ミニスカ生脚JK2人のお尻が目の前に

この体験談は約 3 分で読めます。

今朝は山手線の人身事故の影響で、振替輸送やってる路線とかも、まとめて遅延してたんだ。

俺は毎朝、地元駅で決まった場所、時間に同じ電車に乗ってるんだが、その同じとこに必ず乗ってくる超ミニスカートに生足、激カワなJK(有村架純そっくり)がいるんだな。

いつもはその子を15分程視姦するだけで満足していたんだが、今日は遅延の影響で大混雑だ。
その子はいつも1人で電車に乗ってるんだが、今日はダイヤの乱れの影響もあって友達(丸高愛美似)と2人だった。

俺はこれはチャンスと思って電車に乗り込むと、なんとその2人の尻がちょうど俺のそれぞれの手の前に!!
ちなみに左手側が丸高、右手側が有村だ。

最初の5分は様子見で、手の甲を2人のお尻に軽く押し当てる程度。
2人は全くの無反応だったし、2人の間に会話もなかった。
これはいけると確信した俺は、まずは丸高に本格的に狙いを定めた。
そーっとスカートを捲って生パンをさわさわしようとしたら・・・。

(?!)

何やらもう一枚スカートみたいなものがある。
もう1回捲ってみたら、さらにもう1枚あった。

(そういう下着のデザインなんだろうか?)

・・・とか考えながら、全部捲って左手で生パンを軽くさわさわ。
この時点ではまだ特に気付かれてはいなかったはず。

次に太ももの内側を軽く撫でる。
ここで初めて痴漢されてることに気付いたようで、軽くビクッとなったがお構い無しに撫で回す。

十分に堪能したので、次は狙いを有村に。
俺的には普段見ているだけでかなり満足していた子なので、こっちが本命。

この子はスカートを捲るとすぐに生パンを触ることができた。
丸高と同じ手順で太ももを撫で回すも全く反応がない。
今朝の俺はやりたい放題だったみたいで止まらなかった。

太ももの次はパンツを引っ張って、Tバック状態にして生尻をモミモミ。
まだ反応がなかったので、俺は生で手マンできるんじゃないかと思ってしまった。
そこで俺はパンツの布地を人差し指で少し横にずらして、中指で生マンを堪能しようとした。

人差し指をパンツにかけた瞬間、少し濡れているのがわかる。
中指を当てるともうぐちょぐちょになっている。
俺の息子はバッキバキに勃起していて、正直足も少し震えていた。

そのまましばらく割れ目を指でなぞっていたが、彼女らが降りる駅の1つ前の駅に電車が止まった。
ここで俺は勝負をかける。

一時的に混雑が緩和され、またぎゅうぎゅう詰めになる前に、俺は丸高の方から有村の方へと体をずらし、完全に狙いを定めた。

左手をズボンのポケットに入れて、ズボンとパンツ越しに息子をしごきながら、右手中指は有村のアソコに出し入れという夢のシチュエーション。
俺は寸止めしようと思ったが、そのまま盛大にパンツにぶちまけてしまった。

最後に右手中指だけでなく人差し指も入れて、軽く指を曲げるような動きを繰り返したところ、ようやく有村が拒むように腰を少しくねくねさせてきたので、そのまま指を抜いて人差し指に付いたマン汁を太ももに軽く塗りつけておしまい。