北海道のとある無料露天風呂で

この体験談は約 2 分で読めます。

以前、北海道へ一人旅をした。

ある無料露天風呂に入ったときのこと。
温泉に入ろうとした時は昼間にもかかわらず先客が無く私一人の貸切状態でした。
しばらくすると女子大生位の子が2人入ってきました。
そこは混浴でなおかつ脱衣所が無いので私の存在を知って退散するのではと思ったら、意外や意外。
タオルで隠すことなく堂々と服を脱いでいるではありませんか。
逆に私の方が恥ずかしくなるくらいでしたが、彼女たちは私に「失礼しまーす」って明るい声で言いながら入ってきました。

最初からこんな雰囲気だったので、ためらいも無く私から「どこから来たんですか?」と言う会話から始まって結構話が弾み時間が過ぎていきました。
話によると2人は東京から来た女子大生I美とS子の共に18歳。
確かに肌に張りがある感じで体に付いたお湯が弾ける感じに見えました。

その間も彼女達はタオルで隠すことなくオッパイも丸見えだし、風呂から上がったときは、きれいなお尻もアソコの毛も丸見えだったので思わず興奮。
途中、ちょっとスケベな話にも載ってきたので、これはチャンス。
私はエッチしてみたくなってきました。

その後、私は「2人共大きい胸だね」と言うと、「それほどでもないよー」と言ってたので、私が「じゃ触っていい」と言うと、I美は「ちょっとだけなら」と大胆発言した。
私はI美の胸を掴んでみる。
少し抵抗する素振りを見せたのだが。
確かに形もよく確かに張りがある。

私は辺りを気にしながら、ずーっとI美の胸を優しく揉み続け、乳首を愛撫すると彼女は感じているようだった。
それからS子の胸も揉み始める。
I美と同様の柔らかさ。
私は勢いでI美とDキスをし、さらにオッパイとアソコも舐め回した。
I美のアソコから出る愛液をしっかり味わいました。

つづいてS子ともDキス。
I美と同じように攻めてあげました。

2人の18歳の身体を味わった後は、風呂から離れた所に行き、I美とS子の2人にフェラチオをしてもらう。
I美はねっとりフェラ、S子は少しぎこちないけどそこが良かったかも。
最後はI美の手コキとS子とのDキスでイキました。

それから3人で街へ出て、飲みに行きました。
すっかり意気投合して私も彼女達も泊まる所を予約していなかったので3人でホテルに泊まることに。
その日の夜はI美とのSEX、S子とのSEX、次に3Pを1回。

S子はその後寝てしまったので、I美とさらにもう1回SEXをしましたが、ゴムを使い切って無くなったので勢い余ってナマでやりました。
メチャクチャ締りが良かったです。
I美の太ももに精子を出して最後はお互い抱き合い激しいキスを交し合いました。

そして朝が来てホテルをチェックアウト。
お互い旅の無事を祈りつつ別れたのであった。
最後に、2人の連絡先(携帯番号等)聞くのを忘れたのが惜しかったが。