メル友が上司の娘だった

この体験談は約 5 分で読めます。

信じられないような偶然なんだが女子高生のメル友と会ったら、なんと上司の娘だった。

すんげー気まずくて、とりあえずお互いの緊張をほぐすためにカラオケに行った。
で、歌いながら話をしてると、結構イイ感じで盛り上がってきたんで俺も調子に乗って肩を抱き寄せてみた。
すると意外や意外、抵抗しない。
それどころか頭を俺の肩に預けて来た。

でも俺の中には冷静な俺がいて、「おい、上司の娘だぞ。よく考えろ」と囁く。

でも、制服(ブレザー)の手触りやそこそこ大きい胸の膨らみ、短めのスカートから伸びる白くムッチリとした太もも・・・。
その時点で冷静な「俺」は吹っ飛んだ。
彼女の顔を持ち上げ、キスした。
これまた抵抗ナシ。

ちょっと不安になってきたので、「いいんか?」と聞くと、「メールでも話したけど、彼氏と上手くいってないし。それに、××君(俺)はイイ人っぽいから」

・・・キタ━━━━━━(゜∀゜)━━━━━━!!!!!

夢にまで見た制服ファック!inカラオケ!
もう俺に「理性」は無かった。

が、あくまでクールな大人を装い、淡々とコトを運んだ。
キスしながら柔らかな胸をまずは制服の上から揉み、次第に服の中へ手を忍ばせて行く。
そして遂に直に彼女のパイオツを・・・。
乳首に触れるだけで、ため息が彼女から漏れる。
ブレザーの前ボタンを外し、ブラウスの第2~4ボタンも外す。
さらにブラを上に押し上げ、その状態で彼女の胸に顔を埋める。
何たる幸せ。
乳房を揉みつつ、乳首に舌を這わせる。
彼女の息遣いが荒くなる。
そして一言。

「ダメだよぅ・・・。そんなにしたら声が出ちゃう・・・」

彼女は俺の理性を完全に吸い取るつもりなのか?
しかしながらここはカラオケ屋の一室。
まわりがうるさいとは言え、怪しまれないように曲を流すためにテーブル上のリモコンに手を伸ばし、Xの紅を入力し大音量で流す。
テーブルにリモコンを戻し、その手をそのままスカートの中へ滑り込ませる・・・と、ここで彼女は初めて抵抗した。

Why?

「ごめん。生理中なんだ・・・」

(゜Д゜)八ァ?

「ここまで来てそれはないやろー」

「ごめんねぇ・・・。でも、こればっかりはどうしようもないやん」

「上から触るだけでもアカンか?」

「もうすでにヤバイのに、これ以上触られたら出てきちゃうよー(笑)」

「・・・でも、俺の方もどうしようもない状態なんやけど?」と、彼女の手を俺のブツの上へ誘導。

「うわー、カチンコチンやん。若いなー(笑)」

「アホっ。◯◯(彼女の名)と6つしか違わんのやから、若いに決まってるやろ」

などと他愛もない会話をしていると、彼女の手が自然と動き始めた。

ジーンズの上から俺のブツをさすり、そして揉み始めたのだ。
上手い。
こんな小娘に玩ばれていると思うと少々、悔しいが欲望には勝てない。
ガマン汁が出てくるのが自分でも分かる。
しかも、並の量じゃない。
トランクスを通り越してジーンズにまで染みてきている。

「あれぇ~?××君、なんか濡れてきてるよ?」

「この状況で興奮しない方がおかしいやろ!」

「つーかさ、結構大きくない?」

「さぁなー。だいたい、他の男が勃った状態と比較なんかできるワケないやろ!」

「そっか(笑)男は比べられないもんね。でも、大きそうだよ」

「実際に見てみれば?」

「うーん、どうしよっかなー?」

この時点で俺は主導権を完全に失った。
しかし、普段は攻撃的なセックスしかしない俺は、通常では考えられない興奮を感じていた。
それを気取られないよう「◯◯に任せるよ。俺にも一応、理性があるからな(笑)」と、答えた。

「しょうがないなー。でも、ここで(ブツを)出して大丈夫?」

「大丈夫大丈夫!ここ、カメラないし、店員来ないし、時間はまだまだ余裕だし!」

「ファスナーからだとやりづらいから、脱いでよ」

・・・キタ━━━━━━(゜∀゜)━━━━━━!!!!!

慌ててベルトを外し、トランクスとジーンズを膝まで下ろす。

「やっぱり大きい!」

「そうか?」

「少なくとも今まで見た中では一番だねー。うん、間違いない(笑)」

「誉めらてんのかなぁ・・・」

「当たり前でしょー。やっぱり小さいよりも大きい方がいいもん」

最近の女子高生はとっても淫乱です。
このままだと日本の将来はどうなるのだろうか??
などと言いつつ彼女の白く柔らかい手は俺のサオを握り、上下する。
もう一方の手はタマを揉んでいる。
が、ここで注文を付けてやった。

「俺、タマの方はあんまり感じないんだわ」

「うわー、何かこの人注文付けてるよー。そんなこと言うと、スピードアーップ・・・」

・・・ヤバイヤバイヤバイヤバイ!

「なぁ、口でしてくれへん?」

「うーん、それはできないよぅ。つか、やった事ないし(笑)」

「えー!?マジで?嘘やろー?こんなに慣れてるのにフェラしたことない?」

「マジマジ。でも、これぐらいならできる」

・・・と、俺の亀頭に「チュッ」とキスしやがった。ううぅ・・・。

女子高生、薄暗いカラオケ屋、前が肌蹴た制服、柔らかい手、柔らかい唇・・・。
俺のマグマは絶頂間近だった。
亀頭にキスした後も、彼女の手は上下していた。
ガマン汁とほんの僅かだが彼女の唾液が混ざり、ヌルヌルだった。
そろそろヤバイ・・・。

「なぁ、どこに出せばいい?」

「どこに出したいの?」

「制服とかに付いたらマズイしなぁ。やっぱ、口かな?」

「えーっ!?マジでぇ?」

「嫌なら、◯◯のパンツに出したい!」

「変ー態!しょうがないなー。じゃあ、出そうになったら言ってよ・・・」

グジュッ、グジュッ、グジュッ、グジュッ・・・。
俺の息遣いは次第に荒くなっていた。

「ハァハァ・・・そろそろ、ヤバイかも・・・」

「マジで?」

「アカンて。アカンて。マジで。アカンっ!」

その瞬間、彼女の唇は俺の亀頭をすっぽり咥えこんだ。
その間も手の上下運動は続く。

ドクッドクッ音が聞こえそうなぐらいだった。
別に溜まってたわけではない。
前日もオナニーはしてたし、何よりその前の週には本当の彼女(現在も付き合っている)とHしたばかりだった。

それにしてもすごい量だった。

そして、彼女は小さな口でそれを全て吸い取るように受けとめてくれた。
そして、口を離した。

「ううううううん?(これどうするの?)」

「空いてるコップに出すか、飲むか、どっちかだな」

「うう?・・・コクン・・・あ゛ぁーーっ、飲んじゃった!」

「コップに出していいって言うたやん!」

「量が凄いんだもん。でも、意外と不味くないね。つーか、味はないね」

「でも、のどに引っかかるだろ?」

「うん。まだ残ってて気持ち悪ーい」

俺はコップに残っていた烏龍茶を勧め、彼女にうがいさせた。

「あー、スッキリした(笑)」

「俺もかなりスッキリした(笑)」

「気持ち良かった?」

「ただでさえ気持ちいいのに、この状況だからな。かなり興奮したで」

「この状況?」

「カラオケ屋で胸が肌蹴た制服姿の女子高生が手コキするなんて、エロビでしか考えられない状況やもーん(笑)」

「ははっ(笑)オヤジくさーい」

「でも、マジで良かったよ」

「そう?良かったー。ホントさー、申し訳なくてねー」

「何が?」

「ほら、アレ(生理)だからできないやん。でも××君、めっちゃ優しくしてくれたし」

「優しくー?俺の優しさはこんなモンじゃないぞー」

「ふーん。でも、胸とか触ってきたとき、うちマジでやばかったって」

「そんなこと言うと、また触るぞ~」

相変わらず肌蹴たままの彼女の胸に手を伸ばし、乳首を突つく。

「あんっ!だめだって!」

「感じやすいんやなー」

・・・などと他愛もない会話が続いた。