中華屋で働いていた小野塚

この体験談は約 2 分で読めます。

千葉の松戸にある中華屋で働いている小野塚っていう女を、深夜ナンパしてSEXに及んだ。

茶髪のポニーテールで小柄な女だったが、色白で胸が大きく美味しい身体だった。
年は20前後で声が大きくてハスキーだった。

あの時の鳴き声もラブホの部屋中に響くほど大きかった。
オマンコは使い古されていて黒ずんでいたが、肌や胸は、張りが有って楽しめた。
キスもネットリと唾液が糸を引いていた。
正常位で何度も繰り返し、抜き挿しした。
自慢の胸を揉みながら、乳首に吸い付きながら、舌を絡ませキスしながら。

ノリのいい娘で男慣れしていたので迷わず膣内へ精液を注ぎ込んだ。
彼女、少し怒っていたが、直ぐに機嫌が直り再び2回目のSEXに及んだ。
小野塚ちゃん自身が俺の上に跨がり、腰を落としてきて騎乗位でプレイしてきた。
俺はしばらくして体勢を変えてバックから突いて彼女を昇天させた。
体中を小刻みに震わせながら、彼女は果てた。
俺は正常位に戻してからピストンして膣内射精した。
今度は小野塚ちゃんは怒らなかった。

そして・・・。
結局、朝方まで5度は彼女の膣内へザーメンを流し込んだと思う。
俺も彼女も満足してホテルを出て別れた。

家へ帰るなり俺はバッタリとベッドへ倒れて眠り込んだ。