可愛い見かけによらずオナニストだったミス◯◯市

この体験談は約 5 分で読めます。

昨年の秋、冷たい雨の降る夜の出来事。
私はバーのマスターをしている。
いつものようにカウンターに立つと入口のドアが開き、ミスが商店街関係のお連れさんと一緒に入ってきた。

「マスターこんばんは。ちょっとだけ飲ませて」

話によると、お連れさんの行きつけのスナックが満席なので、空くまでここで飲ませて欲しいとのこと。

ミスとは、毎年選ばれる女性で、『ミス・◯◯市』のこと。
彼女とは昨年の初夏にお祭りの準備を手伝ったときに知り合い、バーに来てくれるようになった。
見かけによらずなかなかの酒好きで、お世辞でも酒癖がいいとは言えない、そんな一面を持っている。

ミスの身長は若干高めで、胸はさほど大きくないが、すらっとしたきれいな脚。
デニムパンツもスカートもよく似合う、スリムなモデル体型。
メリハリのある小顔で、お客さんの中には、桐谷美玲さんに似ていると言う人もいれば、少数ながら新垣結衣さんに似ていると言う人も。
両者とも確かに似ているが、私はどちらかと言うと、桐谷美玲さんの方が似ていると思う。
それでもキリッとした目や顔の輪郭は、新垣結衣さんに似ている。
夏から秋は特にお祭りなどのイベントが多く、店でもミスの話題が増える。
「今年のミス可愛いよね」とお客さんは口を揃えて言い、評判はとてもいい。

ミスとお連れさんは、1時間半ほど飲むと電話があり、スナックが空いたので移動した。
0時半を過ぎると、お客さんがいなくなる。

(雨も降ってるし寒いからもう来ないでしょう。今夜は早めに閉めるか)

そう思っている矢先にドアが開き、ミスが1人で入ってきた。
店内にお客さんがいないのを確認すると、口を尖らせ不機嫌そうな顔。

「マスターまだいい?ちょっとだけ飲ませてよ」

「もちろんいいよ。ちょっとじゃなくていくらでもどうぞ」

目の前のカウンターに座ると、ミスはかなり酔った様子で愚痴を言いはじめた。
今まで飲んでいたスナックで酔っ払ったお客さんに、「最近の若いのは・・・」と長々と説教を食らい散々だったようだ。
そのお客さんは医者でスナックの常連、ママまで味方になっていたと言う。

「ねぇマスター、なんか強いのが飲みたいな」

リクエストで差し出したスコッチを彼女は浴びるように飲んだ。
トイレから戻るとカウンターで寝てしまい、肩を揺さぶるが反応なし。

「おーい、帰るぞー」

「う、うん・・・」

店を閉めてタクシーに乗せ、彼女の住むマンションを運転手に告げた。
走り出すとすぐに寝てしまい、到着して起こすが千鳥足で危なっかしい。
見かねた私は仕方なく部屋まで送ることにした。

「マスターすみません。私、酔っ払っちゃって。どうぞビールでも飲んでください」

部屋に入ると、冷蔵庫からビールを出してくれた。

「おー、悪いね、じゃあいただくよ」

私はビールをもらい、彼女も1口、2口飲むと床にゴロンと倒れるように寝てしまった。
抱きかかえ、引きずるように寝室へ運びベッドに寝かすと、そのまま爆睡。
リビングに戻り、1人残された僕は、ビールを飲みながら静かな部屋を見渡した。
思わず物色したくなってきた。

(寝てるし、ちょっとならいいよね)

そう思った私は、冷蔵庫からもう1本ビールをもらい、軽い気持ちで物色を開始。
寝室は狭く、ベッドとライトスタンドのみ。
その分リビングが広く、大きめの収納タンスが置いてある。
1段ずつ開けると、お目当ての下着を発見。
20枚ほどあるブラジャーとパンティは綺麗に揃えてあり、パンストもたくさん入っている。
ブラジャーとパンティを1枚ずつ見ていくと、白、黄色、ピンクなど比較的薄い色が多い。
中には薄緑にリボンとヒラヒラのレースの付いた可愛らしいのもある。
逆にセクシーなのもあった。
コバルトブルーのブラジャーとパンティには大きめの白い花柄刺繍が施され、パンティはレースで透け透け。
腰回りは細い紐でTバック。
お尻と腰が交わる部分には大きな花柄刺繍がある。

(すげーセクシー!)

ミスがこの下着を着けているところを想像すると、一気にテンションが上がった。
せっかくなので記念にスマホでパシャリ。
悪いとは思うが、人生に一度あるかないかの出来事なので・・・。

(そうだ、もしかしたらあるかもしれないぞ)

下着を見ながら閃いたのが、トイレに行った際にあった洗濯かご。
寝室を覗くとミスはぐっすり寝ている。
洗濯かごを物色すると、思ったとおり下着があった。
黄色い上下のお揃いで、オレンジ色の細かい花柄に、パンティには大きめのリボンが付いている。
洗濯済みの下着よりも使用感のある柔らかい手触りがたまらない。
さらにパンティのマンコ部分には、オシッコと思われる染みがあった。
ブラジャーとパンティを嗅ぐと彼女らしい匂いがして、私のチンコは言うまでもなくビンビンになってしまった。

リビングに戻りさらに物色を続けると、衣類のクローゼットよりも小さい収納スペースからたくさんの写真を発見。
さすがミス、もらったであろうお祭りやイベントの写真が束になっている。
その中にはお祭りの手伝いで撮った私とのツーショットもあり、思わず笑ってしまう。

大量の写真の下には数枚の紙があり、わけもなく広げてみると、それはAmazonの納品書だった。
さらにこの納品書を見てビックリ、心臓が飛び出そうになった。
品名に『潮吹きバイブ◯◯』と記されていたから。

(マジかよ!しかも潮吹きってなんだよ)

購入者は間違いなくミスの名前。
購入日は2週間ほど前なので、もう届いているはず。
さらにクレジットカードの明細書に紛れて、もう1枚Amazonの納品書を発見。
購入日はおよそ1ヶ月前で、『◯◯ローター』『◯◯ハード(ピンク)』『◯◯ローション』『◯◯コンドーム12個入り×3パック』・・・。

(すっげー、あの子、こんなのを使ってるんだ。ってことは、どこかにあるはずだな。ちょいと探してみるか)

下着の収納場所やタンスを調べるが見つからず、無印良品のビニール袋の中に靴箱が入っているのが目に付いた。

(おっ!これか!?)

コンドームの箱が見えたのでこれだと確信。
大正解、オモチャが入っていた。
コンドームは納品書どおり3箱あり、1箱は開封され、残りは使った形跡があった。
興味津々で床に取り出してみることにした。

コンドーム3箱、ローション、振動を調節できるローター、細めで長いバイブ、透き通るピンク色のイボイボバイブ、スプレー式除菌クリーナー。
そして少し減っているローション。

(・・・ってことは、あるかもしれないな)

コンドームとローションの減り具合から台所のゴミ箱を物色。
小さなビニール袋の中にティッシュに包まれたコンドームを発見。
しかも、まだ全体にヌルヌル感が残っている。
コンドームの入ったティッシュはふたつあったので、2夜連続でオナニーをしたのだろうか。

(このヌルヌルはミスのマンコの液ってことだよな)

ついそんなことを考えてしまう。

(こんな可愛い顔をしたミスが、お風呂でディルドを入れて腰を振り、電マとバイブで潮吹きオナニーをしているんだ)

ミスの寝顔を見ながら想像してしごくと、あまりの気持ち良さに、すぐに発射してしまった。
最高に気持ちいいオナニーだった。
寝顔の横にオモチャを並べて写メを撮った私。
今でもその写メを見ながら彼女のオナニーを想像して楽しんでいる。

タイトルとURLをコピーしました