不細工おばさんがしてくれたナイスな長時間フェラ

この体験談は約 3 分で読めます。

元カノ(18歳)の家に遊びに行ったら、どこで知り合ったかわからない31歳の女がいた。
当時21歳の俺からすればおばちゃんだったし、年の割に老けて見えた。
シンナーでも吸ってたのか歯はボロボロだし、ハリセンボンの細い奴の顔で体型は太ってる方という素敵なデブスだった。

(元カノとやろうと思って来たのに邪魔くさいな・・・)と思いつつ雑談。

で、彼女が出かけてくるって言うんで帰ろうとしたら、そのおばちゃんから、「私は行かないから一緒に飲まない?」というお誘いが。
元カノまで、「そうしなよ。2時間くらいで帰ってくるからさ」なんて言い出しまして、まぁ飲むだけならと飲む話になったのが運の尽き。
俺は元カノとおばちゃんの罠にハマったようだ。

適当に雑談しながらいい感じに酔ってきたら、まぁエロトークになりますわな。

「元カレはフェラの時に無理やり喉の奥まで入れてきた」だの「アナルにローターを入れられた」だの「ゴムは面倒だからって付けてくれなかった」だの。
不覚にも、「ゴムを付けない・・・生・・・」って言葉に反応してきた。
おばちゃんは『春菜』って名前にしとこうか。

春菜「俺君は、元カノちゃんとはゴムしてたんだよね?」

俺「いや、付けたことないっすねー」

春菜「えー。結構付き合ってたんでしょ?よく妊娠しなかったね?」

俺「まー、外出しのプロっすからw今までヒットしたことはないっすよー」

春菜「すごーい」

みたいなアホな話をしてた。
で、春菜のフェラテクについても色々聞かされた。

「喉の奥まで入れてあげると気持ちいい」
「バキュームは人によっては痛いから、唾たっぷりで舌をいっぱい動かしてあげるといい」

いや、俺は男のチンポなんて舐めないから、知らなくていい情報なんだが。

春菜「ねぇ!してあげよっか!」

シラフなら余裕で断るが、飲んでいい感じになってたし、半分冗談だと思ってた俺は・・・。

俺「マジすか!春菜さんのフェラ、経験してみたいっす!」

などと答えて、ズボンとパンツを脱いで半勃ちのチンコを出したのよ。
きっと、「ヤダー」とか「もー冗談に決まってるじゃん」と返されると思ったのに・・・。

はい、マジで咥えられました。
いや、自慢するだけあって、すっごい気持ちよかった。
元カレ仕込みなのか根元まで咥えてくれるし、唾はたっぷりだし、亀さんの周りを舌でしっかり舐めてくれるし。
今までで一番気持ちいいフェラだった。
春名のフェラ顔は人生で一番最悪だったけど。

で、かなり長い時間フェラしてくれてたんだが・・・。

春菜「ねぇ、いっぱい舐めてたら入れたくなっちゃった・・・だめ?」

どうぞー。
楽でいいなー。
ゴムなし騎乗位挿入。

春菜「入っちゃったね」

俺「だね」

春菜「付けてないけどいいの?」

(それ、俺が言う言葉じゃね?)

俺「春菜さんにお任せしますー」

春菜「じゃあこのままで♪」

(あー、可愛い子に言われたいなぁ、そのセリフ)

まぁ、そんなこんなで最後は外出し。
飲んでもらおうと思ったら、タイミングがずれて顔射になっちゃって、不細工に磨きがかかった。
お掃除フェラは気持ちよかったけどな!

タイトルとURLをコピーしました