スポーツクラブで出会った人妻をセフレにするまで

この体験談は約 4 分で読めます。

週1ペースで地元のスポーツサークルに参加している。
ここには老若男女が集まって、気楽にみんなでスポーツを楽しんでいるのだ。
曜日によってスポーツの種類が違うのだが、俺は背が高いこともありバレーボールを選択した。
特にプロを目指しているというような規模ではないので、和気あいあいとした空気が流れている。
参加者も学生からシニアの方まで幅広い。

そこで出会った1人の女性がいた。
彼女の名前はアサミ。
背が小さくて元気な可愛い女性だった。
最初に会ったときは20代かなと思っていたが、聞いてびっくり、なんと37歳だと言う。
どう見てもそんなにいってるとは思えなかった。
そんなアサミと俺は年が近いので、自然と仲良くなったのである。
しかし、アサミを「ご飯でもどう?」と誘うこともあったが、アサミはサークルの後はすぐに家に帰ってしまう。
それは彼女が結婚しているからである。
旦那の両親と同居しているので、あまり帰りが遅くなるのは許されないらしい。

それでもサークルにいる間は仲良くしているし、時に体が触れあうようなプレーもあったりして、だんだんアサミの体を欲しくなってしまった。

(なんとかしてアサミとエッチしたい!)

そう思っていた。
俺はサークルの休憩時間に、冗談でアサミに「愛人は作らないの?」などと聞くこともあるが、返事は決まって「そんなのあるわけない」だ。
相当にガードは固い。

しかしチャンスが舞い込んできた。
とある冬前の夜である。
この日はサークルの飲み会だった。
場所は公会堂の一室を借りるとのこと。
いつもの老若男女が集まるので、色んな話があって面白い。
そんな中で俺も結構飲んだし、アサミもよく飲んでいた。
いつも元気なアサミがさらに元気になっていた。
酔ってきたのだろう、テンションが高い。
色んなおじさんたちをバシバシ叩きながら楽しそうに飲んでいる。
そして俺のところにも来た。

「もー!もっと飲んでよー!」

絡み酒だ。
アサミは気づいているのかいないのか、胸が俺の腕に当たっている。
俺はわざとその腕でアサミの胸を擦ったが、まったく気づいていないようだ。
そこで俺も酔ったフリをして、トイレに行くと言い、アサミもついてこさせた。

「ねー、どこ行くの~?」

能天気なアサミ。
トイレとは言ったが、実際に向かったのは公会堂の別室。
飲み会の部屋から離れていて、声も聞こえないくらいのとこである。
そこで俺は酔ったアサミにキスをした。

「えー!ちょっと、酔ってるでしょ・・・」

さすがのアサミも驚いて酔いが醒めてきたようだ。
しかしそれでもまだ酔っていることは変わりはない。

「ほらー、戻るよ!」

俺の手を掴んで部屋を出ようとするが、俺はそれを制止して後ろからアサミの胸を揉んだ。

「あぁぁん・・・ちょ、ちょっと!ダメでしょ・・・」

「アサミ、ちょっとだけエッチしよう」

「な、何言ってるの・・・私はそんなことしたいわけじゃ・・・」

背は小さいが胸はあるアサミ。
揉み応えがあって、ますますアサミを犯したくなった。
俺はアサミを畳に押し倒し、キスをしながらスカートの中に手を入れてマンコを弄った。

「いやぁぁん・・・!やだ、ダメだよ・・・」

「アサミが可愛いから」

「そんなことないよ・・・」

マンコを弄っていると、だんだんアサミの顔が感じている表情になってきた。

「ダ、ダメェぇぇ・・・私・・・結婚してる・・・」

アサミは俺の手をどけようとするが、簡単にマンコから離すことはない。
逆に、強引にパンティを脱がしにかかった。

「きゃぁぁ・・・や、やめて・・・!」

アサミの足を開いてマンコを舐める。

「あぁ、あはぁぁぁん・・・いやぁぁん・・・」

ついにアサミは俺のクンニに反応した。
クリトリスを弄りながらマンコの中に舌を入れてやると、アサミの淫らな声が出てくる。

「ひゃぁぁぁ、ぁんん・・・あ、あんん・・・だめぇぇぇ・・・やめて・・・!」

アサミは俺の頭を押さえながら快感を受けていた。

「お、お願い・・・こんなことしたら・・・怒られちゃう・・・あぁぁん・・・!」

「でも気持ちいいでしょ?」

アサミは返事をしなかったが、マンコからはいやらしい液が溢れてきて、クリトリスもぷっくりしてきた。

「はぁぁぁ・・・も、もうダメ・・・や、ヤバい・・・あ、あぁぁ・・・」

「ほら、気持ちいいんじゃん」

「あんん・・・だ、だってぇぇぇ・・・気持ちいいから・・・!あぁぁぁ!イッちゃう・・・!」

アサミの荒い呼吸が一瞬止まり、絶頂に達したようだった。
激しく息をしながら畳に横たわっている。

「挿入されるのとフェラするの、どっちがいい?」

「え・・・挿入は・・・ダメだよ・・・いくらなんでも・・・」

「じゃあフェラして」

俺は無理やりアサミにフェラをさせた。
なんだかんだ言ってもアサミは俺の肉棒をしっかりしゃぶってくれた。

「私・・・悪いことしてるよね・・・?」

「気持ちいいからいいんだよ」

よく分からない返しをしたが、アサミは諦めたのか開き直ったのか、舌使いがエロくなってきた。
肉棒に絡みつく舌が俺の感じる部分をしっかり捉えている。
激しいローリングフェラまでしてくれた。

「チンチン・・・カチカチだね・・・」

「アサミ、挿れたい」

「それはダメだよ・・・」

しかし俺は強引にアサミのマンコに挿入した。

「あ、あぁぁ・・・!ダ、ダメだって・・・あはぁぁぁん・・・」

ピストンに悶えて喘ぎ声を出すアサミ。
その表情はエロそのものだ。

「あぁぁん・・・私・・・悪いことしてる・・・あふぅぅぅん・・・あんん・・・」

俺も絶頂が近くなり、アサミにイキそうだと伝えた。

「そ、外に出してね・・・あぁぁぁん・・・」

「中に出したい」

「ダ、ダメェぇぇ・・・それは・・・!」

「もう出ちゃう」

「え、い、いやぁぁん・・・もう・・・い、いっぱい出して・・・あぁん・・・!」

結局、アサミは俺の中出しを受け入れた。

それ以降、サークルの後は俺とセックスしてから帰るようになった。
家にはサークルの時間が延びたと言っているようだ。

タイトルとURLをコピーしました