出会い系で見つけたOLとヤリコン

この体験談は約 7 分で読めます。

2~3年ぐらい前の出来事なんですけど、当時、私達は毎週のように合コンをやってて、多い時には週に二回ぐらいの割合で開催してました。

合コン相手のネタは尽きず、むしろ女の子が合コンの順番待ちをしてて、私達はそれをこなしていく感じでした。
で、当然お持ち帰り率も異常に高く、調子のいいときには全員、そうでなくとも7~8割の確率で誰かしらは最後までいってました。

合コンの相手は毎回バラエティーに富んでいて、一番多かったのが普通のOL、その他では女子大生やコンパニオンやエステティシャン。
あと案外スッチーも多くて、国内ではJ◯L以外の航空会社全て、あとは海外の航空会社のスッチーとも合コンしました。
変わったところでは保母さんやレースクイーン、女性起業家やキャバ嬢なんかとも合コンしました。

因みに一番高飛車だったのはJ◯Sのスッチーです。
J◯Sのスッチーは可愛くてノリが良くてエッチな子が多いんだけど、なんか自分を特別な存在だと勘違いしてるような子ばかりでした。
具体的に言うと、積極的に自分から誘ってきて、それを断ると、「えっ、私が誘ってるのに!?」なんてはっきり口に出して言っちゃうような感じ。

そんな合コン生活に少し食傷気味になってきてた頃、世間で流行り始めたものがありました。

iモードの出会い系サイトです。
私はすぐに飛びつきました。

仲間内の紹介合コンは、毎回ハズレはないんだけど、合コン前のドキドキ感が足らないというか・・・。
その点、出会い系で知り合った子達と合コンするのは、合コンの場で初対面ということで、それはもう変なドキドキ感で一杯でした。

で、その出会い系サイトで知り合った子と約束を取り付け、合コン当日を迎えました。
♂5・♀5の合コンで、場所はいつものダイニングバー、相手の子達は某通信関係会社のOLでした。

私とやりとりしてた子がAちゃんですが、Aちゃんは顔は普通だけど、とにかく乳がでかい。
Bちゃん、Cちゃんはスレンダーで普通に美人だが、どうやら二人共彼氏持ち。
Dちゃん、Eちゃんは顔は普通だがスタイル良く服装はギャル系、どうやら最年少らしく先輩達に気を遣ってました。

野郎共は私の後輩のTと、残りは三人の愉快な仲間達。
(今回の話にはこの三人は関係無いので省略)

女の子達はスゴイはしゃぎ様で、合コンは序盤から多いに盛り上がりました。
(後から聞いた話ですが、彼女達は頻繁に出会い系合コンを開催していたのだけど、毎回オタクみたいな変な男達としか巡り会えなかったので、私達と会った瞬間「当たりだ!」と心の中でガッツポーズをしてくれていたそうです。)

山手線ゲームや10円ゲーム等の合コンご用達ゲームで、セオリー通りに女の子を酔わせつつ、個人データを聞き出し、王様ゲームが始まる頃にはエッチなムードに場が染まっていました。
その頃には彼氏持ちのBちゃん、Cちゃんも、参加男性全員とキスするようになっていて、Aちゃんに至っては泥酔一歩手前で目線が定まっていない感じでした。

王様ゲームでは、野郎共は全員通しサインを使用してますから、もちろんハズレはありません。
何巡か目で私が王様になったとき、全員を男女のペアに振り分け、「男が女のオッパイを舐める!」という命令を下しました。

皆はゲラゲラ笑って、恥ずかしそうに舐めるふりをしていただけでしたが、私とペアになったAちゃんは、「え~、やらなくちゃいけないのぉ。恥ずかしいよ~」と、完全にされるがままの酔っ払い。
私は一応Aちゃんを壁向きに立たせ、他の人からはオッパイが見えないように気を使いつつも、「王様の命令は絶対w」と言って軽く押し切り、Aちゃんの乳首をチュッパレロしました。

みんなのいる場、しかもダイニングバーの店内なのに、Aちゃんは「あっ、あぁっ」と声をあげて感じだし、身をすくめるような体勢になりました。
私達のテーブルはみんな酔っぱらっていて、私がAちゃんの乳首を本気舐めしてることに誰も気付かなかったのですが、流石に他のテーブルのお客さん達には見られていて、軽く引き笑いされてしまいました。

私はそれまで彼氏持ちのCちゃんを狙ってたのですが(この時点でCちゃんとは軽いキス止まり)、10円ゲーム時に「会ったその日にはエッチしたことないで~す」と言っていたCちゃんよりも、この酔っ払い“美巨乳Aちゃん”なら確実にヤレルと判断しました。
心の悪魔も『パイズリできるぞ~』と誘惑します。

しかし、スレンダーで美人なCちゃんへの未練が捨てきれない優柔不断な私(汗)
結局、Aちゃんの喘ぎ声で店主から、「◯◯さん、王様ゲームは終了してもらえませんか。他のお客さんもいるんで(苦笑)」と、イエローカードをもらい、除に一次会は終了。

場所を変えて二次会ということになりました。
タクシーと私の車に分乗し、そこから5分くらい先にある青山のクラブに向かいました。
私の車にAちゃんとEちゃん、後輩のTが乗り込み、他の人達はタクシーです。
クラブ前に付きタクシー組と合流したのですが、Aちゃんだけが車から降りてきません。

「私、◯◯さんの車で寝させてもらってるから、みんな行っていいよ~(涙)」

そうAちゃんは言うのですが、女性陣は「そんなに酔っぱらってるのに置いて行けないよ~」と口を揃え、一気に場が白けムードに。
その瞬間、私のエロい脳内コンピューターが、エロの為の最善策を弾き出します。

「じゃあさ、俺とTでAちゃんを看病するよ。Tの家は目黒だから、ここから近いし」と、あくまで伸士的に提案。

しかし女性陣はなかなか首を縦に振りません。

そこで、「私もついて行きます。Aさん一人をほっとけないですから」とナイスアシストのEちゃん。

私はここで一気に畳み掛け、「Tの家は実家で両親も寝てるし、夜中に女の子に変な事出来ないから大丈夫(笑顔)。Eちゃんも一緒に来てくれるし」と、下心が無い事をアピール。
(※ホントはTは一人暮し)

ここで女性陣も完全に私を信用し・・・。

「じゃあ◯◯さん、宜しくおねがいします~」と申し訳なさそうに頭を下げます。

「いいよいいよ、気にしないで。みんなは楽しんできてよ(あくまで爽やかに)」と私。

しかし、この期に及んでもCちゃんが気になる私。

私はCちゃんを引っ張って皆から少し離れ、「後で電話するね」と甘く囁きます。

Cちゃんも私を見つめ、「うん、電話して」と満更でも無い様子。

私はCちゃんと別れを惜しむようにキスしまして、その場を後にしました。
結局、残ったみんなはここでお開きになったそうです。

Tのマンションに着き、とりあえずAちゃんをベッドに寝かせます。
すぐさまEちゃんの携帯にCちゃんからのコールが入りだします。

Eちゃん曰く「◯◯さんと私達がエッチしちゃってないか気になるんじゃない」とのこと。

「大丈夫ですよ。今、Aさんを寝かしつけましたから」

・・・と、Eちゃんは電話口のCちゃんに答えますが、しばらくの間、切っては鳴り、切っては鳴りが続きました。
そんなCちゃんからのチェック電話も収まり、私達は寝ることにしました。

私はEちゃんとベッド脇の床に寝転び、Tはベッドで寝ているAちゃんの横に滑り込みます。

私はEちゃんと自然にキスしてました。
そのままの流れで耳や首に舌を這わせ、オッパイを揉むとEちゃんは喘ぎ出します。

「ダメだよ~、Tさん達に聞こえちゃうよぉ・・・」

こんな狭い部屋、近い距離で聞こえちゃうも何もないもんだ。

「ベッドの上見てみな。T達エッチしてるから」

なんと、TはAちゃんにいきなり挿入してました(笑)

「え~っ!ほんとにヤッてるの!?」とEちゃん。

「あっ・・あぁ~ん・・・」

次第にAちゃんの喘ぎ声が大きくなり始めます。

私はEちゃんに向き直り、服の上からブラのフックを外し、キャミをずり下げて生乳と御対面します。

「恥ずかしいよ~」とEちゃん。

しかし私は構わずBカップの小振りなオッパイを舐め回します。
段々息が荒くなり出すEちゃん。

私「ねぇ、口でしてよ」

E「やだよぉ、恥ずかしいよ~。Tさんに見られちゃうじゃん」

私は構わずパンツを脱ぎ、いきり立ったチンポを突出します。
と、Eちゃんは素直に下半身の方に移動してパクッとチンポを咥えてくれます。
なにも言わなくても普通に玉袋まで舐めてくれるEちゃん(キャミが腰までずり下がりエロい姿)。
笛吹くみたいに横舐めしたりと一生懸命ナメナメしてくれます。

(こいうフェラって今時の若い娘たちには常識なの!?)と驚きながらも気持ちイイ。

私も負けじとEちゃんの股間に指を滑り込ませます。
Eちゃんのアソコは既に濡れ濡れで、私が中指を曲げてGスポットを刺激し、親指でクリを攻めると、「むぅ~!むぅ~・・・!!」とチンポを口一杯に頬張りながら喘ぐEちゃん。

ベッドの上ではTが両手でAちゃんの巨乳を回すように下から持ち上げ、正常位でガンガン突いてます。
その度に激しく上下する巨乳に合わせ、Aちゃんの喘ぎ声も大きくなります。

T「先輩、美巨乳っすよ!なんか彼女の中すごい濡れててヌルヌルします!」と興奮気味。

Aちゃんにも、「ねぇ、気持ちイイ?」とか聞いています。

私はEちゃんを隣に寝かせて後ろを向かせ、寝たままバックで挿入しました。

「んっ・・・ん~」と溜息のように喘ぎ、そのあとは、「きゅん、きゅん」というような甲高い声でハァハァするEちゃん。

身長155cm位しかないEちゃんのアソコは良く絞まります。
バック・騎乗位・正常位・松葉崩しと、様々な体位でEちゃんを堪能しました。

私はチンポが長くてカリが張っているのですが、Eちゃんはそんな私のチンポを気に入ってくれた様子で、「◯◯さんのスゴイっ!アタる!気持ちイイ~」と感じまくりでした。
Eちゃんはすぐにイッてしまい、その後も何度も、「イッちゃうよ~!イクッ!!」と繰り返しながらイッてくれてました。
しかし、酒が入ると全然イかない私。

すると突然、Tが「ヤバい、イク!」と言ってAちゃんのお腹に射精し、シャワーを浴びに行ってしまいました。

私はAちゃんともヤッてみたかったので、Eちゃんからチンポを抜くとベッドに上がりました。
Eちゃんは床に崩れ落ちてハァハァ息を切らせてます。

仰向けに寝ているAちゃんのシーツを捲りチンポを挿入しました。
寝ていたAちゃんはすぐに目覚め、顔を横に向けたまま喘ぎ出しました。
Tとした後のAちゃんのアソコはヌルヌルで、すんなり奥までチンポが入りました。
Aちゃんの陰毛がキラキラ光っていたのが印象に残ってます。

私はAちゃんの両脚を抱え、更に深く挿入します。
AちゃんのアソコはEちゃんより緩いのですが、何故かすごく気持ちイイ。
その上、愛液が止め処なく流れ出してて、私の腹も太腿もシーツもヌルヌルです。
本当に凄いヌルヌル感で、私は一瞬、Aちゃんとの一体感というか結合感に酔いしれてしまいました。

私「気持ちイイ?」

A「はっ・あん・・キモ・チ・・イイ!」

私「イキそう・・イッていい?」

A「あぁっ・・中は・ヤメ・テ・・」

意外に冷静に外出しを希望するAちゃんに一瞬萎えかかりながらも、Aちゃんのお腹の上にたっぷりと出してしまいました。
少し中にも出ちゃったと思うけど、あんまり長時間やってたせいでチンポの感覚も薄いし、Aちゃんのヌルヌルのせいでよく分かりませんでした。

このあと、TとEちゃんとで3Pに突入するんですが、その話はまた後日ってことで。