叔父に処女を奪われ、叔母にも犯され続けた

この体験談は約 3 分で読めます。

私が中学に入った頃から、父の弟の叔父さんが、「おじちゃんが立派な女にしてやるからな」と、酔ってはいやらしい目で私を見ていた。
中学高校と無事に卒業したが、入った大学が叔父さんの住む街だったため、強制的に叔父さんの家に下宿することになった。

5月6月は学校に馴染むのに忙しく、家に戻ればぐったり、ご飯を食べてお風呂に入ったら寝るような生活だったのが、それが変わったのは大学が夏休みに入りバイトを始めてから。
朝9時から夕方5時まで、私は叔父さんの会社でバイトをするようになった。
叔父さんの会社は小さな建築会社で、事務所にいるのは、経理の人と叔父さん、私の3人だけ。
その経理の人が休んだ時、私は会社で叔父さんにレイプされた。

叔父「もう男とはやったんか?お前の最初の男は叔父さんだから、他の奴とやったりしたら許さんぞ」

最初は冗談だと思っていたけど、次の瞬間、叔父さんは「初めてかどうか確かめてやると」と、無理やり私の手を縛り、服をハサミで切った。
下着を切るとそれを私の口に入れ、声が出ないようにすると、叔父さんは舐めるように瞼にキスし、耳たぶを舐め、手はおっぱいを揉み、キスをしてきた。
叔父さんは涙が止まらない私に、「ゆっくり見学させもらうよ」と言いながら、私のマンコに懐中電灯を当て中までじっくり見ていた。
鏡を持って来て、あられもない姿を映し・・・。

「これが聡美(仮名)のマンコだよ。まだ誰も触ってないから綺麗なピンクだなぁ。これからここの色が変わるぐらい叔父さんがいっぱい可愛がってやるから」

そう言って指を入れて来た。
気持ち悪いのと怖いのとで、私は涙が止まらなかった。
叔父さんはそんな私を眺めながら、ゆっくり、しかし確実に私を攻め、じんわり濡れてきたところで机からローターを出し、クリトリスに当てた。
初めてなのに敏感に感じてしまって私のマンコは洪水のように溢れ出した。
叔父さんはゆっくり顔を近づけると、舌を使いクリトリスを舐め始めた。
経験がなかったので、舐められたのも初めてで感じてしまった。

いきなり大きくなった叔父さん自身が一気に私の中に入ってきた。
気持ち良さから一転、突き抜けるような、体を2つに割るような痛さが貫いた。
暴れる私を押さえつけ、叔父さんは私の中に出した。

それからの私は叔父さんの言う通り、仕事中はローターを入れられ、お客様が来る時にはミニスカでノーパン、リモコンバイブを入れられ、お客様にお茶を出す時にはスイッチを入れられるようになった。
お客様に気づかれた時には、お客様に見えるようにオナニーを強要され、断ると怒られた。

そんなある日、私と叔父さんの関係が叔母さんにバレた。
責める叔母さんを殴った叔父さんは、私とのレズ行為を要求して来た。
叔父さんは、「嫌なら今すぐ出て行け、金はやらん、贅沢したいなら言う通りにしろ」と叔母さんに命令し、パチンコ依存症の叔母さんはお金欲しさに私とのレズ行為を始めた。
女だからなのか、叔母さんは私が感じる場所を的確に攻め、絶頂に導き、同じことを私に求めて来た。

それ以来、卒業までの4年間、叔父さんと叔母さんにペットのように扱われ、私は叔父と叔母に交互にレイプされ続けた。