夫の出張中、私は義父のおもちゃにされています

この体験談は約 4 分で読めます。

今、私は義父の性処理奴隷です。

はじまりは夫の長期出張でした。
装置メンテナンスの仕事をしていた夫の会社も不景気で、人員削減が行なわれました。
結果、全国の工場を飛び回ることが多くなったんです。
時には3週間も家に戻ることはなく、会社(夫の事務所)に出勤するのは月に数日という感じでした。
生活費と夫の出張費用のダブル出費。
会社で負担してくれると言っても生活は苦しい状況でした。

そんな事もあり、私は夫の実家で暮らすことになったんです。
夫の実家は、私たちが暮らすアパートから車で15分ほどの距離。
実家には義父(55歳)が1人で暮らしていました。
お義母さんは夫が20歳の時に病気で他界し、弟も仕事をはじめると同時に家を出たようです。
義父は大工さんで、「家事をしてもらえるなんて助かるよ」と喜んでいました。
その日から私は一つ屋根の下、お義父さんと暮らすことになったんです。

2人の生活がはじまって1週間が過ぎた時でしょうか。
義父さんの寝室を掃除していて、エッチなDVDや本を見てしまったんです。

(お義父さんもこんな物を見ているんだ)

そう思うと同時に、男性であることを意識した瞬間でした。
その夜から義父の視線を意識するようになり、やがて義父の視線にいやらしさを感じるようになっていきました。
食事の準備や掃除をしていると後ろから感じる視線。
さりげなく振り向くと、私のお尻辺りを見つめる義父の視線。
ソファに座ってテレビを見ている時も、私のスカートから覗く太腿をチラチラ見ているようでした。
しかも、お風呂は必ず私が先に入るように言われ、脱衣場で着替えていると、磨りガラスの向こう側に義父の気配を感じるんです。

義父が風呂に向かった後、私も洗濯物を出すため後を追うと、洗濯機の中に手を入れて私の下着を物色し、鼻に押し付けている姿が見えたんです。

「お義父さん!何をしているんですか?」

戸を開けると驚いた表情の義父は、「何を覗いているんだ!変態女」と逆に私を罵り、押し倒してきました。
何かが吹っ切れたように義父は私のパジャマを引きちぎり、私は全裸にされ、その場で犯されたんです。
1ヶ月以上も夫とエッチをしていなかった私は、義父に乱暴に扱われながらもアソコを濡らし、胸を舐められ、アソコを指で撫でられただけで声が漏れてしまったんです。

義父がパンツを脱ぎ捨てると、目の前に怒り狂った肉棒を差し出されました。
明らかに夫のモノよりも長く太い肉棒は50代とは思えない硬さを保ち、私の口内へと入り込んできました。
いつしか私はいやらしく舌を使って奉仕していました。

やがて肉棒は私の秘穴へ押し当てられ、ヌルヌルの愛液で満たされた穴の中へ、いとも簡単に入ってきたんです。
押し広げられる襞と子宮の奥深くを刺激する肉棒に私は感じてしまい、義父の言いなりになっていました。
脱衣場で義父にイカされた私はその後、義父と風呂に入り、体を洗わされました。
そして義父の寝室に連れ込まれ、夜遅くまで体を弄ばれ、何度もイカされたんです。

その日から毎夜のような義父は私の体を求めてきました。
私はどんどん深海へと沈んでいきました。
義父は仕事帰りにエッチな道具を買い揃えて私に色々試してきたり、下着も薄いレース生地で陰毛も透けて見える物ばかり着けさせられました。
義父の執拗な責めに私はすぐにイカされ、何度も繰り返し襲ってくる快感に頭も体も支配されていく感じだったんです。

義父に犯されて1週間ほどが過ぎた頃、夫が帰宅してきました。
久々の再会を喜んでいる私に、義父は追い討ちをかけるように、夫の傍でも体に触れてきたんです。

「お義父さん・・・困ります・・・あの人が帰ってきているんですから」

「口ではそう言っても、身体は私のモノを欲しているようだよ」

「違います。お願いですから、あの人の前だけは勘弁して下さい」

「困ったな。私もこっちがムクムクして我慢できるかどうか・・・」

「分かりました!あの人がいない所で・・・。でもしばらくは我慢してください」

「ハイハイ!分かったよ」

夫がコンビニに出掛けた瞬間でした。
義父は私の目の前に肉棒を出してきて、私は口で奉仕したんです。
やがて私のスカートを捲り上げるとバックから激しく差し込んできました。
私は声を出さないように必死で指を咥えて耐えました。
しかし義父の肉棒にすぐに反応するようになった私のいやらしいマンコは濡れまくり、絶頂を迎えました。
ガクガクしながら必死に耐える私の体内へ熱い物が吐き出されました。
汚れた肉棒を口で綺麗にすると、義父は満足げな表情で「また頼むよ」と意味深に言ってソファに座ったんです。
アソコから溢れる精液を拭きながら服を直していると夫が帰宅してきました。
その後、夫が風呂に入っている時も義父は私の体を求めてきました。

風呂から上がった私はベッドで久々に夫に抱かれましたが、義父に毎晩のような犯される私は、夫のモノでは満足できない身体になっていたんです。
夫は私の中で果てると、疲れたのかすぐに熟睡です。
マンコから溢れる精液を洗い流そうと脱衣場へ向かった私を待っていたのは義父でした。

「抱かれたのか?あいつじゃ満足できんだろう?」

「そんな事はありません」

「本当にそうかな?見れば分かるよ」

義父に押し込まれるように風呂に入った私は義父の体を洗い、やがて義父の玩具と化しました。
指で何度も刺激され、ついには潮を噴き上げる始末。
息を荒くする私に義父は犬用の首輪を付けさせ、裸体のまま四つん這いで歩かされて、夫が寝ている2階の寝室の前まで連れて行かれました。

「お願いします。夫の前だけは勘弁してください!」

「お前だって、こんなにいやらしい汁を溢れさせているじゃないか?」

「これは・・・でも夫の前だけは嫌なんです」

「じゃあ廊下で抜いてくれたら今日は勘弁してやろう」

私は四つん這いの姿で肉棒を咥え、必死に義父の精液を絞り出しました。
肉棒から熱い精液が口の中へ吐き出される頃には、私は愛汁を溢れさせ、廊下に滴らせていました。

タイトルとURLをコピーしました