爆乳な姉のメンヘラっぷりがヤバい

この体験談は約 4 分で読めます。

うちの姉はちょっとメンヘラ?
変わってる?
てか、かなりオカシイ。

顔、普通。
身長、低め。
体、細め。
でも胸は気持ち悪いくらいデカい。
今、Iカップ。
と書くとスペックはまぁまぁに見えるが、性格がキチ◯イじみている。

・電車で尻を触られてる時、仕返しにと屁をこくが、身も出る。
しかも、「この技の弱点はオムツをしなければならないこと」と反省する。
漏らす前提かよ・・・(´A`)

・坂道で自転車前輪のブレーキがキレる。
目の前には民家。
なぜか後輪ブレーキを使わず自転車を捨てて空中に飛び上がり、向かいにあった民家にヘッドスライディング。
民家のドアは壊れたが姉は無傷だった・・・(´A`)

・高校の頃、親父に大学帰りの姉を頼むから迎えに行ってくれと頼まれる。
駅と家の中間地点の自販機前で待っていると、前方にイルミネーションが見えた。
姉だった・・・(´A`)
お祭で売ってるようなキラキラ光る触覚がついたヘアバンドを何個もしてた。
姉曰く、「これだけ目立てば痴漢されない」とのこと。
親父が必死で頼んだ理由がわかった。
あれはまるで小さな小林幸子のようだった・・・(´A`)

・飼っていたハムスター(♂)と遊んでいた姉。
「雄だからサービスしてやろう」と胸で挟んだところ、ハムスターが乳圧で死んだ。
病院連れてったら大事な骨が折れてて、ほぼ即死だったらしい(´A`)

・いきなり「乳を揉んでみろ」と言われる。
明らかに怪しいので疑っていると、どうやら自家製痴漢対策グッズの実験だった。
ブラの内側から画鋲を何個も突き出した、名付けて「ニードルブラ」。
本気で実用化しようとしていたのが怖い。
しかも次点は「ニードルパンティ」。
その後、居間で親父に会ったら、手が血だらけだった。
親父・・・(´A`)

・電車でよく乳を触られるらしい姉。
「胸がデカくて目立つから痴漢されるんだ!」と、目立つ胸を隠すためサラシを巻いて電車へ。
あまりにキツく巻きすぎて気分が悪くなり、電車内でゲロを吐く。
姉曰く、「駅に着いてドアが開いた瞬間、ホームで吐こうと思ったら、開くドアが逆だった」
うんこ、ゲロ、次はなんだ・・・(´A`)

・みかん果汁まみれになってバイトから帰ってきた姉。
訳を聞くと、家庭教師していた小学生に、「全科目100点だったら胸揉ませて」と言われる。
おっぱいパワーで目標達成した小学生は、「ご褒美に胸にチンコを挟ませて」とハードルを上げる。
姉は何も言わず、差し入れてあったみかんを胸に挟んで粉々に潰したらしい。
それから小学生はおっぱいのことは言わなくなったらしい。
後日、ご褒美にと、ブラジャー(本当は母の)をあげた姉・・・(´A`)

・姉と一緒にヤ◯ダ電機に行った時のこと。
俺が買い物を済ませてる間に姉はマッサージチェアで一休み。
買い物が終わり、姉の様子を見に行くと、人だかりが出来ている。
姉がうつ伏せでマッサージチェアやってた・・・。
姉の言い分は、「振動で胸が揺れて目立つ。乳揺れを見に来る男が何人もいた。うつ伏せなら胸は揺れないから」らしい。
十分目立ってるよ・・・。
てか、うつ伏せでどこをマッサージするんだよ・・・(´A`)

・大学入試の時に受験票と間違ってパスポートを持っていく。
本物の受験票はコースター代わりになってた・・・。

・駅の券売機に無理やりTUTAYAのカードを入れようとして駅員が来る。
駅員に言われるまで気づかない姉。

・アプリの『FF2』にハマってた姉。
一緒にミニプでソフトクリームを買おうとしたら・・・。

姉「ブリザド下さい」

店「は?」

姉「ブリザド下さい」

店「え?何ですかそれ」

姉「あ、いや、違ったwブリザ・・・ガ?」

冗談でなく本気でやってる姉が怖い・・・(´A`)

・中3にしてGカップあった姉。
合う水着のサイズがないのと、巨乳にスク水はハミ乳がすごいらしくて強制見学させられてた。
暇すぎてプールに入れる塩素(固形入浴剤みたいなやつ)をかじってみる。
そのまま倒れて救急車で病院に運ばれる。
俺の時代も伝説として残ってたよ・・・(´A`)

・家族みんなが寝静まった真冬の深夜に地震(震度5)があった夜。
みんな飛び起きて貴重品を持って家を飛び出した。
俺も財布だけは持って飛び出した。
後からパン一でマフラー巻いた姉が慌てて出てきた・・・。
どうやらオナニー中だったらしい。
マフラーを持ってきた理由は「寒いから」。

「あんた、ちゃんと隠しなさい!」と、マフラーを胸に巻かせる母。

お前の羽織ってるカーディガン掛けてやれよ・・・。
ちなみに父は裸足で300メートル先まで走って逃げてた・・・(´A`)

・姉が両親と喧嘩して外食をしに行く。
店から、「姉が金を持ってきてない」と電話が。
父が届けに行く。
30分後、また店から、「父が金を持って来てない」と電話。
母が届けに行く。
1時間後、またまた店から、「母も金を持って来てない」と電話。
仕方なく俺が行く。
店に着いたら3人で飲んだくれてた。
会計の時に、「大変ですね^^;」と店員さんに同情された・・・(´A`)

・姉が高校の時、ドラマか漫画に憧れて、紙飛行機に手紙を書いて飛ばしてた。
運命の人から返信が来る、らしい。
3日後、近所の鈴木さん(82歳)から返信が来た。
めげずにまた紙飛行機を飛ばす。
1週間後、また鈴木さんから返事が来た。
諦めた。
なぜか鈴木さんとの文通は3ヶ月も続いた・・・(´A`)

・家の庭に食べ終わったアボカドの種を植えまくる姉。
1ヶ月後に庭を必死に掘り返してる姉の姿が・・・。
訳を聞くと、「アボカドの木は2~30メートルになるんだって!大変だよ><」。
そうそうならねぇよ。
てか何十年後の話だよ・・・(´A`)

まだまだあって書ききれないが、十分キチ◯イ度は伝わったと思う。
そんな姉と「性格ソックリ」と言われる自分が怖い。