処女なのに彼の親友に指でイカされた

この体験談は約 4 分で読めます。

都内の高校に通ってる。
今、1年生。
隼人と私は同じバンドが好きで、隼人とカレシは親友関係。
隼人はカレシからなぜか信用されてたから、2人で会っても構わないって感じだった。
マッチョ好きの私がガリガリの隼人になびかない自信があったんだと思う。

会話で・・・。

「私ちゃん、カレシの先っちょしか入らないらしいねwさすが処女w」

「なぜそれを知ってる(焦)」

「カレシが言ってた。アイツ巨チンが自慢だしw」

「他の人にも喋ってた?」

「とりあえずその場にはB君がいたが、B君は童貞なんで気にすんなw」

というのがあった。

「カレシは、私ちゃんが濡れないしキツキツで狭いから巨チンが入らないて言ってたけど、俺から言わせりゃ愛撫が下手くそなんだと思う」

処女の私には愛撫の技術なんて判らなかったし、入らないとかキツいとか、なんてことバラされてんだと恥ずかしいのが先だった。
なにしろ“濡れるって・・・何のこと?”状態だったしw
ともかく隼人から、「カレシも私ちゃんも可哀想だよ。いつも手で抜いてやってんだって?」と追い討ち。
本当はカレシからは「口で」と要求されていたけど、抵抗があって断っていた。

「本当にキツキツか、触らせてw」

「何言ってんの!イヤだよ!」

「別に俺のチンポ突っ込みたいわけじゃないし、キツいのレベルを知りたいだけだしw」

「知らなくていいし!」

「でも濡れないってことは感じてないんでしょ?」

(・・・濡れるって何だよ?)

無言でいたら隼人が私の横に来て肩を抱き、スカートの中に手を入れてショーツの脇、脚の付け根の部分に指を滑り込ませた。
指先でアソコの入口をクイクイと触ってくる。

「乾いてるから、キツいかユルいかわかんないやw」

(馬鹿にされてんの?)と少し腹が立ったが、それよりも私は『濡れる』の意味が気になって仕方なかった。
隼人は私のスカートからさっさと手を出すと、横に並んで座った。

「あのさ・・・濡れるって何?」

「私ちゃんのアソコからヌルヌルする液体が出ない?」

衝撃だった!

「あのさ、カレシが私に『寝る前にオナニーしろ』って言うのは普通のこと?」

「普通は強要しないwえ、オナニーすんの?w」

「アソコを触っても何がいいのかわかんない・・・」

そう言ったら隼人がベッドの上に戻った。

「こっち来て」

「・・・イヤだよ!」

「やんないからw濡らすだけwだってわかんないんでしょ?」

そんな押し問答があり、説得された私は自分の意志で隼人の横に寝そべった。
腕枕されて、腕ほっそ!と思った。
隼人が私の右側から耳にキスをした。
くすぐったくて、甘えたように「ヤダ」って言った。
隼人の右手は私の左乳を優しく柔らかく揉んでいた。

「服脱がすね」と言われ、「裸は見られたくない」と拒否る。

「じゃあブラだけ外しててよ。タオル取ってくるから」

そう言って部屋を出ていく隼人。
(タオル?)と思ったけど、言われたようにブラを外し、シワになるかもと考えて上の制服を脱いで、タンクトップとプリーツスカートという格好になってベッドに座って待ってた。
(確かこの時、夏の制服を着ていた記憶がある)

手にバスタオルを持った隼人が戻ってきた。
そのバスタオルをベッドの足元に無造作に放って、私を抱き締めながらキスしてきた。
舌を差し込んできたので、(キスはいいのか??ダメなんじゃないのか?)と思ったが、キスされながら両手で両乳を揉み上げられ、タンクトップの上から指先で乳輪をクルクル刺激されると、罪悪感よりも(気持ちいい!)で頭がいっぱいになった。
刺激で陥没していた乳首が飛び出してきて、キュッと摘まれるたびに、「アン!ハン!」と声が出た。

隼人に、「アソコ触ってみて」と言われる。
ショーツの上から手を差し入れてみるが、よくわからないでいると、私の手に重ねるように隼人も手を差し込んできた。
パンツのゴムが伸びたらヤダと思ってたら、「ここ開いて触るね」と指で割れ目をグイと開かれた。
自分の指先で開かれたところを触るとビッチョリ!
生理がはじまったのかと思って慌て手を引き抜いて指先を確認しても血は付いてない。

「生理かと思った」と言うと、「違う違うw」と笑いながら隼人は指先をアソコの中に差し込んできた。
痛みはなかった。
クイクイしながら、「ちょっとキツめではあるけど、処女ならあるレベルだと思うよ」と言われた。
指先を抜くと、そのままヌルヌルとクリを刺激しはじめる。
腰から脳天に突き抜けるような快感があり、声にならない声が口から出た。

「このままだとパンツがビッチョリなるから脱がすよ」

ショーツを引き下ろされ、「スカートを汚しそうだから」とお尻の下にさっき放ったバスタオルを敷く隼人。
自分の口と膝がパカンと開いているのをだらしなく感じたが、もう動かす気力が抜けていた。
開いた脚の間、アソコからクリにかけてを執拗に愛撫された。
刺激の強さにどうしていいかわからず、爪先がクネクネモジモジと動く。

「気持ちいいなら俺にキスしてよ」

そう言われて夢中でキスした。
さっきとは違って私の方から舌を絡ませた。
そうこうしてるうちになんだか尿意のようなものを感じて、「ストップ!なんかおしっこが漏れるかも」と言ったけど、「おしっこ違うしwそれにバスタオルがあるから大丈夫」と指を止めてくれない。

「もぅダメ!無理!ヤダ!アー!」

結局、全身をビクつかせてイッてしまった。
おしっこは出なかった。
でもビチョビチョになっていた。
声も出せずにハァハァなっていると・・・。

「気持ち良かった?良かったね!途中でチンポを突っ込まれたいとか思わなかった?次はカレシのがガッツリ入るといいねw」

そう言われ、最後に軽くキスをしてその日は終わった。
けど私は、それから月に1~2回、隼人に身を委ねるようになった。

タイトルとURLをコピーしました