女子更衣室のロッカーに忍び込んで・・・。

この体験談は約 5 分で読めます。

高3の時、僕は仲のいい友達といつも3人で行動を共にしていた。

季節は6月。
女子高生は夏服に衣替えで、男にとってはスカートが短くなったり、ブラ透けたりと、ムラムラする季節である。
僕も大学に行くために受験勉強をしてはいたものの、学校がそこまで進学校というわけでなく、どちらかというと専門学校や就職する生徒が多い高校である。
僕は成績は上の方だったが、それでも3流大学と言われるところしか合格できない偏差値だった。

この年になると、女生徒のブラが透けて見えたり、下手するとパンツが見えたりするので、授業中でもアソコが大きくなったりして、休み時間になっても椅子に座ったままの状態で次の授業になることがある。
男なら誰でも経験することではないでしょうか。
高3になると受験勉強をしなければならないのだが、ムラムラ感も最高潮に達するので、僕はよくトイレに大きい方をするふりをして授業中に行っていた。

僕の席の前には、入学当時からいいなと思っている、A子が座っている。
割りかし仲はいいが、恋愛に発展するようなことは決してなく、3年生になって、また一緒のクラスになってようやくLINEだけは聞くことができた程度である。

そのA子はなかなかのおっぱいの持ち主で、体育の時間でもブラがゆらゆらと揺れるのがはっきりとわかり、制服もブラウスからキャミは着ているもののブラが何色かくらいはわかり、うなじとか見てると、どうしても我慢できなくなる。
そんな時は、家に帰るとすぐに勉強するふりをしてオナニーばかりしてて、A子のせいでオナニーの回数がかなり増えた。
そんな時、悪友のまさるが、「覗きをしよう」と持ちかけてきた。

「久義、見たくないか?」
「え、何を?」

「A子のおっぱいだよ」
「は!見れるのか?」

「もちろんだ、見れる所を思いついたんだ」
「おい、後で詳しく話せよ」

授業中にまさるからメモがまわって来て、僕とまさると良文で、さっそく放課後に生徒会室に集まった。
一応僕は生徒会の書記をやっていて、よく3人で誰もいない部屋で女生徒のエロ話をしていた。

「いや~、実はさあ、いい場所見つけたんだよ」

「そんなとこあるのか?」

「あるんだよ、それは更衣室」

鼻高々にまさるが言った。

「お前本気か、更衣室のどこで見るんだよ?」
「ロッカーだよ、忍び込むんだよ」

「お前、見つかったら怒られるだけじゃ済まないぞ」
「見つからないよ、ロッカーが少ないから、余ってるやつを運び込むんだよ」

「でも、おかしくないか?」
「いいや、先生に言われたんだよ、運んどけってな」

「見たくないんなら俺と良文でやるぞ」
「わかったよ、見るよ」

「見るんじゃなくて、覗くだろ」

内心、僕はドキドキしていた。
A子の下着姿が見れる。
そしてB子もC子のも見れる。

さっそく次の日、作業に取りかかった。
ロッカーはいっぱいあったが、女生徒の情報では、使わないロッカーがいっぱいあると言っていた。
特に隅っこのロッカーは開けたこともないと言っていたのを思い出した。

作業が終わって家に帰ると、興奮して仕方なかった。
もう頭の中はA子のおっぱいでいっぱいだった。
僕の高校は体育祭が近づくと、女生徒は踊りの練習を週に2回くらい放課後にする。
だから更衣室を利用する。

そして、いよいよその日がやってきた。
その日、僕たちは、誰にも気付かれないように、授業が終わると、みんなが掃除している時に当番を代わってもらって、急いで更衣室に忍び込んだ。
忍び込む際も、誰にも気付かれないように行動を迅速にしたが、心臓はバクバクと鼓動し、破裂しそうだった。
そして誰も触れたことのないというロッカーに、1人1人別れて忍び込んだ。

10分くらい経っただろうか、女生徒の声が聞こえてきた。
そして1人、2人と更衣室に入ってきた。
ワイワイガヤガヤと、女生徒が集まると何かとうるさい。
そして早くも着替えを始めた。
ロッカーの穴が開いている所からじっくりと見ると、あのA子がブラウスのボタンを外し始めていた。

「うわ~、A子のおっぱいはいつ見ても大きいね」
「そんなことないわよ」

「このおっぱいで男を騙してるんでしょう?」
「そんなことないよ、今は彼氏いないし・・・」

僕の股間は一瞬にして勃起した。
そして自然と知らず知らずのうちにチャックを下げ、チンポをシコシコしていた。
しかしその後ろに、そんなに可愛くはないが巨乳のD子が着替えを始めて、A子がよく見えなくなった。
が、D子はキャミを着てなかったので、上半身ブラ1枚になった。
そしてあろうことかブラも外し始めた。
D子の巨乳がポロンと出てきた。
その時、僕のチンポから、思わず精子が飛び出した。

「うっ、あっ・・・」

思わず声が出たが、気づかれてはないようだ。
D子のおっぱいは少し乳輪が大きいし、少し垂れているようにも見えたが、それがかえって僕を刺激してしまった。
すると後ろからE子がD子のおっぱいを揉み始めた。

「D子のおっぱいはほんと気持ちいいよね~」
「もう、やめてよ~」

「このおっぱいでF男君と気持ちいいことしてるんでしょ」
「そんなことしてないよ、彼、真面目だし・・・」

「でも、F男君のこと思ってオナニーしてるんでしょ、早くF男君の童貞をもらっちゃいなよ」

E子はおしゃべりである。
いつもはうるさいと思っていたが、今はD子のおっぱいを、それも僕の方へ向けて揉んでいる。
明日からもう少し優しく接しようと思った。

横に目を向けると、スレンダーなG子がブラウスを脱いで、スカートも脱いでいた。
パンティが見え、色は紫色。
僕は色つきのパンティが大好きなので、スレンダーだがスタイルのいいG子を見ながら、精子でベトベトになっているにも関わらず、そのままシコシコとチンポをしごいた。
さっき出した精子のヌルヌル感ですごく気持ちよくなった。
A子もスカートを脱いで下着姿になっているのが見え、ちょうどいい太ももと、今にも飛び出してブラのホックを外したいと思うくらいの高校生とは思えないスタイルに、シコシコする手の動きはさらに加速。
2回目の射精だった。

ようやくみんな着替えを終え、外に出て行った。
そして3人がロッカーから出てくると、3人の股間は膨らんでいた。

「どうだった?A子はほんとスタイルいいし、おっぱいも大きいかったな」

「思わず飛び出そうかと思ったよ」

ふと良文の手を見ると白い液がついていた。

「良文、お前もしかしてオナニーしてたのか?」

「え、なんでわかる?」

「精子が腕についてるぞ」

しかし、その後の話で、3人ともオナニーしていたことが判明した。

そして、それからは、たまに覗きをした。
いつかはバレるだろうと思っていたが、結局卒業までバレなかった。
僕は何回もA子のおっぱいを見ることができ、授業中はずっと集中力がなかった。
結局、大学は落ちて、3人で某大手予備校に通うことになった。
覗きの代償だから仕方ないと、3人でそう結論を出した。