居酒屋で泥酔した妻が若い男達にお触りされた

この体験談は約 4 分で読めます。

暑い夏が今年もやって来た。
最近起きた出来事を聞いて欲しい。

子供が、夏休みに入り、妻の実家に遊びに行った。
同年代の友達が居るからだ。
毎年、実家で1週間くらい泊り、帰って来ないのだ。

週末の夜、その日も暑い日で、妻と久々に居酒屋で夕食をすることにした。
妻は、タイトスカート(短め)にタンクトップ、その上にレースのカーディガンを着て、化粧もバッチリ決めていた。
居酒屋に入り、奥の個室に席を取り生ビールとツマミを頼むと“かんぱーい”と始まった。
まぁ世間話をしながら、酒も進み週末の開放感の影響もあってかなり酔っていた。
妻がヨロケながらトイレに向かい、暫くすると戻って来た。
私も何となく用を足したくなりトイレに立った。
トイレに入ると若い人が2人いて、変わる様に用を足していると、2人が手を洗いながら話し始めた。

「さっきの女性、俺好みだったよな」
「あ~さっきトイレに入った女?」

「あんな人とヤリて~よ」
「確かに、色気ムンムンだったもんな。人妻だろ!何歳くらいかな?」

「俺は27歳くらいだと思う」
「そうか?もうちょっと上じゃない?」

「あのムッチリしたお尻は最高だよ」

「口説いちゃうか?」
「無理無理」

そんな会話に私も聞き耳を立てていた。

(どんな女性なんだろう?さっきって妻も見ているかも知れない。)

トイレから戻ると、妻にちょっと聞いてみたが、誰も居なかったと言うのです。
何となく気にしながら、妻とまた酒を交わしていた。
妻がまたトイレに立つと、なかなか戻って来なかったので、私は1人、眠気と戦っていた。
所々、記憶が飛び、妻がいつ戻ったかも定かではなかったが、目を開けると妻が私の肩を叩いていた。

なんとか目を開けると、妻の後ろに男の影が見えていた。
ボンヤリする目を擦りながら、よく見ると、さっきトイレで会った若い男性だった。
個室に妻と入って来て、何故か一緒に飲む事になった様だ。
もう、私はすっかり酔って、冷静に考える事も出来ず、ただ妻達を見ているくらいしか出来なかった。

「奥さん、さぁ飲んで飲んで・・・」

「はいはい!飲みますよ」

「一気!一気!」

そんな掛け声に妻も調子に乗って一気していた。

「奥さん本当綺麗ですよね!」

「またまた、上手ねぇ。こんなおばさん褒めても何も出ないよ」

男達に褒められて上機嫌な妻だった。

妻もだいぶ酔い、姿勢が崩れミニスカートからはパンティが見えていたんでしょう。
男達の屈む様に覗く姿が見えていた。
妻も酒で暑くなったのか、カーティガンも脱ぎ、タンクトップ姿になっていた。
胸の谷間がモロに見え、屈む度に胸が半分くらい見えている。

妻がトイレに立つと男達がコソコソ話し始めた。

「凄ぇ~、もうヤリて~よ。今日持ち帰りか!」

「旦那さん居るんじゃないか?」
「酔い潰れているから大丈夫だろ!」

「しかし、いい女だよなぁ、あの尻にぶち込みて~」
「もっと飲ませてお触りタイムですかね」

ボンヤリと目を開けているが、目の前には妻のバックとカーディガンがあって、彼らからは私の顔は良く見えない様だ。
確かに記憶が飛んでしまうくらい目が回っていたが、彼らの行動が気になり根性で意識を保たせていた。
妻が、ヨロヨロしながら部屋に戻って来て・・・。

「あ~もう駄目!酔っちゃった・・・」

そう言ってその場に倒れこんだ。

男達は、ここぞとばかりに妻に寄り沿い、「奥さん大丈夫!」と言いながら体を触りまくっていた。
妻は、もうダウンで全く反応しないもんだから彼らは胸を揉み始め、タンクトップを捲り上げ生乳を出し始めた。
ボヨ~ンと飛び出すDカップが彼らの手によって揉まれ、舐められた。
それでも起きない事を良い事に、スカートも捲り始め、パンストの下にエッチなパンティがお披露目となっていた。
パンストを下げ始め、パンティを横にズラすと薄い毛がチラッと見え始め、彼らは興奮し匂いを嗅いでいた。

私がワザと“う~”と声を上げると、咄嗟に彼らは妻のスカートを直し、知らないふりをかましていた。
彼らが私を確認し、寝ていると分かると妻のスカートに手を伸ばし、また捲っていた。
パンストと一緒にパンティも下げられ、ピンクの綺麗なマンコが現れた。

彼らは匂いを嗅ぎ、「ん~ちょっとオシッコ臭い・・・でも濡れてるんじゃねぇ」と指を這わせた。

「う~ん」と、妻が体勢を変え、うつ伏せになると、彼らは妻の腰を持ち上げお尻を突き上げた。

何とも色っぽい格好だろう!
それと同時に“ヤバいかな”と感じていた。

彼らは、お尻に顔を埋めようとしたので、私はムクッと起き上がった。
彼らは焦りながら、妻の腰を下ろし、必死に下半身を隠そうとしていた。

「あ~、トイレ!」

そう言って立ち上がると、フラフラとトイレに向かった。
急いで用を足し、部屋に戻ると彼らの姿は無かった。
妻の服装も直されていて、ぐっすりと眠る妻だけだった。

タクシーを呼び、妻を何とか抱えながら家に戻った。
家のソファーに妻を寝かせると、スカートから伸びるムチッとした足にムラムラ来て、スカートの中を覗いた。
パンストの中に見えてきたのは、薄いマンコの毛だった。

(ん~?)

もう一度確認し、パンティを穿いていない事に気づいた。

居酒屋では、確かに黄色い色っぽいパンティが見えていた筈だった。
その後、私も記憶が無く、気づいた時には妻同様ソファーに寝ていた。
その時、ようやく彼らに妻のパンティを取られた事に気づいた。

妻も目を覚まし、夜のことを思い出しているが、途中でぶっ飛んだようだ。
パンティが無くなったことは、お互い笑い事で済ませたが、妻が他人に悪戯される姿を思い出すと、変に興奮する。
妻も30歳だが、「私もまだまだいけるのかしら!」って満更でも無い感じだった。

また、近いうちに居酒屋に行く予定だ。
そして次は妻を・・・。