見知らぬ男とラブホから出てきた同僚の妻

この体験談は約 3 分で読めます。

私は37歳の会社員で営業をしている。
去年の夏頃に営業回りをしていた会社で、職場が同じで仲良くしている友人がいる。
私は彼の家にお邪魔したこともあり、奥さんとも話をしたことがあった。
彼の奥さんは奈美恵と言い、スリムな身体に胸は大きく、DかEはある感じ。

私が15時過ぎくらいに営業回りをしていた時、奈美恵さんが男性と腕を組みホテルから出てくるのを目撃した。
私は目撃した事を彼に言わず内緒にしてた。
彼は社内勤務なので、仕事が終わるまでは会社にいる。

次の日の朝、「営業に行ってくる」と言って会社を出ると彼の家に向かった。
彼の家に到着して、「おはようございます。◯◯です」と言うと、「は~い」と言って、薄い茶色のキャミソールに黒いミニスカート姿の奈美恵さんが姿を見せた。

奈美恵「◯◯さんどうしたんですか?□□は会社に行きましたよ」

私「知ってます、会社で会いましたから。今日は奈美恵さんに用事があってお邪魔しました」

すると奈美恵さんは、「私にですか?立ち話もなんですし、どうぞ」と家に上げてくれた。

私は居間に通されてリビングの椅子に座った。
奈美恵さんは飲み物を用意して私の対面に座り、少し世間話をしてから本題を話し始めた。

私「昨日の15時頃、△△近くで男性と腕を組みホテルから出てきたところを見たんですけど・・・」

奈美恵さんは、「ごめんなさい・・・◯◯には話さないでください」と困惑していた。
私が、「どうしようかな~」と言うと奈美恵さんは涙を浮かべ、「お願いです。夫には話さないでください、お願いします。何でもしますから」と言った。

私「しょうがないな~秘密にしてあげるよ。その代わり、下着姿になって見せてくれる?」

奈美恵さんは黙ってモジモジしている。

私「さっき何でもしますって言ったよね?嫌なら□□に話すよ」

奈美恵「絶対に夫には話さないでください」

そう言って着ていたキャミとスカートを脱いだ。
下着姿になった奈美恵さんの身体は細くも胸は大きく谷間があり、お尻もプリンとしていた。
下着はピンク系で紐パンを穿いていた。

私は奈美恵さんに近づき、「綺麗な身体だ、胸は大きいしお尻もプリンとしてるね」と言って抱き寄せた。
奈美恵さんは少し震えていた。

私「昨日も男性にこんな事されたの?」

そう言ってブラの上から胸を鷲掴みにした。
奈美恵さんは何も言わず身体をビクッとさせていた。
私はブラを外し、直接大きな胸を揉んで乳首を指で摘み、吸い付き舐めた。
奈美恵さんの大きな胸に合わない小さな可愛い乳首が硬く反り立ち、感じ始めたのか、「あっん、あぁあぁん」と喘ぎ始めた。

パンティの上からアソコを擦ると既に湿っていた。
パンティを脱がすと、ヘアーは処理をしているようで薄く、アソコは薄い色だがまだピンク色をしていた。
アソコに舌を這わせて上下に舐めると、感じやすいのかクリに触れる度に身体をビクッとさせている。
私は指をアソコに2本入れ、マンコを掻き回しクリに吸い付き舐め回した。

奈美恵「あぁあぁ、だめ、いゃ~~、イクイクイク~」

身体を仰け反らせてイッていた。
私は下半身裸になり、勃起したペニスをアソコに宛てがいマンコに挿入した。
挿入した直後、「あぁ~いゃ」と声を漏らしたが、構わず腰を振った。
腰を振る度に奈美恵さんは喘いでいる。
しばらく腰を動かしていると射精感に襲われ、奈美恵さんのマンコの奥を激しく突き上げた。
マンコの中でペニスが大きくなるのが分かったのか・・・。

奈美恵「あぁぁん!!だめだめ凄いっ・・・!◯◯のより大きい・・・!イッちゃう・・・!お願い外に出して~!!あぁイク~イクイクっ」

身体をビクビクさせてまたイッた。
それと同時にマンコがペニスに絡みついて締め付けてきた。
私はペニスを抜かずにマンコの奥に精液を射精した。
マンコから抜くと大量の精液がジワリと溢れ出した。

奈美恵さんは息を切らしながら、「◯◯には絶対に話さないでください・・・」と言った。

私は、「もちろん◯◯には秘密にしとくよ。でも、私に逆らえば分かるよね」と言うと奈美恵さんは頷いていた。

それから私は会社で◯◯を見るたび、(奈美恵さんは私のセフレだ)と心の中で思い、朝から営業に行くと会社を出ては、奈美恵さんと1発ないし2発はセックスしてから営業に行き、会社に帰る毎日を過ごしている。