ウンチしてるところを同級生に見られた

この体験談は約 2 分で読めます。

小学3年の時、学校から帰る時のことでした。
私は家に帰る途中に、お腹が痛くなりました。
うんこが漏れる寸前でした。

私はその時1人で家に帰ってましたが、後ろに同級生の男子達がいました。
雑木林の横を通った時、私は雑木林の中に入りました。
野グソをするためです。

雑木林の中に入り、野グソをするため、ズボンと下着を下ろそうとした時、「こんなところで何してるんだ?」と男子が声を掛けてきました。

「べ・・別に」

「もしかして、野グソでもするんじゃないか?」

「・・・」

「マジか?」

「そうよ。あっち行って」

男子達は、離れていきました。
私はズボンと下着を下ろし、しゃがみ、振り返りました。

男子達は、私を見てました。

私は排泄を我慢できず、排泄を始めました。
雑草がお尻に当たり、肛門に風を感じました。

男子達は、私の背後に近づき、覗き込みました。

「尻の穴が丸見え。尻の穴からうんこが出てくる。すげぇ~、くせぇ~」

お尻にうんこが当たり、私はしゃがみながら前に出ました。

おしっこを始めた時、男子達は、私の前に来て、割れ目を見ました。
排泄が終わり、肛門をポケットティッシュで拭く時、男子達は下から覗き込みました。

「いいもん見せてもらった。今日のことは誰にも言わないから。俺らの秘密にしといてやるよ。じゃあな」

翌日学校に行ったけど、約束は守ってるようで、誰にも言ってませんでした。