弟にローターオナニーしてるのを聞かれちゃって

この体験談は約 4 分で読めます。

まだ弟が帰ってないと思い、愛用のピンクローターを使って思いっきり声を出してオナニーをしていたら、隣の部屋から物音がしました。

(ヤバい!帰ってる?)

すぐにオナニーをやめて弟の部屋のドアを開け、「いつ帰ってたの?」と聞くと、「1時間くらい前だよ」と。

(・・・聞かれちゃった)

その後、夕食を作って弟を呼びに行くと、慌ててエロ本を隠したのがわかったので、気がつかないふりをして、「ご飯ができたよ~」と声をかけました。
弟は不自然に腰を曲げながら立ち上がり、「う、うん。分かった」と返事をしました。

食後、私が洗い物をしていると視線を感じたので、振り向くと弟が見ていました。
私はミニスカートだったから(笑)
私は見られる快感を覚えてしまい、弟とは言え、ドキドキしていました。
普段なら、ご飯が終わったらすぐに自分の部屋に戻るのに戻らない弟。

「親も居ないからお酒でも飲もうよ!」

弟を誘って2人でカクテル系のお酒を飲みました。
ジュース見たいで飲みやすくてがぶがぶ飲んでたら、酔っぱらってエッチな気持ちに。
こっそりブラを外して飲んでました。
なかなかノーブラなのに弟が気づかないので、背伸びしてみると、すぐに弟の目線がDカップの胸に来ました。

(見られてる!)

恥ずかしのに、なぜかもっと見て欲しい気持ちになった私。

「ああ~、お酒のせいかな?暑くない?」

そう言って、履いていたストッキングを脱ぎはじめると、弟はミニスカから伸びた生足をじーっと見ていました。

「ゴメン!冷蔵庫から『ほろよい』持ってきて」

頼んだら、また弟は腰を曲げながら取りに行ってくれました(笑)

「また背が伸びたんじゃない」

お酒を持って帰ってきた弟に、背比べをしようと言うと・・・。

「えっ!今?後でいい?」

「なんでよ~!今~!」

わざと胸を張って、乳首が目立つようにして弟の前に立った私(笑)
弟は真っ赤な顔。
私と向かい合わせになると、股間のモッコリが触れそうになりました。
弟が慌てて一歩下がる弟。

「どうしたの?」

「あ、ちょっと腰が痛くて・・・」

「じゃあマッサージしてあげる」

無理やり弟をうつ伏せにして跨がり、アソコが擦れるようにして腰をマッサージしてたら耳まで真っ赤。

「も、もう平気だよ!」

「じゃあ交代してよ」

代わってもらい、今度は弟が私のお尻に跨がって腰をマッサージしてくれたんだけど、硬いモノがお尻に擦れるのが分かりました。
可哀想なので、「もういいよ」とマッサージをやめてもらったら、弟は何度も深呼吸をしていました。

それからしばらく、弟はモジモジ、私はムラムラしながら飲んでいました。
弟が「携帯を部屋に忘れた」と言って立ち上がったので、「ついでに私のも持ってきて」と頼んだ後、大変なことに気づきました。
慌て部屋を出たから、ベッドにピンクローターを置きっぱなしだったんです。
もし何か言われたら、酔った勢いで開き直っちゃおうと思いました。
弟は何も言わずに携帯を持ってきましたが、今まで以上にジロジロ私を見てきます。
酔いが回ってきた私は弟に言いました。

「そういえばさっき、部屋でエッチな本を見てたでしょ~」

「そんなの見てないよ!」

「姉ちゃんは知ってるんだよ~。正直に言わないとお母さんに言っちゃうよー」

「それだけは勘弁して~」

「エッチな本を見ながらオナニーしてたんでしょ~」

「うん。してたけど・・・姉ちゃんがいきなり来たからすぐに止めたよ!でもその前に姉ちゃんだって大きな声でアンアン言ってたじゃん。それにピンクローターだって持ってるじゃん」

(やっぱり聞こえてた!)

「わ、私だって、あんたがいたからイク前に止めたんだよ!」

「じゃあ、おあいこだからお母さんには言わないでね!」

「おあいこじゃあないよ!この前、姉ちゃんのパンツの匂いを嗅いでるのも見たんだからね。それに、私が寝てる時に体に触ったこともね(笑)」

「ご、ごめんなさい!それだけは絶対にお母さんには言わないで。なんでも言うこと聞くとからさ~」

「じゃあオナニーして見せて!」

「恥ずかしいよ~」

「いいじゃん!2人しかいないんだし、ほら、早くぅ~」

「そんなこと言われたって、オカズガなきゃ無理だよ~」

「オカズ?」

「エロ本とか、他に・・・」

「他に何?」

「姉ちゃんがおっぱい触らせてくれるとか・・・」(顔真っ赤)

「触ったら立つの?」

弟の手をとり、おっぱいに触れさせました(笑)
そしたらすぐにモッコリしたからオナニーさせちゃいました。
初めて見る男のオナニーにすごく興奮して、少し手伝ってあげたら、弟は3分もしないうちにピュッとイッてしまいました。

生で見る男のオナニーに興奮した私はエッチしたくなってきました。
すると弟は、「姉ちゃんのオナニーも見たい」と言ってきました。
とりあえず「え~、ヤダ~」とか言ったものの、じつはしたくてたまりません。
弟が「ズルいよ~」と言うので、嫌がってる風を装いながら、「仕方ないな~」と言い、オナニーを始めました。
見られながらのオナニーはすごく興奮して、ピチャピチャと音まで聞こえてきました。
自分の世界に入ってしまった私は、自らおっぱいを揉んだり乳首を摘まんだりもしました。

オナニーだけでは物足りなくなり、弟に「触って」と言ってしまいました。
弟はおっぱいを触ったり舐めたりもしてくれて、気が付くと弟のが勃起していました。
もうどうにでもなれって気になり、弟のチンチンを咥えてあげると、すぐに弟は口の中でイッてしまいました。

私はもっと気持ち良くなりたくて弟にクンニをさせました。
クンニで何度か軽くイッたけど、もう私はチンチンが欲しくてたまりません。
弟の萎えたチンチンをまた咥えてあげたら、口の中でグングン大きくなってきました。

「入れたことある?」

「童貞だからまだない」

もうここまでしちゃったんだからと、財布からコンドームを出して弟に付けました。

「ここに入れて」

すぐ、私の中に弟が入ってきました!
じつは1年ぶりのエッチ。

「あ~ん!もっと激しく突いて~!」

思わず、そんなエッチなことを叫んでました。
弟は汗だくになりながら激しく腰を動かし、私はイキました。

「姉ちゃん!もうだめ~、イク~」

弟もイッてしまいました。

終わってから一緒にお風呂に入り、「今日のことは一生2人だけの秘密だよ」と約束しました。

タイトルとURLをコピーしました