保護者会のマドンナ伊藤さんの計画

この体験談は約 3 分で読めます。

あれは4月9日の土曜日でした。

子供が入れてもらっている、サッカー少年団の保護者会で飲み会がありました。
私は酒が呑めず、また車で来ていたため、一次会だけ参加し帰ろうとした時、二人の奥さんが「私たちも帰るので送って頂けませんか?」と聞いてきた。
その奥さんの一人、伊藤さんは美人でスタイルもよく、そして朗らか。
この会のマドンナ的存在で私も以前から気に入っていた。
私は快くOKした。
私は当然、もう一人の山口さんを先に送り届けた。

二人っきりになり、何かを期待しながら伊藤さんの家に向かった。
途中、「すみません、コンビニに寄って頂いてもいいですか?」と聞く。
私はコンビニの駐車場に車を停め、彼女を待った。
3分程で戻ってきた。

すると、「どうも、すみません。あの~三輪さん、前に座ってもいいですか?」と聞く。

「いいですよ」と返事をし、彼女は隣に座った。

道中、世間話をし会話を弾ませた。
彼女の自宅が近くなった頃、彼女は「三輪さん、お時間有ります?宜しければドライブして頂けませんか?」と言う、私は更に期待を膨らませた。
車を方向転換させ、高速道路に向かった。

「ご主人、大丈夫なんですか?」と尋ねると、旦那は旅行で子供らは実家に行っているらしい。

まだ、8時過ぎ、時間は十分あった。
車はインターチェンジから高速に入り隣町に向かう。

「伊藤さん何処まで行きます?」と尋ねると、
「三輪さんにおまかせしますわ、それに私、典子です」と言った。

私は冗談で「そんな事いうと変な所へ行きますよ」と言うと黙って微笑んだ。
私は次のインターで降り、近くのラブホテルに飛び込んだ。

「いいんですね」と再確認する、彼女は黙って頷いた。

部屋に入ると、どちらともなく抱き合い、唇を重ねた。

彼女は積極的に舌を絡めズボンの上から股間を擦ってきた。
そのままベッドに倒れこみ、彼女の衣服を脱がす、体は細く、色白、紺色のブラジャーをたくし上げると38歳とは思えない形のいい巨乳があらわになる。
私は乳房を舌で愛撫しながら、紺色のパンティーの上から股間を指でなぞると既にやらしく濡れ、染みが着いていた。
パンティーの中に指を入れるとグショグショ状態。

「典子さん、もう、こんなに濡らして」と愛液で糸を引いた指を見せると、
「いやっ、恥ずかしい、見せないで」と顔を隠す。

濡れた股間を更に舌と指で愛撫する。
段々声が大きくなる。
更に指で激しく出し入れすると「あんあぁ・・・いくいく・・・あん・・あぁいい・・」と普段の彼女から想像できない声を上げ潮を吹いて果てた。
初めて見た潮吹きであった。

「今度は私のをお願いします」と、彼女の顔の前でズボンを脱ぎ既に勃起しているペニスを見せた。

彼女は絶句していた。

「おっきい、おっきいわ、主人のとは比べ物にならない」と言いながら口を大きく開け咥え込んだ。

「うぅ・・、三輪さん、凄ごっいい、大きいし、それにこんなに固い、私、もう我慢できないぃ~」

私をベッドに寝かし、自ら脚を開き、自分のオマンコにペニスを沈めた。

「あぁ~ああん~あぁ~すご、すご、凄い~、奥まで、あん、奥まで当たる~」

彼女は激しく腰を振る。

彼女の締め付けもよく、ペニスに吸い付いてくる。
体位をバックに変え、後ろからリズミカルに突き刺す。
彼女は激しく悶える。
そして、正常位に変え、数分(?)、数十分(?)後、我慢出来なくなり彼女の胸の谷間に射精した。
彼女も同時に果てた。

彼女はベッドの中で以前から、年下の私(35歳)を気に入ってくれていたこと、今日の行動は計画的だった事を話してくれた。
少し休憩し共に入浴。
浴室でもう一回交わり、その夜は別れた。

彼女は私のペニスの虜になり、その後連絡を取り合い、密会しているのは言うまでも無い。