保健の先生に顔射してしまった小6の夏休み

この体験談は約 2 分で読めます。

初射精が小学生の時の保健の先生だった。
やったわけではないし、事故に近い話なんだけど、先生の顔と手に出しちゃったんだ。

小6の夏休みの水泳教室の時、途中で寒気がして気分が悪くなって保健室に運ばれた。
中には保健の先生がいた。
自分は水着を着ていたから濡れてたので、着替えて横になるように言われた。
でも気分が悪くフラフラしてるし、水着の紐が固結び+水を吸って解けなくてもたついてしまった。

すると先生が「やってあげるよ」と来て自分の前にしゃがみ、水着の紐を解き始めた。

でも本当に固くなかなか解けない。
当時はまだ性教育程度しか性の知識はなかったけど、下半身近くを触られていて、目の前でしゃがんでる先生はノースリーブを着ていたため胸元が上から丸見えで、少しずつ勃起し始めてしまった。

先生「あ・・・」

先生は一瞬固まってしまい、自分は罪悪感から半泣きになってしまい・・・。

「ごめんなさい」と謝ると、先生は慌てて「大丈夫だよ」とまた紐を解き始めた。

紐を解こうと動かす度に水着も動きアソコを刺激するので勃起は収まらないし、少しずつおしっこをしたい感覚になってきた。
勃起は収まらないし、その感覚で不安な自分は相変わらず半泣き状態。
それから1、2分で紐は無事解けた。

先生は半泣きの自分を見て、「ほら冷えるから脱いじゃおう」と脱がしてくれた。

その時でした。
水着を脱がす時に生地がアソコを一気に擦ったのと脱げた解放感からか、一気に尿意に似た何かが出る感覚が込み上げてきて・・・。

ビビュッ!

物凄い勢いで精液をぶちまけてしまった。

先生「キャッ」

小さな声を上げ、慌ててまだ2波3波と精液が出てるアソコを手で塞いだ。
自分はその脱力感から腰が抜けたように座り、先生を見ると顔と首、胸元に精液が付いていて、手にもべったり精液がついていた。
それを見て凄くいけない事をしたと思った自分は、また泣き出してしまった。

先生はそんな自分を見て優しく「大丈夫、◯◯君が元気な証拠だよ」と言ってくれて、先生は自分に付いた精液を落とすより先にウェットティッシュでアソコを拭いてくれました。