セックスの相性がいい相手との別れ

この体験談は約 4 分で読めます。

彼女とは2年ほど付き合いました。
関連会社に勤めていたこともあったんですが、彼女のほうの会社が倒産することになり、相談に乗っているうちに親しくなったのです。

自分は妻子持ち、彼女はバツイチ子持ち。
当然最初は普通に接していたのですが、メールや直接あって話をするうちに互いが興味をもっていることがわかり、深い関係になってしまったのです。

その後、自分は離婚して彼女との生活を考えるようになり、彼女も自分の親に紹介してくれるなど順調にことは進んでいたのです。
特にセックスについては信じられないほど相性が良く、彼女いわく「今までまともにイッたことはなかったけど、あなたとのセックスでは必ずイケる。もう離れられない」というほど、毎日のようにしていました。
セックスに開放的になった彼女は即尺はもちろん、生挿入、ゴックンありで、ほとんどは騎乗位フィニッシュなんですが、かなりの確率で一緒に果てて、そのまま寝ていました。

そんな彼女ですが、ちょっとしたケンカで距離を置いているうちにメル友を作ってしまい、一方的にそちらのほうへ行ってしまったのです。
もちろんショックでした。
言い合いにもなりました。

でも、その後冷静に話し合う機会があり、そのとき『もう一度寝よう』ということになったのです。

家に行くと彼女は待っていました。
そして使い慣れた二人分のくぼみのできた布団で愛し合いました。
いつものように優しく愛撫し、クンニし、フェラしてもらい、そしてゴムを着けて挿入。

彼女が「もう、イキたい」と言うので、女性上位になり、「イク、イク、イッちゃうー」の声と共に果てたのです。

しかし、様子が変でした。
彼女が泣き始めたのです。

「どうしたの?」って訊くと、「もう、こんなに気持ちのいいセックスは出来ないかもしれない」と言うのです。

その日は朝まで裸のまま抱き合い、眠りました。

今、彼女はどうしているのでしょう?
新しい彼氏にきちんと愛してもらっているのでしょうか。
もう、俺に抱かれたくはないのでしょうか。

『セックスの相性がいい相手との別れはツライ』というのは本当ですね。

彼女とはほとんど毎日のようにセックスをしていましたが、その内容は毎回濃いものでした。

例えば、まだセックスに至っていない関係の時のこと。
車内でいつものようにキスをして軽く乳首を触ったりしていたんだけど、ある日とうとうアソコに手を伸ばす瞬間がきました。
こっちはもうドキドキ。
彼女も軽く拒みつつ、身体は素直に反応しています。
パンティーから肉付きのいいアソコに指を伸ばすとそこはすでにぐっしょり。
嬉しい反応です。

早速クリトリスをさわると「ウッ、ウッ」と押し殺したあえぎを見せ、次第に声が大きくなり、軽く果ててしまいました。
俺はもうそれだけで満足になり、彼女の秘部に踏み込めただけでも嬉しかったんだけど、彼女はいきなり俺の股間に手を伸ばし、チャックを下ろし始めた。

その日は風呂に入っていなかったので、少々恥ずかしかったけど、同じく手で優しくしてくれるのかと思い、彼女に委ねた。
しかしその瞬間、彼女はジーンズのチャックからでてきたペニスをいきなり口に含んだのです。
驚きに声も出ませんでした。

でも、いきなりの出来事に興奮しペニスの脈動もピークに。
ティッシュに慌てて手を伸ばしたものの彼女は離れません。
頭が真っ白になりながら彼女の口の中で果てました。
そして彼女にティッシュを差し出したところ、「飲んじゃった」って。
あまりの嬉しさに泣きそうになりました。

このようなことはその後もあったけど、興奮したのはその後の1回。
ある日、彼女の家でまったりとくつろいで、時間があればゆっくりとセックスをしようと思っていたんだけど、急に彼女の子供から「これから帰る」って電話があった。
互いに少々がっかりしながらも俺は子供の通り道となる方向を窓際に立って眺めていたら、彼女がいきなり俺の前にしゃがみ込みチャックを下ろし始めた。
どうしたのかな?って思っていたら、「きちんと見張っていて」と言いながらペニスを咥え始めた。

窓の向こうからは俺の上半身が見える。
でもそこから下は彼女が俺のペニスを咥えているという状況に興奮した。
子供のことを気にしながらも次第に興奮がピークに達し、またまた彼女の口の中に果てた。

このように彼女との忘れられないセックスは山ほどある。
例えば、ドライブに行った際、キスを求めてくるのでその気になって応えていたら、バッグの中からゴムを出して「ここでして欲しい」ってフェラをしてきた。
場所は国道のすぐ脇の森。
いつ他の車が入ってくるか分からない場所だった。
それでも彼女はその気になり、運転席に座る俺の上に跨がり、一気に果てた。
それも同時に。

また、ケンカのあとは必ず熱いセックスをした。
そういう時の彼女の興奮はすごく、よく「あっ、熱いものがたくさん出てくる」って言いながら潮を噴いていた。

ちなみに俺と付き合ってから潮を噴くというのを味わったらしい。

これほど身体の相性が良くても別れというものは来るのですね。
また思い出したら忘れられないセックスを書き込みます。