メイド姿でフェラ抜きしてくれた漫画喫茶のエロ店員

この体験談は約 4 分で読めます。

漫画喫茶でのこと。
俺は漫画喫茶でオナニーをするのが好きなんだ。
で、いつものようにパンツを穿かないで、ちんこ(これ以降ポークピッツ、略してポーク)にゴムを装着して漫画喫茶の入り口を叩いた。
ズボンの中で常にポークをニギニギしていないとゴムが取れてしまうのが弱点だ。

この店は女の子がメイド服を着ている。
しかも店員は一人。
メイド服は胸元が開いていて、「いらっしゃいませー」のお辞儀でかなり奥まで見えるようになっている。
それがこの店の特徴だ。
ちなみに普通の昼間やっている漫画喫茶。

俺は店員の広末似の女の子とは馴染みになっていて、顔見知りである(二十歳くらいだろうか)。
俺が抜きに来ているのも女の子は知っている。
俺が抜いているのを、いつだかカメラで見たらしい。

女の子は、「いらっしゃーい」と笑顔で深々とお辞儀をしてくれた。
すると、その女の子はノーブラだった。

「あっ!」

俺は思わず声を出してしまった。
女の子は「だって、今日来てくれるって言ってたから・・」と顔を真っ赤にして言った。
そういえば、言った覚えとイッた覚えがある。
俺はポークをニギニギしながら「ありがとう」って言った。

「どう?」

俺がポークを見せると女の子は、「ズボンからはみ出しそうですね、すごいかも」って笑った。

そして部屋に案内され、パソコンの説明を受ける。
パソコンの使い方など分かるのだが意味が違う。
女の子はわざと前屈みになって説明してくれる。
女の子との距離は顔に息がかかるくらい近い。

俺は、「このボタン何ですか?」と、女の子の肩越しから、キーボードのボタンを『T・I・K・U・B』と押した。
すると女の子は、『I』と押してEnterキーを押した。
俺は後ろから女の子のおっぱいをマッサージするように、そして円を描くように揉んだ。
肩越しから見えるDカップはあるおっぱい。
乳首はピンク。
ピクッと反応して乳首が徐々に大きくなっていくのが見えた。

「今日は他にお客さんいないんですよ」

そう言って女の子は後ろに手を回して俺のポークを握った。

「ん、大きい」

その瞬間、チーンコーンとチャイムが鳴った。
女の子は慌てて制服を直し、「いらっしゃいませー」と笑顔でレジに向かった。

俺は仕方ないので席につき、エロサイトでおかずを探していた。
20分くらい経ったとき、後ろに人の気配が。
さりげなく振り向くと、女の子が四つん這いで廊下の水拭きをしている。
女の子は俺が抜いてるのをカメラで確認して見に来たらしい。

ドアの下から女の子の顔の下半分、つまり口だけが見える。
俺は女の子の方を向いた。
もうズボンは脱いでいる。
女の子に向かってポークを擦っていると、女の子の唇が“O”の形になった。
そして手をポークに見立て激しく上下に動かしている。
『フェラしてあげようか?』の合図だ。

俺は腰を前にずらした。
女の子は舌を出し、唇をいやらしく舐めている。
すると小さな声で、「声出したら駄目だからね」って言った。
俺は腰を出来るだけ前にずらし、ポークだけ廊下に出すような無理な体勢になった。
その体勢がすごく興奮した。
女の子は唇をポークの先、スレスレのところまで近づけ、「ふー」って息をかけた。

「おー」

思わず武者震いをした。
そして女の子は手で俺のゴムを外し、「口に出していいからね」って小声で言った。

「あー」

俺は声が出せないことでメチャクチャ変な興奮を覚えた。
女の子は膝立ちの状態でポークの先を、舌先でレロレロする。

「んっはあはあ」

メチャ気持ちいい。
胸は上から丸見えだ。
両手は俺の太ももを擦っている。
俺は腰を限界まで前にずらして、咥えての合図。
すると女の子はパクッと咥えた。

「んー」

俺は息を止め、声を出さないように頑張った。
女の子は太ももを擦っていた右手でポークを優しく擦る。
俺は、その焦らしに我慢できずにドアを開け廊下に出た。
女の子は焦っている。

「駄目だよー」

そんなことは構わずに俺は、女の子の頭を両手で掴み強引に奥まで咥えさせた。

「んー、苦しいよー」

女の子は顔をしかめているが俺は無言で腰を振り、頭を上下させた。
前を見ると、さっき入ってきた男の客がこっちを見ている。
俺は手招きしてこっちに呼び、大きな声で、「まんこ(以下、ホール)触ってみ、濡れてるか確認しろよ」と言った。
男が、「は、はい」と言って、女のホールを触ると。

女の子「やあん」

男「す、すごい、ビショビショです」

俺「だろー、こいつやらしいんだよ」

女の子「ああん、もう駄目ー、ねえ、入れて欲しいのー」

男に「おい、入れてやれよ」と言うと、男は脱いだ。
男のチンポは大きかった(以下、フランク)。
俺の倍はあるだろうか、20cmくらい。

「おら」

男は激しく後ろから突いた。

「あーーー」

女は上の口も下の口も塞がれた状態。

「ほらー気持ちいいかー」

フランクが吼えている。
5分くらいフランクが突くと・・・。

「すっごいよー、イク、イッちゃうよ」

「ほら、いけいけ」

俺も負けじと上の口にピッツを激しく突っ込んでる。

「おら、おら」

「あん、イクっ」

女はガクッとした。

「おい、何一人でイッてんだよ」

俺は女の髪を掴み、ヨダレを垂らしている口にまたポークを突っ込んだ。

「おら、おら、イクぞー」

女は失神していて返事がない。
その状態に興奮して、5ピストンで俺はイッた。