美少女・雅美を隠し撮り

この体験談は約 14 分で読めます。

私は32歳の独身男です。
ある地方都市で小さな学習塾をやってます。
私一人が英語と数学だけを教える全くの個人塾で、生徒は中・高校生の男女合わせて8人しかいません。
幸い私の親がちょっとした資産家なので、生活に困ることはなく、まあ気楽にやっています。

実は生徒の中に、とても可愛いというか美形の女の子が一人いまして、ここ一年半ほどずっと、私の趣味の手鏡や逆さ撮りの餌食にしています。
それがエスカレートしてしまい、夏休みにはちょっと特殊な逆さ撮りで、スゴイ映像をゲットしました。
今後どうしようかと思案中のこともあり、下手な文ですが読んでいただければと思います。

彼女は高校1年生で、名前を◯◯◯雅美と言います。
誕生日が3月末なのでまだ15歳です。

そのままテレビCMに出られるくらい整った顔立ちで、本当に『美少女』という言葉がピッタリです。
国仲涼子によく似ていますが、はっきり言って間違いなく彼女より美人です。
すらっとした腕や脚、ウエストもギュッと締まって全体的にはスレンダーな印象ですが、胸やお尻はなかなかのモノ。

最近の15歳は発育が良くて、あなどれません。
そんな体つきに似合わず、雰囲気は“清楚”そのものです。
ルーズソックスなど決して履かず、髪も黒いままです。
学校(結構レベルの高い女子高校)の制服もいつもきちんと着ています。

最近はめっきり少なくなった“まじめ”で“育ちのよい”清純派タイプで、性格もとても素直です。
ただ、素直すぎて『疑う』『怪しむ』ということがほとんどありません。
馬鹿ではなく世間知らずというか、たとえば、私がミエミエのつまらない嘘をついてもすぐ真に受けてしまうようなところがあるのです。

私は雅美のこの性格を利用して、彼女が中3の時から勉強中に手鏡をしてきました。
今はビデオカメラでの逆さ撮りに切り替えて、色々とやってます。
塾での勉強中にどうして手鏡や逆さ撮りができるのかと思うでしょうが、そのポイントは、言葉ひとつで簡単に騙されてくれる彼女の性格にあります。

どういう事かと言いますと・・・。

塾の授業日は火・金曜日の夕方と決まっているのですが、雅美は中学の時から放課後に吹奏楽部の練習があるため、日曜日に個人授業ということにしています。
二人きりなので他人の目を一切気にする必要がありません。
週1回なので、午前10時から午後3時頃までの集中特訓。

二人きりなんて親が心配しそうですが、希望の高校へ合格させてやった“実績”で、どうやら信頼されているようです。
気持ちを引き締めるという理由で、日曜日でも制服で来させます。
Gパンなどでは手鏡が出来ませんから。

ただ問題なのは、塾でのシチュエーションには当然ながら立っている(しかも立ち止まっている)状況がありません。
手鏡するには、無理にでも立ち止まっている状況を作らなければならないのですが、こういうとき彼女の性格が好都合なのです。

雅美は数学が少々苦手だったので、難しい問題をやらせてできないと『罰』と称して立たせるのです。
そして立ったまま引き続き問題を解かせます。
他人から見ればとても不自然な『罰』ですが、雅美は少しも疑いません。

当然、前屈みの姿勢になるので、お尻が後ろに突き出され、両脚がやや内股気味に開きます。

私は周りをゆっくりと歩きながら、真後ろで素早く手鏡を差し入れ、美少女のスカートの中を覗くのです。
今まで一度も気づかれたことはありません。

中3の時はいつもブルマーでしたが、高校生になってからはどういう訳かピッタリとブルマーを穿かなくなり、嬉しいことに毎週確実に生パンを見ることが出来ました。
手鏡に最初に真っ白なパンティがいきなり映ったときは、驚きと興奮に震えてしまいました。

それに、嬉しいオマケがひとつ。
中学の制服はブレザーでしたが、高校の制服はセーラー服で、しかもV襟の『胸当て』がありません。
本屋などでこの高校の生徒をよく見かけますが、ちょっと前屈みになるだけでブラジャーが見えてしまうのです。
屈む角度が深ければ、お腹の方まで丸見えになってしまいます。

雅美も『罰』で前屈みになると、淡い色のキャミソールや白いブラジャーが丸見えでした。

手鏡にはそのキャミソールの裾と白無地のパンティが・・・。
これはもう、やめられません。

しばらく続けてきましたが、やはり手鏡では物足りないので、ビデオでの逆さ撮りに切り替えました。

6月から夏服になり、布地の薄い夏スカートは中が明るく、ビデオカメラにはいい条件です。
ただ、足元にカメラをセットする必要がありました。
そのため、勉強の場所を教室として使っている部屋から私の事務室に変え、雅美用の机も持ち込みます。
私は自分の大きな事務机に座ったまま、罰の時は私の机に呼んでノートを置かせ、立ったまま問題を解かせることにしました。

他の生徒のプリントチェックと雅美の授業が同時にできる、という設定です。

立たせる場所は、私の真正面。
そこには小さな段ボール箱が置いてあるのですが、気にせずそれを跨ぐように立たせるのです。
箱には高感度CCDカメラが真上に向けて仕込んであり、こちらのリモコン操作で、美少女の無防備なスカートの中をバッチリ盗撮してくれるというわけです。
足元の箱をわざわざ跨いで立てというのは、とても不自然な指示ですが、雅美はそういう事を絶対に疑ったり怪しんだりはしないのです。

自分の足元にそんな仕掛けがあるなんて考えもせずに、素直に跨いでしまうのです。

スカートの中を覗かれるなんて思ってもみないのでしょう。
期待通りの映像を、毎週実に簡単に盗撮させてくれました。
思った通り、部屋に差し込む太陽光と薄い布地のおかげで、夏スカートの中はかなり明るく、高感度カメラの画質も最高です。

両脚の間、真下からの逆さ撮りなので、美少女の恥ずかしい下半身が、前から後ろまで隠しようもなくすべて丸撮りです。
お尻の形がバッチリの後ろの曲線、二重底の部分に刻まれる意味深な縦じわ、前上の小さなリボン、ところどころの細かい刺繍模様まで、完璧です。
雅美のパンティはほとんどが白の無地、たまにストライプや淡い色物、グレーの無地といったところです。

形はほとんどが普通のショーツで材質も普通の木綿ばかり。
妙なケバさもガキっぽさもなく、まじめな高校生らしいパンティばかりです。
ただどれも布地が結構薄く、特に白系のときには二重底でない下腹部のあたりがなにやら薄っすらと透けて見えるような感じです。

また、グレーの時は食い込みやしわが白のときよりクッキリして、これもまたいいものです。
前屈みに疲れると、ときどき体を起こして腰を伸ばし、また元の姿勢になります。
それを繰り返していると、パンティのお尻の方がずれるようによれて、少しずつお尻の谷間に挟まっていきます。
やがてTバックのようになり、恥ずかしいハミケツ状態になってしまいます。
雅美がスカートの上からそっと食い込みを直すところも、真下からしっかり撮らせてもらいました。

それにしても、こうしてみると、スカートの中が薄地のパンティ1枚だけというのは本当に無防備なものだとわかります。
中学生がブルマーを穿くのも、安心の度合いが大違いだからでしょう。

一方、セーラー服のV襟の中は、盗撮は無理ですが覗き放題です。
毎週正面から15歳のみずみずしい胸元をたっぷり堪能しました。
夏服の中はブラジャーだけでキャミソールは着ていません。
豊かなピチピチの膨らみを2つのカップが重そうに支えています。
可愛い顔からは想像しにくい発育ぶりです。

ブラはやはり白が多いのですが、カップの形やレースの刺繍、肩紐の付き方などは色々で、楽しませてくれます。
ある程度予想はしていましたが、それにしてもこんなに楽勝とは・・・。
テープの取り替えも、雅美にきちんと声を掛けて箱を持ち出し、何か探すふりをしながらテープを入れ替えてまた足元に戻すだけ。
何回されても怪しんだりせず、跨ぎ直してくれるのです。
あまりにも無警戒・無防備で、可哀想なくらいです。

こうして盗撮開始から1ヶ月半ほどが過ぎ、撮り溜めたテープが15本。
おいしいところだけダビング編集してVHS120分テープ2本になりました。

でも、欲求はさらにエスカレートし、もっとスゴイ映像が欲しくなりました。
具体的に言うと、もっと脚を開かせて撮れないだろうか・・・。
つまり、いわゆる“大股開き”をさせた状態での逆さ撮りです。

普通に考えれば難しいのですが、餌食が雅美なら可能かもしれません。

私はさっそく計画を練りました。
そして、真の目的を悟られずに大開脚させる方法を考えだし、そのための準備もバッチリ整えたのです。

夏休みに入ってすぐに実行しました。

私の目の前の壁には、雅美の通う私立女子高校の生徒募集のポスターが貼ってあります。
ポスターの中では何と雅美が、モデル立ちで可愛らしく微笑んでいます。
例年この学校は専門のモデルを使っていたはずですが、今年は雅美を起用したのです。

先日彼女の母親がこのポスターを持ってきた時は、私もびっくりしましたが、よく考えれば十分ありえることです。
そのくらい可愛い、目立つ美少女なのです。
彼女の逆さ撮りビデオとポスターの笑顔を一緒に見ると、とても興奮します。
何度もオカズにしてしまいました。

さて夏休みになり、雅美は毎日午前中は吹奏楽部の練習で登校し、午後塾に来ることになりました。

計画実行のその日は勉強をさっさと切り上げて、いよいよ作戦開始です。

「ちょっと頼みたいことがあるんだけど・・・」

私はドキドキしながら、次のように話を進めました。

私の友人が大学で生理学の研究者をしている。
筋肉の緊張と体を流れる電流の関係について研究中で、サンプルとなるデータを集めている。
ただ、10代の女子の協力者がいなくてデータが取れずに困っているらしい。
塾をやっている自分に依頼が来たんだが、協力してくれないか?

・・・などと極めて紳士的に説明しました。
もちろん全部、作り話です。

「はあ・・私で参考になるならいいですけど・・・何をすればいいんですか」
「大したことじゃないんだ。できれば、今日これからどうかな?」

「え、今からですか・・・はい、いいですよ」

思った通り簡単に罠にかかった餌食を、隣の部屋に連れ出します。
あらかじめ大道具・小道具を持ち込んで、準備をしておいたのです。

部屋の中央に、私の作った『実験機具』が置かれています。
基本的には子供用の鉄棒(玩具店で売られている室内サイズのもの)なのですが、横バーの2箇所に肩幅の間隔で薄く小さな金属板が貼り付けてあり、そこから伸びたコードがダミーの電流計とパソコンにそれらしく繋いであります。

普通の人が見れば笑ってしまうようなものですが、雅美を信じ込ませるには十分でした。

小道具としては、メジャーとアイマスク。
準備はこれだけです。

「何か、スゴイ・・・この格好でだいじょうぶなんですか」
「全然だいじょうぶ。鉄棒をやるわけじゃないから、制服のままでいいよ」

さあ、“実験”の開始です。

横バーの金属板を両手で握ったまま、そこから体操選手のように両脚を開いて腰を落としながら、歩幅を限界まで広げさせるのです。
これにはさすがに雅美も戸惑ったようでした。

「先生、これってどういう実験なんですか」

横バーを握ったまま、珍しく雅美が疑問を示したので、私は少し緊張しました。

「僕もよくわからないんだけど・・・両脚に力が入って腿の内側の筋肉が緊張したときに、手のひらに流れる電流を測定するらしいよ」
「手のひらの電流・・・ふうん、そんなことがあるんですか・・・自分じゃわからないですよね」

人のよい雅美は、私の咄嗟のでまかせにも素直に納得し、言われた通りの姿勢をとってくれます。
両脚を左右に開きながら、徐々に腰の位置を下げていきます。

「こうかな・・・こんな感じでいいですか?」
「そうそう、うまいよ、そんな感じ」

15歳の身体は思った以上に柔らかく、かなりの歩幅になりました。
セーラー服のスカートからきれいな両脚がすらっと左右に伸び、しかも限界まで開かれています。

「もう無理・・ここまでが限界です・・・うわ、危ない」
「ちゃんと掴まってて。OK、十分だよ。ちょっとそのまま我慢しててね」

メジャーを出して限界の歩幅を測り、電流計を見てパソコンにそれらしく打ち込んでみせます。
雅美は何も疑っていないようです。

さあ、ここからが本番です。
今度はアイマスクをして同じことをさせるのです。

「視覚がない時の電流変化を測定するのだ」と説明すると、美少女はやはり何も疑わず素直にアイマスクをしてくれます。

そして再び鉄棒に向かい、両脚を大きく開いていきます。
何という無防備さでしょう。

ここで隠していたCCDカメラの登場です。
今度は3分くらいその姿勢を保つように言いました。
その間は何をしてもわからないはずですが、念のため背後にしゃがみ込み、スカートの中にカメラを差し入れ、レンズを真上に向けたのでした。

素晴らしい大成功でした。
モニター画面では、雅美が期待通りの見事な“大股開き”をしています。
セーラー服の紺の夏スカートを背景に、白い両脚がほぼ真横に大きく広げられ、画面の中央に白いパンティが大写しになっています。
限界までの大開脚なので、パンティの布地が左右に引っ張られ、二重底の部分には横じわが大きく波打っています。

太股の内側にギュッと力が入り、両脚の付け根のすじがググッと浮き出ています。
そのため二重底の部分の両サイドが少し持ち上げられるように浮いていて、隙間から奥が見えそうな、かなり際どい映像です。
太股やスカートに触れないように注意して、カメラを動かしてみます。
前方から、真下から、後方から・・・さらに、パンティの繊維や細かい織り柄、産毛やその毛穴まではっきりわかる大接写も。

もう大興奮です。

このまま何でも出来そうなので、姿勢を色々変えさせてみました。
脚を広げたままでお尻を後方に突き出させたり、反対に腰を前に出して身体を反らせてみたり、調子に乗ってかなり極端にさせてみました。
「緊張する筋肉の場所を変える」と言えば問題なし。

雅美は「うわ、たいへん」などと言いながら、素直に、そして一生懸命にやってくれるのです。
リズムを取るように繰り返させると、例によって見事なハミケツを披露してくれました。
ふきでものもシミもなく、ちっとも汚らしくありません。
本当にきれいなお尻の双丘です。
お尻を後ろに出す時はかなり前屈みになるので、胸チラもバッチリです。
チラリどころかモロ見えです。

やっぱりブラは白で、カップの上半分はちょっとお上品なレース模様。
アイマスクの美少女は全くの無防備で、私の淫らな視線には全く気づきませんから、私は堂々と正面から撮影しました。
最後に全身の撮影も忘れずにやり、アイマスクを外してからの可愛い素顔もしっかりと隠し撮りします。
計画は完全に成功して、めでたく終了です。

私は雅美に、今日の“実験”について固く口止めをしました。

「友人の研究発表まで秘密を守らなければならないから、家族にも友達にも話してはダメだ」と。

彼女は快く承諾し、何も疑わずに帰っていきました。
こんな“最高の餌食”ですべて思い通りにいった私の欲望は、当然エスカレートします。
その晩、早くも第2弾の計画を練り上げました。

これが成功すれば、これまでとは全然違う本当にスゴイ映像が手に入ります。

ただ、かなり無理があるので、成功するとは正直思えませんでした。
でも、もしや・・ということもある。
ダメで元々ですし、成功したときを考えれば、多少の危険を冒す価値は十分あるように思えました。

次の一週間は雅美が吹奏楽部の合宿などで忙しく、塾に来られませんでした。
彼女が毎日来ていた間は他の生徒を休みにしていたので、今度は彼らの相手をしながら待つツマラナイ一週間でした。
教室の『実験機具』も、その間しばらくはお蔵入りです。

夜だけ、最新の大開脚ビデオと例のポスターをオカズにシコシコ・・・。

やっと雅美が来る日が来ました。
何と待ち遠しかったことか。
もちろん他の連中はみんな休みです。

私は新しい計画を実行すべく、雅美の反応を探りながら慎重に話を切り出しました。

「雅美ちゃん、この間の実験ね、あれダメだったんだ」
「え、どうしてですか」

「実験値があまりにも変なんだって。まず考えられない数字だっていうんだ」
「・・・私がいけないのかな・・・運動とかそんなに得意じゃないし」

「違うんだ。制服でやったのがそもそもの間違い。ちゃんと実験用の服があって、それ以外だとメチャクチャな数値が出るんだって。だから全然ダメだったらしい」

人のいい雅美は、残念そうに話す私の顔を、心配そうに見ています。

「先生、実験用の服って・・・?」
「うん、一応預かっては来たけど」

「・・・もしよかったら、もう一度やりましょうか」
「いいの?」

「はい、もちろん」
「ありがとう、助かる!でもちょっとびっくりするかも・・・あっちの部屋で待ってて」

私が『実験服』を手に隣の部屋に行くと、雅美は鉄棒の前で前回の姿勢を復習していました。
相変わらずの無警戒ぶりで、今のところは順調です。

私が『実験服』としたのは、首都圏のアメリカ雑貨店を何店か探して買った超ジャンボトレーナー。
自分で好みのプリントをするもので、表も裏も全くの白無地です。
小錦のような肥満したアメリカ人が着るサイズで、本当は飾り物なのかもしれません。
もちろん雅美には大き過ぎて、おそらくワンピースかポンチョのようになるでしょう。

「これなんだけど・・・」
「うわ、大きい・・・なんですか、これ」

「この服はね・・・」

私はまじめな顔で大嘘の説明をしました。

普通の服を着たままだと、どうしても測定値に大きな誤差が出てしまう。
このトレーナーは特殊な繊維で、しかも人間の体内と同じ成分の化学液を染み込ませてあるので、誤差が全く出ない。
ただ、これ以外のものを少しでも身に着けていると、データは全く狂ってしまう。

「だから・・・」

一瞬躊躇いましたが、このまま勢いでいくしかありません。
私は思いきって勝負に出ました。

「これ以外は全部脱がなきゃいけないんだ。靴下や・・・下着とかも全部」
「ええっ?」

清純な子だけにさすがに目を丸くされてしまいましたが、ここが勝負どころです。

「ちょっとでも何かあるとダメなんだ。君はしてないけどメガネとか指輪なんかも外すんだって」
「でも・・・」

戸惑う雅美の肩にトレーナーを合わせると、思った通り裾の長さが両膝を隠すくらいのようです。

正確なデータを頼まれてしまったので、なんとか協力して欲しい。
このサイズだからだいじょうぶ、僕に見えたりする心配は絶対にないから、と。

さすがの雅美も「うーん」としばらく考え込んでいましたが、やがてちょっとおどけた口調で・・・。

「うん・・・よーし、やってみましょう」

驚きです。
そのときの私の気持ちが想像できますか。

・・・ところが、です。

「あ、ちょっと待って。やっぱりダメ、ダメです!」
「え、どうして?」

「ごめんなさい、あの・・・よく考えたら、今日はダメでした」
「今日は・・・って・・・じゃあ、明日」

「明日もちょっとムリ・・・あの、二、三日待ってくれませんか」
「・・・いいけど・・・何で?」

誰かに相談でもされたら大変です。

(やっぱりちょっと無茶だったか・・・なにか感づいたのか?)

私はかなり緊張しました。

「べ、べつに・・・あ、ほら、吹奏楽のコンクールがあるので、それが終わってからにしたいんです。こんなすごい実験、落ち着かないから」

どうも変な理由ですが、これ以上の無理強いは危険です。
理由がはっきりしないので不安でしたが、諦めるしかなさそうです。

でも、一週間ぶりにパンティとブラはどうしても覗きたかったので・・・。

「わかった、じゃあ今日は制服のままもう一度やってくれる?機材の調子だけ見ておきたいんだ」
「はい、それならいいですよ」

前回と同じ“実験”でカメラを差し入れると、モニターですぐに理由がわかりました。

パンティの二重底の部分からナプキンの羽根が・・・。
なるほど二、三日は出来ないわけです。
理由が判れば安心です。

一応、改めて口止めをし、コンクールが終わるという五日後にと約束しました。

そして、その日はもう始めから“実験”です。
急かすようにすぐ隣の事務室で着替えさせます。
15分ほどで、トレーナーに着替え、素足になった雅美が出てきました。

美少女は、さかんに裾の方を気にしていましたが、

「うん、これならだいじょうぶ。見えないですね」

無邪気な笑顔です。
全く警戒していません。

しかし私はまだ半信半疑です。
いくら疑うことを知らない性格と言っても、こういう状況で下着まで脱げるものでしょうか。
私は長い実験になるかもと言って雅美をトイレに行かせ、その隙に隣の部屋で、脱いで畳んである制服の中を探ってみました。

「はは・・・やったぜ・・・」

私は思わずガッツポーズ。
大声で叫びたい心境でした。
見覚えのあるパンティとブラが、小さく折り畳まれて隠すようにスカートの中に挟んであったのです。
今、トレーナーの中の雅美は、間違いなくノーブラでノーパンだということです。

このまま前回と同じ“大股開きの逆さ撮り”をしたら・・・。

成功を100%確信した私は、興奮でブルッと武者震い。
そして雅美が戻るとすぐに“実験”を開始したのでした。

アイマスクをした雅美が鉄棒の横バーを握り、前回と同じように両脚を開きながら徐々に腰を落としていきます。
前回と違うのは、美少女が制服姿ではなく大きなトレーナー1枚であること。
その中では雅美の一糸まとわぬ裸身が、大胆な“大股開き”をしているはずです。
靴下も脱いで裸足なので、前回より滑らず、歩幅が広いようです。
私は息を整えて慎重にようすをうかがったあと、そっと後ろにしゃがみ込み、限界まで開かれた両脚の間にカメラを差し入れました。

(やったあああああああ!)

衝撃のモニターには、15歳の秘密の花園が、隠すものもなくバッチリ映し出されました。
白いトレーナーの中は明るく、画像はとても鮮明です。
とうとう目にした美少女のオマンコは、どう表現したらよいのか、まさに可憐な花のつぼみのようです。

小さな襞が恥ずかしそうに閉じられた、縦割れのスリット。
その上に、まだ生え揃っていないような薄くまばらな恥毛・・・。
豊かな胸の成長具合から、下も結構濃いのではと想像していたので、意外でした。

おかげでオマンコの形がよくわかります。
まさに『無修正』、狙い通りの映像が遂に手に入ったのです。
震えるほどの感動と興奮。
こんなに上手くいくとは、もちろん思っていませんでした。
本当に「雅美さまさま」です。

ただ、オマンコはバッチリなのですが、アナルが映りません。
見えるようにカメラを動かすと、トレーナーに触ってしまいます。
私は興奮を抑えて、落ち着いた口調で雅美に声をかけました。

「足の位置はそのままで、お尻を後ろに突き出しながら、下におろすようにできるかな」
「え・・・こうですか」

「そうそう!もうちょっと下げてみて」

狙い通り、画面の中央にきれいなアナルが!
キュッとすぼまった美少女の肛門は、周辺よりやや赤みを帯び、きれいな放射状のしわ一本一本がはっきりと映っています。
毛など一本も生えていません。
カメラを少し下げ、改めてオマンコとアナルがひとつの画面に収めます。
すばらしい映像です。

トレーナーは着ていますが、こうなるとオールヌードと一緒です。
身体をぐっと前屈みにさせてトレーナーの中でカメラを前に向けると、下を向いた豊かな乳房を、その先端まで撮影出来てしまいます。
やはり15歳にしては大きいオッパイだと思います。
決して巨乳ではありませんが。
初めて見る雅美の乳首は、やや赤みがかったきれいなピンク色。
乳輪は小さめで、突起は力強くツンと立っています。

オマンコ、アナル、オッパイ、乳首・・・そして全身やアイマスクなしの顔も隠し撮り。
前回同様、今回も完璧に計画通りになりました。

清純な美少女を騙し、誰にも見せたくないはずの恥ずかしい部分をこんなやり方で盗撮している私は、つくづく卑劣な極悪人だと思います。
そしてさらに、雅美が帰ったあとで今日のビデオとポスターを見ているうちに、(この映像を使えば・・・)という悪魔の囁きが聞こえてきたのです。

実際、雅美がこれまでの事実を知ったら、どんな反応をするでしょうか。
このアイドル並みの美少女が私の言いなりになる、というのは甘いですか。
どの程度の脅迫・要求なら黙って従うでしょうか。
私は大胆なことをしている割には小心者で、やはり親や先生に相談されてしまうおそれを捨て切れません。

あえて何もせずこのまま盗撮だけを続けるというのもひとつの選択ですが、やはりこれだけの清純派美少女を凌辱できるチャンスは二度と無いはずです。

その後も週一回の盗撮は続けており、脅迫ネタは十分過ぎるほど揃っています。
ストリップでもコスプレでもSMでも放尿・浣腸でも、本当に何でも出来そうな気がします。

夏以来、今に至るまで、ずっと考えているのですが・・・事を起こすなら、次の春休みかなと思っています。

タイトルとURLをコピーしました