不倫の魅力の前では常識は無力

この体験談は約 3 分で読めます。

不倫ってよくないことだとわかっているんだけど、人を好きになってしまうと、常識とかって考えられなくなってしまうの。

どの視点から見ても婚姻の威力は強い。

奥さんに訴えられたらまず、勝ち目はない。

不倫のリスクは大きい。

──そんなことはわかってる。

・・・でも、やめられないの。

愛人と呼ばれる人はお金も受け取っているんでしょうけど、わたしはただの不倫です。

正直、彼は自分の自由に出来るお金をあまり持ってない。

でも、彼に会いたくなるんだ。

彼と話がしたいし、彼とどこかへ行きたいし、彼とセックスもしたいって思うの。

彼とのセックスは・・・たぶん、ノーマル。

どちらかといったか彼のほうに主導権があって、わたしは彼の愛撫するまま、要求するままに、受け入れるの。

でも、ときどき不意をついてしゃぶってあげてる。

そうなるとシックスナインになって、彼は舌先で責めてくるの。

気持ちよくなって、喘ぎはじめて、ペニスのことがおろそかになって、結局、わたしのほうが根負けしちゃう。

ノーマルといっても、ネクタイで手首を縛られたりもするんだ。

頭の上に腕を上げて、カットソーで顔を隠されて。

いっつも目を瞑って彼の愛撫を受けているくせに、隠されるとなんだか不安なんだよね。

「わざとでしょ」って言いたくなるくらい指先がそろそろと触れて、ただでさえくすぐったがりのわたしは、覚えがないくらいに躯をくねらせていたのだと思う。

乳首に指が触れるとたまらなくなって、藻掻いた。

「暴れすぎだよ。シーツがくしゃくしゃだ」って言われた。

「ううん・・・くすぐったい」

彼は閉じたわたしの足を広げて、内股をなぞり、波線を書くように舌を這わせて・・・ゾクゾクして、クリトリスさえ触ってないのに、とろとろ蜜が溢れてきて・・・。

腰がうねり出すと、縛った手をそのまま上から押さえ込み、彼はのしかかるように入ってきた。

「あっ」と息を呑んだら、顔が見たくなったみたい。

手を押さえながら顔を覆った部分だけを露出させたの。

彼の顔が間近にあって、恥ずかしくなって思わず顔を背けたけど、あれだけ焦らしていたくせに激しく突いてくるから「ん・・・あっ。んんん・・・」って、口から漏れてきた。

なのに、彼は余裕で腰をつかってくる。

「イイのか?声が上擦ってるぞ」

「イヤ・・・そんなこと、んんっ、言わないで・・・」

「だって、気持ちよさそうにしてるの、嬉しいんだよ」

もう、わたしは溶けそうに気持ちよくなった。

「ほらっ」

「ああっ・・・イイッ!ンッ・・・ダメよ・・・イッちゃいそう」

「いつでもイッていいんだよ。・・・んん?これが好きなんだろ?」

恥骨の上で腰を滑らせて突き上げる。

「ああっ!」

悲鳴のような叫び声をあげると、そのまま激しく貫いた。

膣が締まってきて摩擦が強くなると、失神しそうなほど上り詰め、わたしは果ててしまった。

そして彼は、ネクタイで縛ったままの手にペニスを握らせ、フェラチオをさせた。

わたしは両方の手で包み込み、先端を含んで吸った。

彼はわたしの乳房を触り、ピクッと反応してしまうのを見ながら、口の中に放出させるのだ・・・。

タイトルとURLをコピーしました