嫁の同僚とセックス

この体験談は約 2 分で読めます。

この間、うちの嫁さんの同僚とセックスした・・・。

バツイチで27歳。
なかなか色っぽい感じの女。
3人で居酒屋に行った時のことだ。

「アンタの旦那、メチャ好みや、欲しいなぁ」と、ウチの嫁さんに絡みだした。

初めは冗談だと思っていたが、嫁さんがトイレに立った時、俺の手を握り締め、潤んだ瞳で囁いてきた。

「なぁ、今日私の家に来ない?一緒に飲もうよぉ!」

冗談みたいな口調だったが、本気だったらしい。
かなり酔っぱらった嫁さんを、うちのアパートに送り、彼女を家まで送った時、俺の手を握り締めたまま彼女はこう言った・・・。

「なぁ、寂しいよぉ・・・。もう少し一緒に飲もう!」

女好きの俺に否は無い。
そっと抱き寄せ、キスをした。

離婚して1年。
かなり寂しかったらしく、凄い求め様だった。
透き通るくらい白い肌をくねらせながら俺のペニスを口で奉仕する。
まだ子供を産んだ事の無いアソコは形も崩れておらず、新鮮だった。
69で長い間愛撫し合った後、じっくりとなぞる様にペニスでアソコを愛撫しながら、徐々に挿入・・・。
かなり締め付ける・・・。
奥まで入れていくと、腰を突き上げてすすり泣く。
激しく唇を求めながら、俺の名を呼ぶ。

唾液を啜りながら、

「あぁ・・・気持ちイイ・・・したかったよぉ・・・アンタと・・・」

ビショビショに濡らした股間を激しく擦り付け、何度も何度も愛液を吹き出し、絶頂の快感に溺れる彼女を見ながら、俺も我慢できず、彼女の口の中に大量に精液を注ぎ込んでしまった・・・。
嫁さんでは得られない征服感。
精液を味わいながら飲み干す女に、また感じて、何度も犯し続けてしまった・・・。
合い鍵を受け取り、体中にキス・マークを刻印して、彼女の家を後にした。
泥酔していた嫁さんにはバレなかったのでホッとした。
週二回は彼女の家に行き、セックスを楽しんでいる・・・。

妊娠はさすがにマズいから、今はピルを常用している。
いつでも「中出し」。
俺の精液まみれでヒクヒクしているアソコを見ていると、また挿入して何度も犯してしまう。
ホントに美味しい生活だ・・・。

正直に言って、俺にはもう一人「恋人」がいる・・・。
その娘は21歳で、俺が軟派して処女を奪った女だ。
この間、初めての絶頂を体験して、調教中・・・。

中年には、3人の相手は辛い。
でも、この中の女は誰にも渡さない。
俺の色に染めてしまってるからだ。

体力が続く限り、頑張って励んでみよう。