消毒だと言って妹のツルマンを堪能した

この体験談は約 4 分で読めます。

中1の夏の出来事なんだけど、絶対に後悔はしていない。

俺には小学5年の妹、美希がいる。
美希は、とにかく俺から離れない。
下校時も校門で俺を出待ちする。
彼女ができたら、デートにもついて来る始末。
母子家庭で、美希が小さな頃に父は他界したから、俺が父親代わりみたいな感じも手伝ってか、愛情が半端ない。
二段ベッドの上から覗き込んで、俺が寝るまで話しかけてくるし、いまだに風呂も一緒に入りたがる。
風呂しかオナタイムがないから、「ダメ」って言ってるけどさ。

母さんは看護師で、夜勤の日に風呂でシコシコやってたら・・・。

「お兄ちゃん」

「なんだよ?(いいところなのに・・・)」

カラカラとドアが開き、粉まみれの妹が立っていた。
どうやら俺の好きなホットケーキを作ろうとして失敗したらしい。
仕方なく風呂に招き入れて、髪の毛と身体を洗った。
でも・・・。

(あれっ?)

久々に美希の身体を見たが、腰も締まって、胸も尻も太ももも、なかなかどうしていい感じだ。
一緒に湯船に浸かり、湯越しに見える無毛の筋マンに興奮した。
抱きつかれるたびに勃起チンコが美希の身体に擦れて我慢の限界。
さっさと勃起チンコをタオルで隠して、風呂場を出た。

就寝時、興奮とオナニーの不発のせいで悶々としたが、美希はなかなか寝ないから、美希の声を聞きながらオナニーを開始した。
すると美希がベッドを下りてきた。

(トイレかな?えっ、パンツにTシャツかよ?)

すると、俺の布団に潜り込んできた。
俺は慌ててパンツを上げて平静を装った。

「美希、もう寝な」

「うん」

俺に抱きついてきてスヤスヤ状態だ。
しかし・・・美希の太ももの温もりと質感が、最高に気持ちいい。
わざと肘を動かして胸に触れた。

(やっ、柔らかい!)

もう理性はぶっ飛んだ。
美希の柔らかくて張りのある太ももにチンコを擦りつけて、美希の太ももにたっぷり射精した。
それからは風呂も寝る時も、美希の望むままにすることにした。

いつものように母さんが仕事でいない日のこと。
美希と入浴した。
無邪気にお股を開き、ツルツルの筋マンを露わにしてる姿にチンコがギンギンになった。

「お兄ちゃん、痛くないの?」

「え、何が?」

「おちんちん。お風呂の時、いつも腫れてるよ」

(あぁ!勃起がバレてた!)

「痛いよ」

「えっ。お薬塗る?」

「薬はダメだよ」

「じゃあどうするの?」

「治るまで我慢する」

「えっ、美希なんでもするから言って」

(なんでも?!)

「じゃあ舐めて」

「舐めるの?」

あっさりペロペロしてくれた。

(あぁ、初めてのフェラ・・・超気持ちいい)

「咥えて」

パクり。

「次は舌でクリクリして」

口の中で美希の舌がレロレロと動く。

「次は、口から出したり入れたりして」

ジュポジュポ。

そうやってだんだん注文を増やして、そのまま美希の口の中で射精した。
勃起が収まると、美希は凄く喜んだ。

「もう我慢しちゃダメだよ。いつでも言ってね」

「美希、チンコのことでお母さんに心配かけたくないから、内緒だぞ」

それからは、風呂とベッドで、1日最低2回は抜いてもらうようになった。
最近は美希のフェラが上達してきて、“最後までしたい”という衝動が抑えられなくなってきている。

ある夜、いつものように美希にフェラをしてもらってた。

「真由美ちゃんって知ってるよね?」

「ああ。武志の妹だろ」

「うん。真由美ちゃんがね、アソコに虫が入るって」

「虫?」

「うん。で、お兄ちゃんに取ってもらうって」

「取るって、どうやってだ?」

「それは内緒だって」

(武志の奴、上手いことやったな)

「美希も調べるか?」

「うん」

美希は自分でパンツを脱ぎ、下半身裸に。
生唾飲み込み、美希の足を持ち上げて、ツルマンの筋を親指で開き、まじまじと見つめた。

「どうかな?」

「あ、いるぞ」

「ええー!お兄ちゃん、取って」

「よし。じゃあ最初に消毒するぞ」

そう言って、美希のピンクな割れ目の中をじっくりと舌で味わった。
最初はボディシャンプーの味だったのが、ヌルヌルしたシュワって味に変わってきた頃には、美希の顔は火照って、目は虚ろで、息遣いも荒くなっていた。
ひとしきり楽しんだら俺の口の周りはベトベトになり、チンコは最高級の勃起状態に。
美希のぐったりしてる姿を見て・・・。

(太ももであれだけ気持ちいいんだから、ヌルヌルマンコに擦りつけたら・・・)

そう考えて、チンコを擦りつけた。
今までのオナニーがバカらしくなるほど気持ちよかった。
もう夢中だった。
気づいたときには、美希のツルマンは俺の精液でドロドロだった。
裸で抱き合いながら寝た。

その夜からは、69の体勢になって、お互いの口で、虫の消毒とちんちんの腫れを引く行為にどっぷりとはまった。
そして、69からセックスまでの時間はあっという間だった。
チンコをマンコに擦り付ける行為に興奮し、勢い余って先がニュルって入ってしまった。
そのままズブズブとチンコを奥に沈めて、出し入れして、美希のキツキツなマンコの奥にぶちまけた。

美希は失神したらしく、ヨダレを流しながら気絶していた。
いつも射精したら萎むけど、美希の可愛マンコに突き刺さるチンコを見たら、萎むどころかもっとギンギンになった。
そのまま腰を激しく使った。
精液まみれだからスムーズなピストンだった。

その日を境に、中出しセックスを頻繁にした。
美希は虫の消毒だと信じてるみたいだった。

タイトルとURLをコピーしました