友達の母親を手懐けてセックスし放題の関係に

この体験談は約 4 分で読めます。

俺は友達の母親と、いつでもやらせてもらえる関係だ。
1ヶ月ほど前、合コンでゲットした女とラブホに行って翌朝ホテルから出ようとしたところで、高校時代の友達の母親が見知らぬオッサンとホテルに入ってくるところにばったり出くわした。
俺も驚いたが、母親は目を見開いて俺を見たあと、真っ青な顔になって、俯いたまま俺の横を通り過ぎていった。
高校時代はよくそいつの家に遊びに行って何度も泊まったこともあって、かなり親しかったが、友達が大学に入って町を出てからは、ずっと行き来は途絶えていた。

母親は裕美子という。
スタイルも良くて、男好きのする奇麗な顔立ちで、ピッチリしたセクシーな服を好んで着ていた。
俺は友達の目を盗んで、洗濯機の中から裕美子の使用済みショーツを盗んで持ち帰ったこともあった。
もちろん裕美子をオナニーのおかずにして、何度もそのショーツで抜かせてもらった。

誰が見ても美形の熟女。
旦那だけの性生活に飽き足らず、暇と熟れた肉体を持て余しての不倫ごっこだなと俺は直感した。

(この千載一遇のチャンスをどう生かすべきか・・・)

俺は1週間も考えを巡らせた。
1週間後、周到に計画した手順通り、月曜日の昼下がりに裕美子に電話を入れた。

「ご無沙汰です。吉川です」

「えっ・・・吉川君?久しぶりね・・・どうしてるの?」

「この前のこと・・・誰にも言わないってことで話をつけさせてもらいたいんですが・・・。今からお邪魔してもいいですか?」

「な、何のことかしら?」

「そうですか・・・。ラブホの駐車場に停めてあった車のナンバーは携帯のカメラで撮影しているんで、相手の住所も名前も調べればわかるんですが」

「何なの?お金が欲しいの?」

「見損なわないでくださいよ。親友のタカシのお母さんだから、何も心配しないでって言おうと思って電話してるんですよ」

「・・・会ってどうするのよ?」

「以前からお母さんには憧れを感じていたんで、俺のことをどう思っているかなと思って」

「えっ・・・何それ?息子の友達をどう思っているかなんて・・・なんとも思うわけないわよ」

「お母さん・・・俺にそんな口の利き方はできないってことくらい分かってくださいよ」

「・・・」

「俺の思いも遂げさせてもらいます。シャワーでも浴びて待っててください」

「ダメ!来ないで!今日はダメ!あ、明日の・・・3時なら」

翌日、俺は時間通りに裕美子の家の前に立ち、インターホンを押して来訪を告げた。
インターホンに出た裕美子は、「本当に来たの」と白々しい応答だった。

「俺は本気ですよ」

そう返すと、しばらくの沈黙の後、玄関のロックが解かれる音がした。
家の中に入ってもお互いに無言だった。
俺が居間のソファーに腰を下ろすと、お茶を用意して俺の前に差し出した。

「お母さん、俺の横へ来て座ってくださいよ」

俺の左横を指差すと、裕美子は素直に応じて横に座った。
甘い香水の匂いがした。
俺は図々しく裕美子の肩へ手をまわし、片手は服の上から豊かな胸を弄った。
裕美子はビクンと驚いた様子を見せて体をこわばらせ、太股をギュと閉じた。
首筋にキスをしながら執拗に胸や裕美子の股間を弄り続けていると、次第に閉じていた太股が緩み始めた。
裕美子は黒いレースのパンストを穿いていた。
裕美子は今日のこの行為のために、このセクシーなパンストを選んだに違いないと思った。
俺は徐々にスカートの中に手を滑り込ませ、生暖かいショーツの上から思う存分アソコのソフトな感触を楽しみ、割れ目に沿って指を動かした。
裕美子はその最中、目を閉じたり開けたり、時々窓の外に目をやったりして気を入れないようにしていた。

「せっかく俺が気持ちよくさせてやろうとしているのに、いまいち素直じゃないね」

「だって主人や息子に後ろめたいわ」

裕美子は言い訳をした。

「都合のいいこと言ってんじゃないよ!素直になれって言ってんだろうが!」

裕美子の前に立ち、ちんぽを無理やり咥えさせた。
口に咥えた後もイヤイヤをするように首を振っていたので、裕美子の頭を持って無理やり前後に動かして喉の奥まで突っ込んでやった。
次第に裕美子の舐め方が積極的になり、舌先を器用に使ってちんぽをしゃぶり始めた。
俺は裕美子にフェラをさせながら服の上から乳房を揉んでやった。

「そろそろ裸になってもらおうか」

「イヤよ・・・これ以上は」

(このババァ!文句が多いんだよ!)

正直ムカッときたが、努めて冷静さを失わないように自分に言い聞かせてた。
俺は裕美子の髪の毛を掴んで立ち上がらせると、顔を近づけてやさしい声で言った。

「もう観念しなよ、お母さん。俺たちはこういう仲になったんだから」

裕美子は観念したように服を脱ぎ始めた。
スカートを脱がせ、パンスト、ブラ、ショーツとすべてを脱がせて全裸にした。
熟した体が眩しいくらいの色気を発していた。

ソファーに寝かせると、両膝を持って開脚させ、股間に顔を埋め、尻穴から舐めはじめ、おまんこのビラビラ、クリ、膣穴と時間をかけて舐め回した。
徐々に裕美子のおまんこがピクンピクンと反応し始めた。
さらにクリを吸ったり甘噛みしたりしながら指を膣穴に挿入して、膣壁の上のザラザラしている所を指先で刺激していると、潮を吹きながら「あぁ~ん」とヨガリ声を出すようになった。

「じゃあ思いを遂げさせてもらうよ」

仰向けの両脚を抱え上げ、正常位で一気に根本まで貫いてやった。
その瞬間、裕美子の口から甘えたような声が漏れた。
俺がピストンをはじめると裕美子も下から俺を突き上げてきた。
激しく腰を使っていると、裕美子の方から俺にしがみついてキスをしてきた。
キスをしながら裕美子の乳房を揉み、乳首を摘んで刺激した。
膣穴が濡れすぎて小便を漏らしたようにジャブジャブになってきたとき、裕美子が両脚に力を込めて膣穴の締め付けを強くしてきた。

「イキそうなのか?」

そう聞くと裕美子は目を閉じたまま軽く頷いた。
ピストンを速めてフィニッシュに向かうと、裕美子は口から唾液を垂らし、腰から下をカクンカクンと痙攣させて、「あぁぁーイクーーッ!」と叫んで白目を剥いて絶頂を迎えた。
俺も熟女の柔肌を堪能して膣穴に中出しを果たし、思いを遂げた。

「俺のこと気に入ってくれた?」

裕美子は「気に入ったわ」と言って、俺にキスをしてきた。

こうして俺は友達の母親を手懐けることに成功した。
今ではいつでも俺の好きなようにやらせてもらっている。

タイトルとURLをコピーしました