レイプ未遂をした男友達をかばう彼女に頭にきて・・・

この体験談は約 4 分で読めます。

俺(T):当時20歳(♂)。
M美:彼女、当時19歳(♀)。
W:M美の友達、当時19歳(♂)。

ちょうど3年前くらいの話。
夜10:00ぐらいにM美からメールが来た。

『Wが恋愛相談があるらしいから、今から会ってくる』という内容。

Wという男はM美と学校が小・中・高一緒で、時々付き合っていると噂が立つくらい仲がいいらしい。
「WはM美のことがずっと好きらしぃ」とも、M美の友達から聞いていた。
たまに気になってはいたけど、俺と付き合い始めてからM美はWや他の男友達と遊ぶのを控えていたし、俺も実際に会ったことはないからさほど気にならなかった。

でも恋愛相談って・・・、しかも二人きりだし。

当然心配でM美にすぐ電話した。

「・・・お前告られるんじゃねーの」
「なんで私がwそんなハズないやん」

「まぁいいや気をつけれよ」

・・・みたいな会話をしたハズ。
Wが自分を好きとは全く気づいてなかった。鈍感・・・orz

夜中の3:00ぐらいになってもM美から連絡が来ない。
(帰ったよ、とかM美は必ずメールしてくる)

1:00くらいに電話したけど出なかった。
4:00頃、M美から着信。

「もしもし」と何回か言ったけど返事がない。

しばらくすると、泣き声が聞こえてきた。
びっくりして事情を聞いてみると、どうやらM美は◯◯駅(俺んちの近く)の近くに一人でいるらしい。

「迎えに行くから待っとけ」と言って、俺は車で迎えに行った。

なんとなく感じた嫌な予感は的中していた・・・。

◯◯駅の近くの駐車場の隅にM美がいた。
ここら辺は人気がなく、街灯もない、危ない場所。
俺を見つけた途端に、M美は泣き崩れた。
何があったか分からなかったので、なだめながらとりあえず車の中へ。

車の電気をつけたら、何があったのかすぐ分かった。
ボタンが3つとれたブラウス、髪がぼさぼさ、手首にあざが出来ていた。
俺はすぐレイプと判って、怒りがこみ上げてきたけど、まずはM美を落ち着かせるのが先だと思い、ひとまず俺のうちへ。

泣きやんだM美に事情を聞く。
ファミレスで雑談して、車で送ってもらうときに駐車場に急に停まって告白された。
断ったら突然襲われた。
M美は必死で抵抗。
途中でWがハッと我に返りやめた(レイプ未遂)。
混乱していて、M美を駐車場に置き去りにして帰った・・・という事だった。

「警察に言おう」と言ったが、M美は頑なに拒否するので考慮して言わなかった。

泣き疲れたのか、M美はいつの間にか寝た。
でももう朝の8時くらいだったかな。
俺はM美の携帯からWに電話。
その間も怒りがおさまらない。
電話ではWはずっと謝ってくる。

「顔見て話さんとわからん。とりあえず俺んち来い」と言って、住所を言った。

Wは「仕事だから無理」とふざけた事を言っていたので、「休め」と言って無理矢理来させた。

俺の電話の声でM美が起きた。

「今からW呼んだけど、一緒におれる??」と聞いたら、「私もWと話したい」と言ったので、二人で待つことに。

しばらくするとWが俺のうちに到着。
俺はWが来るなり殴りかかってしまった。
今思うと大人げない。
M美がいる前で殴るなんて。
M美が俺を止めて、落ち着いてWに話を聞く。
以下会話形式で。

W「中学からずっとM美が好きで振られる覚悟で告白しました。それなのに振られると今までのことを色々思い出して、気がついたらM美を襲っていました。すみませんでした」

俺「全然意味わかんね。未遂に終わったけど襲ったのに変わりはない、それですまされると思ってんのか」

W「ずっとM美が好きだったんです・・・」

俺「だからなんなんだよ!!ずっと好きだったら襲ってもいいんか!!」

俺はWの腹を蹴り、Wが泣きながら咳き込む。

M美「わかった!!わかったからもうやめて・・・」

俺「・・・わかった、もう手は出さない」

W「M美ごめん・・・ごめん・・・」

M美「・・・・・・」

俺「お前もう二度とM美に会うなよ」

W「・・・・・・」

俺「返事は!!」

俺またWを蹴る・・・。

M美「もう手を出さないって言ったやん!!やめてT!!」

Wのことをかばうような態度のM美に段々腹が立ってくる。

M美「もうわかったから、W帰っていいよ」

俺(はぁ??)と内心思う。

W「もう絶対こんなことはしない、M美のこともきっぱり諦める。だから、友達のままでいて欲しい・・・」

俺「ばかじゃねぇのお前。M美、ほっとけ」

手を出しそうだったけど、グッと堪えた。

M美「うん、友達なら・・・」

俺「は?M美マジで言ってんの?」

M美「私もずっとWの気持ちに気づいてあげれなかった責任がある。それに幼なじみなのに、もう会わないとか出来ない・・・」

W「ありがとうM美・・・」

あれ・・俺、悪者?邪魔者?
完全に二人の世界。

俺「俺が会うなって言ったらどうすんの?」

M美「ごめん、T・・・」

俺ぷっつん切れてしまう。

俺「あっそ。じゃぁキチガイ同士なかよくやれば」

そう言って、止めるM美を振り払ってうちを出た。

俺はM美がWをかばった事が悲しかった。
外に出て冷静になって考えると、M美を襲ったやつと同じ部屋に置き去りにしたわけだ。
それにこの件で一番傷ついてるのはM美のハズだし・・・。
しかも俺のうちなのに・・・orz

また襲われてはないかと不安で、急いで戻った。

うちに戻るとM美しか居なかった。
Wは帰ったそうだ。
まず俺は置いて行った事と、カッとなりすぎた事を謝る。
M美も謝る。

M美とWはと言うと、M美はやっぱりWのことが怖くてまともに話せなくなり、結局疎遠になりました。

以上です。