サラリーマン風の男性のオナニーを非常階段で目撃

この体験談は約 3 分で読めます。

たまたま同期の女の子3人で店で飲んだあと、帰りのエレベーターを待っていた時でした。
ふと外を見たら、向かいのホテルの1室の中が丸見え状態でした。
ホテルと言っても畳敷きなので実際は旅館みたいです。
中には20代後半くらいの男の人が、きっと出張だったのだと思いますが、ちょうどワイシャツを脱いで、中のTシャツを脱いでいるところでした。

「ねえ見て、脱いでるわ」

同期にそう言うと、その男性がTシャツを床に脱ぎ捨てて自分の胸を触りだし、ズボンのファスナーに手を掛けていました。
エレベーターが到着したのですが誰も行こうとは言い出さず、その後の行方を追いました。

男性がズボンを下ろすと、なんとアソコが見えました。
パンツを穿いてないのです。

私たちは、「ええなー」と口々に言いました。

向こうからもこちらが見えるので物陰に隠れて見ていましたが、他の客が通ったら嫌だなと思いました。
ふと見るとすぐ横にドアがあり、それを開けたら非常階段だったので、3人で急いで外に出ました。
非常階段は暗く、格子の柵があり、たぶん向こうからは見えないと思いました。
男性は浴衣を着はじめていて、部屋の中をうろうろしていました。

(なんや、もうお終い?)

そう思って非常口から出ようとしたとき、男性は布団に寝転ぶと、浴衣の上からあそこを触り始めたんです。
私たちは「早く!」と言いました。
願いが通じたのか、男性は浴衣を捲り上げてオナニーを始めました。
初めはすごくちっちゃかったのに、みるみるうちに3倍くらいの大きさになりました。
私はあそこが濡れてくるのがわかりました。

「欲しいなぁ」

友人の1人が呟くように言いました。
その言葉がきっかけで私の自分の乳首を触っていました。
もう1人の友人は、しゃがみ込んでスカートの中に手を入れています。
距離にして、20メートルくらい。
ペニスの形まではっきりとわかります。
さっき「欲しいなぁ」と言った友人は携帯で写メを撮っていました。
私も携帯を取り出して写メを撮りました。

しばらくして男性の手の動きが激しくなってきたと思ったら、彼のお腹に光る白いものが・・・。
スカートの中に手を入れていた友人は、「うう~ん」と唸って、どうやら一緒にイッちゃったみたいです。
結構いいものを見せてもらいました。

その後、私は会社から帰るたびに、そのホテルを見上げています。
聞くと友人たちも見ているみたい。

で、それから3ヶ月くらい経った先日、遅くまで残業して帰った時、開いている窓を発見しました。
急いで例の非常階段に上がってみると、いました!
あの時の男性が。
彼はワイシャツ姿でパソコンを打っているようでした。
私はすぐに2人の友人に電話をしました。
2人は帰った後だったので、今は私だけです。

15分くらいそこで粘っていると、ついに男性は脱ぎ始めたんです。
浴衣は着ずに、初めは自分の乳首からはじまります。
乳首を触ると、「うん」と唸って体を起こします。
きっと乳首が感じるんだと思いました。
私はこの前の友人みたいにしゃがんで、指でクリを触りました。
もう濡れていました。
パンティの上からでは我慢できなかったので、脇から指を入れてしまいました。
男性は気持ちよくなってきたのか、大きくなったペニスを撫でています。
そしてピストン運動が始まりました。
私は彼のペニスを咥えるかのように口を半開きの状態にして、指で中をくちゅくちゅしてしまいました。
彼の動きが速くなって、「あ~」って言ってるみたいに口を開けたかと思うと、おへそのところに光るものが・・・。
その瞬間に私も来ちゃいました。
野外でイッたのは初体験でした。
もちろん、彼の写真も撮りました。

今度はいつ彼が来るか、今から楽しみです。

タイトルとURLをコピーしました