モデルのようにきれいな友達のお母さんの入浴シーン

この体験談は約 7 分で読めます。

これは僕が小5のときの体験です。

春に僕の家の近くの豪邸に小2の男の子が引っ越してきました。
裕君という男の子で、2年生の中でも小さくて大人しい子でした。
そんな裕君と僕は、ある野球チームで知り合いました。
当時、僕の家は他のみんなと違う方向で、いつも1人で寂しく帰っていましたが、裕君が入部してからは一緒に帰ることになり、だんだんと野球のある週末は必ず一緒に帰るようになっていきました。
裕君はすごくいい子で、1人っ子だった僕は、なんとなく弟のように思っていました。
裕君も僕を慕ってくれていました。

そんなある日、いつものように家に2人で帰っていると裕君の家に着きました。
いつも裕君は自分の持っている家の鍵でドアを開けて入っていくのですが、その日は裕君がドアに近づくとガチャッと先にドアが開いたのです。

「裕、おかえり」

にっこり笑って、若い女の人が出てきました。

(裕君のお姉ちゃんかな?)

そう思ったくらい若い人でしたが、「あっ、お母さん」と裕君が言いました。
その人は僕に、「ごめんね、いっつも。裕が迷惑かけてない?」と聞いてきたのでびっくりして、「そんなことないです」と言うと、裕君にバイバイとだけ言って逃げるように帰りました。

本当にびっくりしました。
僕の知っている母親というのは、僕の母や友達の母親のように太っていて、口うるさくて、もっと年をとっている人という印象で、実際に周りもそんな人ばっかりでした。
しかし祐君のお母さんは正反対で、すらっと背が高くてモデルのような人だったのです。
思春期だった僕は一目見て完全に意識してしまいました。

それからは、毎週ではありませんが時々裕君のお母さんを目にするようになりました。
裕君のお母さんはいつも長袖のシャツを着ていて、ぴったりとしたものなので体のラインがはっきりするものを好んでいたと思います。
僕は裕君のお母さんに会うことが楽しみになっていました。
いつもにこっと笑って、「カズ君、じゃあね」と手を振って見送ってくれていました。
僕たちの帰る時間になると家の前で待っていてくれていたようです。

一方、僕はそんな裕君のお母さんの姿を性の対象として見てしまっていました。
僕は当時すでに性に目覚めていて、1人で処理もしていましたが、その対象はエロ漫画などで、実際の人間は対象にしていませんでした。
でも、いつも見送ってくれるときに、程よく膨らんでいる裕君のお母さんのおっぱいに目がいってしまっていたのです。

そんなある日。
いつものように裕君と帰っている途中で2人でゲームの話をしていて、僕が裕君にそのゲームを教えてあげることになりました。
裕君が、「今日、家に来て!」と頼んできたので、初めて裕君の家にお邪魔することになりました。
そしてその日も、裕君のお母さんは裕君の帰りを家の前で待っていました。
裕君が僕と家で遊んでいいか聞くと、「いいよ、カズ君どうぞ」と玄関のドアを開けてくれました。
本当は野球が昼に終わっていたので、お互いに家でお昼ごはんを食べてから裕君の家に遊びに行く予定だったのですが、祐君のお母さんの好意を拒むことができず、「お邪魔します」と家に入らせてもらいました。

入った途端、新築っぽいいい香りがしました。
外からも想像できるように、とにかく大きな家で、僕が見てきた家の中で最も広い家だったと思います。
早速、「こっち、こっち」と裕君が僕をリビングに連れて行ってくれます。
初めてお邪魔する家に戸惑いながらもゲームをしていると、裕君のお母さんがリビングと繋がった和室に行きました。
僕と裕君からは和室全体が見えていたのですが、ふすまが少し閉じていて、その見えない部分で裕君のお母さんがゴソゴソと何かしています。
不思議に思いながらもゲームに熱中していると、裕君のお母さんが赤ちゃんを抱いて和室から出てきました。
どうやらその子は裕君の妹で、今起きたばかりのようでした。

「カズ君、ついでにお昼食べていったらどう?」

一度は断ったのですが、「遠慮しなくていいよ、裕も喜んでるし」と優しく言ってくれたので食べることにしました。
ご飯を用意するため、お母さんは妹を僕たちの近くにそっと置いて台所に行きました。
裕君がゲームをしている間は僕が妹と遊んでいて、妹はまだよちよち歩きで僕のそばに来て僕の髪の毛を引っ張ったりして、初めて会う僕を不思議そうに見つめていました。

そしてお昼が出来上がり、四角いテーブルに4人で座りました。
僕の向かい側がちょうど裕君のお母さんと妹、右に裕君でした。
僕は緊張しましたが、初めてじっくりと裕君のお母さんと話ができました。
僕がいつも裕君と遊んでいることにとても感謝してくれていたようで、「いつでも遊びに来ていいよ」と言ってくれました。

そんな中、ひとつの出来事が起こりました。
裕君のお母さんは、正座している膝に妹を乗せて、哺乳瓶でミルクをあげていたのですが、妹がミルクを口から戻してしまったのです。
裕君のお母さんは妹をあやすため、自分の方に向かせて「よしよし」と背中を擦ってあげていました。
僕は(大変だなぁ)と思いながらその姿を見ていました。
妹が戻し終えた時には、裕君のお母さんの服はかなり汚れてしまっていました。
でも裕君のお母さんは安心したように、「この子、いっつも戻してお母さんの服を汚すの」と笑っていました。
裕君には見慣れた光景なのか、普通にご飯を食べ続けていました。

食事を終えて僕たちがまたゲームを楽しんでいると、少ししてから祐君のお母さんが言いました。

「裕、お母さんと浩美(妹)はお風呂に入るから、裕も一緒にどう?」

そして続けて、「カズ君も汗かいてるだろうから、よかったらどうぞ」と。

僕の心の中はすさまじい喜びに溢れていました。
はっきり言って、裕君のお母さんの裸が見たくて仕方なかったのです。
自分の母とは違うこんなきれいな人と風呂に入れるなんて夢のような感じで、頭がぼーっとするほどでした。
しかし、裕君が水を差します。

「僕、カズ君と2人で入る」と言ったのです。

この時ほどチクショーと思ったことはありません。

僕も平気な顔をして、「じゃあ裕君と一緒に後で入らせてもらいます」と伝えると、「そう、じゃあ先に入らしてもらうね」と言い、妹を抱いてまた和室に行きました。
そして棚から着替えを取り出すと、「じゃあ裕、お母さんが呼んだら浩美を連れてきてね」と言いました。
裕君は、「うん、わかった」とテレビゲームに夢中になりながら答えていました。
僕は、裕君のお母さんが今からお風呂に入るという思いだけで、心臓がバクバクでした。

裕君のお母さんがリビングから姿を消すと、裕君は妹の服を脱がせはじめました。

「何してるの?」と聞くと、裕君のお母さんが呼んだら、妹を浴室まで連れて行くのが習慣のようでした。

しかし、妹を脱がした後、裕君はどうもゲームが続けたいらしくソワソワしていたので、「僕が連れていこうか?」と思い切って言いました。

すると裕君は、「いいの?じゃあ願いします」と。

裕君に浴室の場所を教えてもらい、僕は必死に心を落ち着かせながらリビングから出ていきました。
もう嬉しくて仕方がありません。
裸の妹をタオルで包むように抱き、浴室の前まで連れて行きました。
脱衣所に繋がるドアは閉まっていて、布が擦れるような音がしていたので、裕君のお母さんがいることは間違いありません。

「すみません」と言って扉をノックすると、「えっ」と声がして横引きの扉が開きました。

裕君のお母さんは、長い黒髪をポニーテールのように縛っていました。
目を下にやると、なんと下着姿でした。

(おおー!!)

僕の興奮は一気に高まりました。
たぶん白の下着だったと思います。

「・・・カズ君」

お母さんが少し驚いていたので事情を説明すると、「もう裕ったら」と少し怒っていましたが・・・。

「それじゃあ悪いけど、もう少し浩美を抱いててくれる?おばさん急いで脱ぐから」

僕はラッキーと思いながら「はい」と答え、妹と遊ぶふりをしながら裕君のお母さんを凝視していました。
すると裕君のお母さんは扉を開けたまま、僕から見える状態で背中に手をやり、ブラをはずそうとします。
初めて意識した女の人が裸になろうとしているのです。
並大抵の興奮ではありません。
しかし、お母さんは背中のホックを外し終えると洗濯機のほうを向いてしまいました。
たぶん僕を待たせないために急いでいたのだと思います。
僕からは後ろ姿しか見えなくなってしまいました。
残念に思っていると裕君のお母さんはブラを体から外し、洗濯機に放り込みました。

「もうちょっとだから」

そう言って裕君のお母さんは僕にお尻を向けて前屈みになり、すぅーっとパンツを脱ぎ、それも洗濯機に放り込みました。
いよいよかと僕が生唾を飲んでいると、僕に後ろ姿だけを見せながら体にタオルを巻いてしまったのです。

(ああ・・・)

僕が残念に思っていると、「ありがとう、カズ君」とこっちを向いてくれました。
バスタオルを巻いていましたが、今でも鮮明に覚えているほど裕君のお母さんは綺麗でした。
たぶん当時は20代後半だったと思います。

「じゃあ浩美を渡してくれる?」

手を差し出してきたお母さんに、ガッチガチになりながら渡そうとしたとき、妹がなぜか僕から離れず僕の服を引っ張ります。
裕君のお母さんは、「この子、カズ君のことを気に入ったみたいね」とクスッと笑いながら僕の手ごとギュッと抱き、ちょっと強引に妹を僕から離そうとしました。
当然のように僕の手の甲に裕君のお母さんのおっぱいが当たりました。
タオル越しではありましたが、むにゅっという感触がありました。
初めて経験するその柔らかい感触に僕は感激しました。
妹が僕から離れた後も、手の甲にはおっぱいの感触が残っていました。

「ありがとうね、あとで裕を怒っておくから」

そう言うと、裕君のお母さんは湯気の中へと消えていきました。

脱衣所にポツンと1人残された僕のアソコはギンギンでした。
無性にしたくなってしまい、浴室の隣にあるトイレに駆け込んで、いつものように行為をすると、すぐにピュッと出てしまいました。
しかし一度出したくらいでは興奮は収まらず、僕は何度も擦り続けました。
裕君のお母さんのプルンとしたお尻、キュッとしたウエスト、そして体にタオルを巻こうとして体の位置を変えたときに少しだけ見えた横乳を思い出して、何度もイキました。
友達の家なのに、止めれませんでした。
発散してからトイレから出た後は、リビングに戻ってゲームをしていましたが、僕はもうゲームに集中できずにいました。

少しすると裕君のお母さんが風呂から出てきました。
何事もなかったように「次、どうぞ~」と言い、僕たちをお風呂に向かわせました。
裕君は、「カズ君に迷惑をかけちゃダメでしょ」と軽く注意されていました。

裕君の後でお風呂から上がると、裕君のお母さんが脱いだ衣類がありました。
エロ漫画なんかで学習していた僕は、その価値を知っていました。
こっそりブラジャーを取り、肌触りや匂いを確かめました。
その下着は裕君のお母さんのイメージにピッタリな白の花柄で、さっきまで裕君のお母さんのオッパイが当たっていた部分をそっと撫でたりしました。
ここで普通なら次はパンツに手を出すのでしょうが、まだ子供だったのでアソコよりもオッパイの方に興味があり、それで僕は満足してしまいました。

その後、夕方までゲームをして僕は家に帰りました。

タイトルとURLをコピーしました