払えないなら彼女で払え

この体験談は約 2 分で読めます。

昔、友達にとテツマンして俺初心者だったからハメられたんだろーな。

一人3万ぐらいは全員に負けて、友達だし、許してくれるかと思ったら「それはそれ、払えんなら彼女で払え」だと。

「絶対いやだ」って言ったら、
「じゃあフェラだけ」

・・・という、譲歩になってない譲歩に仕方なくOKしてしまい。
計画としては、五人で飲んで彼女がベロベロになったら、俺が部屋を出ていくっていう算段。

で、飲み会当日何もしらない彼女はみんなに、手料理振る舞ったりして俺、自己嫌悪。
んで、みんな分かりやすいくらい彼女にナレナレしいのなんの。
彼女は酒注がれまくって、俺にHELPサイン送ってくるんだけど、

「場が盛り下がるから頑張って」と俺、またまた自己嫌悪。

・・・数時間後、彼女、完璧に酔っ払ってて三人から目で合図が送られてきた。

「・・・ついに来たか」

心の中で思ったよ。

「お茶やら水やら買ってくるよ」って言って、三人に絶対に入れるのはナシと強く念をおして、家を出ました。

外で待ってる間は気が気でなかったです。
一時間くらいして携帯にメールが入ってきました。
差出人は三人の内の一人でした。

本文→「帰ってきていいよ(添付動画あり)」

真っ先に動画をみました。
・・・彼女のフェラ動画でした。

急いで帰ると、三人も帰るとこで「頂き」とか「フェラうめーな」とか行って帰って行きました。
部屋に入ると彼女泣いてました。

「・・・◯君、ごめんね」

それ聞いたとき、死にたくなりました。

なかなか酷い経験だよね。
だからこそ自虐的になる、自分がいけない。
だけどそんな行為をしている彼女を想像する。

「ごめんなさい」と言う彼女は、現実につい5分前には友達のを笛してたんだ。
その口で涎たらして奥深く飲み込んで・・・。

すごい経験、目の前でさせなきゃ!
詳しく様子を再現させて同じように笛!

毎日顔見るたびに笛した光景が頭によぎります。