主人の出張中に若いサラリーマンを摘み食い

この体験談は約 3 分で読めます。

こんにちは、めぐみです。
今年で35歳、専業主婦をしています。
出会い系で出会ったサラリーマンとの体験を話します。

昨日は出張に行っている主人から22時くらいに電話があり、帰りが今日の夕方になるということだったので、ちょっとご無沙汰で少しムラムラとしていたのもあって、いつも使っているサイトの掲示板に書き込みました。
内容は『今から会える人』って感じです。
しかし、さすがに遅い時間帯なのですぐに返事はありません。
ちょっとだけ諦めモードだったのですが、運良く仕事終わりのサラリーマンの方がメールをくれて、近くの駅で待ち合わせをすることにしました。

会うとすぐにラブホへ直行。
ホテルで軽い食事をとりながら話をしました。
彼は未婚で28歳。

(若い!)

今日は元気なモノを頂けると思うと、会話の最中なのに濡れてきてしまって、バレないように表情を隠すのに必死でした。
まあ割り切りで会っているので恥ずかしがることもないだろうとも思ったのですが、私も女です。

しばらく会話を楽しんでいましたが、先に私が我慢できなくなり、彼の隣に移動して太ももを擦りました。
それで彼にも火がついたのか、私の体を服の上から触りはじめ、見るとすでにズボンはテントを張っていました。
元気なあそこに私が攻撃を仕掛けると彼の動きが次第に減ってきて、だんだん私が責める時間が増えていきました。
私は男性を責めるのも好きなので、そのまま彼のモノを直接握ると、上下に動かしながら彼の表情を確認しました。

彼は天井を向いてかなり感じている様子だったので、少し焦らしてみようと考え、彼のモノに唾液を垂らしてゆっくりめに上下に動かしました。

「うっ・・・」という声を漏らしながらピクピクと反応する彼。

意地悪く、「どうして欲しいの?」と聞いて、その後でいきなり彼のモノを喉元まで咥え込み、室内に響き渡るくらいジュルジュルという音を立てながら夢中でフェラをしてあげました。
口の中で脈打つあの感覚がたまらなく好きな私は、次第にスピードを速めていきます。
そして彼が、「うっ、イキそう・・・」と言うのを聞いて、またさらに動きを速めて口の中に出させてあげました。
口の中に精子が溜まっていく感じ、そして射精のたびに脈を打つ感じがたまらなくいやらしかったので、しばらくその余韻に浸っていました。

そして今度は私が気持ちよくしてもらおうと2回戦へ!
と思ったんだけど、すぐに2回戦ができる男性って少ないみたいで、残念なことにその彼もそのタイプ。
しばらくいちゃいちゃしながら彼の回復を待ち、またフェラしてあげました。
すると今度は彼も私の胸に触ってきて、乳首を転がしながら喘いでいます。
彼が私のあそこに手を伸ばそうとしてきたので、触りやすいように向きを変えていって、そのままシックスナインに。
彼はクンニ好きな人みたいで、かなり上手なんです。
まずは全体を舐め回して私のあそこがグチャグチャになると、次はクリちゃんを集中的に愛撫。
舌で転がしたり時に吸い付いたり。
その動作にしっかり強弱が付いていて、フェラをしている口が度々止まってしまうほど、私は思い切り感じていました。

彼のクンニで2回くらいイッたでしょうか、私の方がもう我慢できなくなり、仰向けに寝ている彼に跨がって騎乗位で挿入してしまいました。
彼、必死に下から突き上げてくるのですが、あまり騎乗位は得意ではないのか、リズムがぎこちない感じ。
なので私がメインに動かしてあげることにしました。
最初は前後に滑らせるようにクネクネ。
男性も気持ちいいのかどうかはわかりませんが、これは私的には最高の動きで、まさに子宮を刺激している感じなのです。

次に上下に出し入れする動きに変えると、彼のあそこって先端部分がやけに大きいから、ちょうどいい具合にスポットに当たって、潮を吹いてしまいました。
しかも彼の上で。
おしっこを漏らしてるみたいなので、恥ずかしくて赤面してしまいました。

その後、バックからの正常位で彼がイキました。
私もそれまでに3回イケたので、とても満足のいくセックスを楽しめました。
欲を言えば、もう少し挿入後のテクニックがあると良かったかな。

最後まで読んで頂いた方、ありがとうございました。
自分の体験談を書きながら、そのときのことを思い出して、じんわりとパンツを濡らしてしまっためぐみでした。
もうそろそろ主人が帰ってくる頃なので、今日はここまでということで(笑)

タイトルとURLをコピーしました