妻と義弟が見ている前で義妹に種付け・前編

この体験談は約 3 分で読めます。

私には寝取られ癖はありませんが、奥様が寝取られて悦ぶ男性の投稿を読んで、そのような性癖の存在は知っていました。
私は、そういう寝取られ嗜好という性癖は、男性に特有のものであると思っていました。
しかし、私の妻にはこの寝取られ癖があったのです。

妻は清楚な大和撫子で、慎ましい美人です。
天使のような美しさに一目惚れして、マメにアプローチを繰り返して結婚まで至りました。
清楚で真面目な妻は、妻自身が私以外の男性に抱かれることは身の毛がよだつと言います。

しかしある日、「この世には自分の奥さんを他人に抱かせて興奮する、寝取られ癖の男がいるんだって。俺にはとても信じられないよ」と言ったら、「私・・・なんとなくわかるような気がする・・・」と言いました。

私が妻以外の女性の膣に生の陰茎を挿し込んで腰を振り、私に抱かれた女性が喘ぎ、その女性の膣内に私の精液が注がれる場面を想像すると興奮すると言いました。
私も男なので、絶対にバレなければ浮気してみたいとは思いますが、リスクが高いし、愛する妻を悲しませたくないので、結婚以来11年間一度も浮気はありませんでした。
それが7年前、私が38歳の時に35歳の妻から申し出があり、結婚11年で初めて妻以外の女性と性的な関係になりました。

そのきっかけが義弟の性癖でした。

妻の3歳年下の弟が、これまた寝取られ癖があり、奥さんを他の男に抱かせようと執拗に説得して、困り果てた義妹が耐え切れず妻に相談したのです。
妻は、これをまたとないチャンスと捉え、自分の性癖に義弟夫婦を巻き込んだのです。

当時、義弟夫婦は結婚4年。
義弟の2歳年下で当時30歳のお嫁さん、つまり義妹は可愛い女性で、子供も生まれたばかりで幸せな家族でした。

妻と義弟に説き伏せられた義妹は、ついに私に抱かれることになったのです。
双方の子供たちを義父母に預け、私達2組の義兄弟夫婦はラブホへ向かいました。
当時30歳の義妹は名前を『奈央』と言い、ほんわか可愛いロリ顔で、正直抱いてみたいと思いましたし、出来れば手籠めにしたくなる嗜虐の心が芽生える女性でした。

妻と義弟の目の前で、私と義妹の奈央が裸になり、恥ずかしがる奈央の手を引いてガラス張りの風呂で義妹の奈央の華奢なロリボディを悪戯しながら洗いっこしました。
ベッドに移って奈央の両足首を掴んで思い切り広げ、義弟の愛する奈央の女陰を広げました。
まだ30歳なので女陰は崩れかけ程度の変形でしたが、外見が幼いのでそれでもアンバランスな感じがしました。

「お義兄さん、恥ずかしいからあんまり広げて見ないでください・・・」

奈央は羞恥に赤く染まった顔を両手で覆いながらも、8歳年上の私のしつこいクンニにやがて感じて濡れていきました。
フェラチオも、時々義弟をチラ見しながら恥ずかしそうにしていました。
いくら何でも生はマズいとコンドームに手を伸ばすと、妻と義弟が、「そのまま、そのまま・・・」と言うので、奈央に義兄の生男根をズッポシ突き刺しました。

「んぅん・・・」

女穴深く入り込んで暴れる男根に、感じながらも喘ぎを我慢してひたすら呻くだけの奈央がいじらしくて可愛くて、いっそこのまま中出ししてやろうかと更に嗜虐心が掻き立てられました。

ジュッポ、ジュッポ、ブジュッ、ブジュッ・・・。

結合部が妻と義弟に見えるように交わり、噴き出る牝汁を姉弟に見せつけました。

「ん、ん、ん、あ、あ、あ、あん、あん、あん・・・」

義兄の生男根の抽送に、たまらず喘ぎ声を上げた義妹奈央・・・。
可愛いその喘ぎ顔に唇を寄せながら、腰をグラインドさせました。

「あぁぁぁぁーーーーーー・・・」

募る射精感に激しく奈央を揺さぶり、奈央から男根を抜いて、ドッピュピュピューーーっと奈央の全身に精液を浴びせました。

ふと後ろを振り返ると、愛する夫、愛する妻、それぞれ別のパートナーとセックスさせて、嫉妬と興奮の入り混じった表情でそれを眺める妻と義弟がいました。
その切なそうな恍惚を見て、もしかして、妻と義弟は嫉妬を抱くことでマゾ的な快感を得ているのではないかと思いました。

<続く>