アナル・・・アカン・・・。

この体験談は約 3 分で読めます。

アナル舐めとか、前立腺責めとかにハマって早3年。
遂に本物のチンポを入れて欲しくなってしまい、今日思い切って行ってきたんや。

場所は聖地五反田。
んで、指名込み、60分、逆アナルコース、21000円を払う。
やって来たのはローラに似た美樹ちゃん。
スタイル超いいし、小柄で華奢でいい匂いがしたんや。

「こんにちは~」

だけど声はやっぱり男の声に近かったんや。
上手く自分を誤魔化せば、酒やけした女の声みたいな感じや。

「今日はどうされたいの~?」
「ケツに突っ込んで欲しいんや」

「あ~、りょうか~い、逆アナルする時は浣腸してもらう事になってるから、ちょっと四つん這いになってくれる~?」
「・・・」

「浣腸、やったことある?」
「ないです」

そのままの受け答えをして、浣腸を突っ込んでもらったんや。
この時点で既に気持ちいい。

「すぐに来るもんですかね?」

「ん~と、大体2分くらいしたらお腹がゴロゴロしてくるよ~」

するとホントに2分くらいで腹がゴロゴロしてきて、野獣顔負けの噴射をしたんや。
その後は2人でシャワーで身体を洗うんやが、その時まで正直、その子にチンポついてるなんて想像できないくらい、見た目は女の子なんや。
脱いだら、立派に綺麗なチンポがぶら下がってたんや。
んで、チンポを洗ってもらってワイも洗ってあげたんや。
風呂場で兜合わせを体験したが、言いようのない背徳感と罪悪感がたまらなかったぜ。

んで、風呂を上がっていよいよプレイ開始。
申し訳程度に乳首責められたり、フェラしてもらったんや。
やっぱり気持ちいい場所やリズムをわかってるから、最高に気持ちよかったぜ。

「え~~っと、フェラとかしてみたい?」

「はい」(←即答)

「じゃあ、お願いしま~す」

当たり前やが、他人のチンポを弄るのもしゃぶるのも初めてやった。
言い忘れとったが、玉は無いから、勃起して10センチ程のミニチンポやった。
皮被ってて、亀頭はピンク色で、とても可愛いかったぜ。

んで、そりゃもう今まで生きてきて出来なかったことを積年の恨みを晴らすかのようにむしゃぶりついたぜ。
裏筋を舐めたり、アナルから亀頭まで舌を這わせたり。
んで気づいたけど、フェラって呼吸出来ないからすげー疲れるのね。

さてそろそろ、と言わんばかりにワイはちんぐり返しをされて、ローションをケツにたっぷり塗られたんや。
その時点でたまらなく気持ちいいぜ。
指を1本→2本→3本と少しずつ増やして出し入れされ、前立腺を弄られ、ワイはもうイキそうやった。

「指も痛いって言ってたのに、もう3本入っちゃってるよ~?」

再び兜合わせや。
ローションで互いのちんぽをヌルヌルにし、亀頭からカリから、互いの手と互いのちんぽで塗り塗りしあったんや。

「じゃあ・・・入れちゃおっか?」

「お、お願いします・・・」

ワイは鏡に映った自分がチングリ返しをした姿を一生忘れないと思う。

「力抜いて・・・お尻も、ちんちんも・・・力抜いてね、痛くしないから・・・」

ワイは全権を委任して、力を抜くことに全精神を集中させたんや。
ワイのアナルに、指とは違う質感のものがピタリと当たったんや。

「あっ」と喘ぐ間もなく亀頭がニュルっと侵入してきたんや。

「んあっ!!」

素でこんな声が出てしまったわ。
全部入ったと思った矢先、グググっと奥まで一気に侵入してきたんや。
10センチ程のはずなのに、物凄く大きくて太くて熱く感じたんや。

「あああああ~~~~」

情けない声を上げ、突かれるたびに呼吸が乱れて喘いでしまったんや。
女の気持ちがよくわかったで。

初めは正常位→バック→また正常位で10分程突かれまくったんや。
前立腺をガンガン突かれてカウパーダラダラのワイのモノをオイルまみれの手でしごいてくれて、電気が奔るようにワイの身体が呼応しているのがわかったんや。

「あっ、もう、イクイク・・・」

「イク~?いいよ、いっぱい出してね~、それそれ!!」

手の動きと腰の動きを二倍くらいにスピードアップさせて、一気に頂点に達したんや。

「あ~~~イクイクイクイク!!んあああっ!!」

腹の裏側と外側から普段は味わえない激流のような快感が一気に決壊して襲ってきたんや。
構図的には野獣の咆哮の時のアレと完全に一緒だったと思う。
自分の精子が顔まで飛んだのは久しぶりやった。

「あ・・・あ・・・」

「ん~~、は~い、お疲れ様~~」

ヌポっとチンポを出す時の引っ掛かりが気持ちよかったんや。
女がカリデカのちんぽを好む理由がわかったぜ。

「どうだった~?」

「また、来ます」

ワイは幸せな処女喪失をして終了。