼女はいるの?」とか言ってるうちにエッチな話題にすごく食いついて来ちゃった。
がぜん彼、積極的になってきて、エッチなことどんどん聞くようになってきたの。

「キスしたらどうなるの」とか、「エッチって気持ちいい?」とか。

はじめはいい加減に答えてたけど。
彼はかなりマジになってた。

家庭教師も終わる頃、「キスだけはどうしてもしてみたい」って言う彼の切なる願いに、まあいいかって感じでキスしてあげたの。

ま、でも、一回でもやっちゃうとやっぱり駄目ね。
その日はとうとう二人でずっとキスしちゃいました。
ディープに舌まで絡めちゃったら、こっちまでいい感じになっちゃったんです。

最後の日は来るなって予感したけど・・・やっぱりエッチのおねだりでした。
さすがにそれだけはって思ったので、フェラぐらいは思い出に経験させてあげようかっていう気になってしまって、してあげることにしたの。

で、彼がパンツ下ろしたとたん、「ええ、中学生のくせに」っていうくらい成長したのがそそり立ってたの。

すごく固くって大きくって、のどの奥にまで入りそうだったけど、咥えてあげると彼すぐ口の中に出しちゃった。
でもすぐに固くなっちゃって、2回目のおねだり。

「今度は本当のエッチしたい」って。

その時は危ない日だって納得させて帰った。

その後、彼から何回もおねがいメール。
そこまでさせちゃった責任も感じちゃうし、可愛い彼のことだし、あの大きさには興味あったしで、下宿のワンルームに呼んじゃいました。

バスルームに入ってはしゃぐ彼。
シャワーでディープなキス。早くもビンビン。

一応「入れちゃうところはここなんだよ」って教えてあげて、ベッドイン。

安全日だったけど念のためにゴム付けてあげた。
信じられない堅さにこっちがマジ感じちゃいました。
それからベッドで2回、バスルームで付けないで1回。
中学生ってすごい。
これが最後よって言って納得したくせに。