旦那が寝ている横で巨乳の姉に夜這い・前編

この体験談は約 4 分で読めます。

今日は名古屋から姉夫婦が泊りに来ている。
明日、家族で遊びに行くディズニーがここから近く、ゆっくり出かけて宿泊費も浮かそうってわけだ。

「悪いね、和也君。家族で押しかけちゃって」

「いえいえ、ずっと1人だったから賑やかで嬉しいですよ」

義兄さんとビールを飲みながら、久しぶりの家庭っぽい雰囲気を楽しんだ。

「パパ~、お風呂出たよ~」

「こらっ、ちゃんと拭かなきゃダメでしょ」

先にお風呂に入っていた姉と甥が出てきた。
主婦になったからか、姉は裸で丸見えなのに気にも留めていない。

(姉さん、子供を産んで一段と胸が大きくなったな・・・)

子供をタオルで拭いている姉のおっぱいを見ながらそう思った。
子供を寝かせつけた後、姉夫婦と遅くまで飲んだ。
久しぶりに見る姉は風呂上がりのせいか、かなり色っぽく見えた。

テレビを見ながらまったりしていたが、長旅の疲れとお酒でみんなぐっすり寝てしまった。
うちは独身者用のアパートなので部屋数は少ない。
4人で一緒に寝ることになった。
しかし義兄のイビキは大きい。
とても眠れたものじゃない。
姉も甥もこの中でよく寝られると思う。

姉の寝相も相変わらず悪い。
隣で寝ているオレに何度も足や手を乗っけてくる。
ふと、寝返りを打った姉のノーブラの胸が肌蹴て見えた。
寝相が悪いから胸のボタンが全部取れていた。
間近で見るとすごい迫力だ。
形といい張り具合といい、子持ちのおっぱいには見えない。

(こんな巨乳を見て何もしないなんて損だよな・・・)

義兄も姉も酒が入ると滅多なことでは起きない。
悪いとは思ったが姉の巨乳にいたずらすることにした。
両手で掴んでみるが手に余る大きさだ。
手に吸い付くような肌のきめ細かさ、そしてすごい量感。
今まで付き合ってきた女を遥かに越えた巨乳だった。
あまりに美味しそうなので乳首を舐めてしまった。
両手でおっぱいを揉みながら赤ちゃんのようにひたすら吸った。
寝ていながらも姉の寝息が荒くなった。

(乳首がこんなに勃起しちゃって・・・。感度いいんだね、姉さん・・・)

意外と起きないことに気を良くして、おっぱいを色々な形にして遊んだ。

(姉さんって、感じると可愛い声を出すんだね・・・)

寝ながらも感じてしまって声が出てしまう姉が可愛いと思った。
気がつくと姉は自分の股間を弄っていた。

(自分ではじめちゃって・・・お手伝いしようかな・・・)

パンティを脱がして、姉のあそこを拝見した。
子供を生んでいるのにキレイなピンク色だった。
たっぷりおっぱいを弄っていたから、寝ながらも濡れてしまっていた。

(子供を産んだからガバガバなんだろうなぁ・・・)

好奇心が出て、膣内に指を入れてみた。

(うおっ!締まるじゃん!)

膣壁がうねうねと指に絡まってきてたまらない。
興奮して調子に乗って膣内に指を入れながらクリを舐めた。
こんな事をしてたら、いくらなんでも起きることは全く考えずに。

「いいわ、あなた・・・そこをもっと・・・」

とうとう姉が起きて、目と目が合った!

「ゲッ!」

「和也!何して・・・」

慌てて姉の口を塞いだ!
こんなとこを義兄に見つかったら大変だ。

「声出したら2人が起きちゃうって!」

「やめなさい!あんた、何考えてんの?」

「何って・・・姉さんの寝姿を見てたらムラムラしちゃってさ・・・」

おっぱいとクリへの攻撃はやめないままで答えた。

「こんなにビンビンに勃っちゃって、我慢できないんだよ・・・姉さんとやりたいんだ」

「バカッ、冗談はやめ・・・、ああっ!」

問答無用で挿入した!
ついに近親相姦してしまった。

「姉さんが動くから入っちゃったよ。俺のチンチン」

「だめっ!抜いてよ」

拒否の言葉の代わりに根元までさらに深く突き入れた。

「大声出すと義兄さん起きちゃうよ。近親相姦してるのを見られてもいいの?」

「やっ、やめて、和也」

「もう入っちゃったんだから観念しなよ」

すっかりヌレヌレだったからスムーズに抜き挿しを開始した。
さっきの感触通り、出産経験がある割りによく締まってとても気持ちよかった。

「静かにやれば見つからないって」

「・・・」

「それに姉さんの中、チンチンが千切れそうなくらい締め付けてくるよ」

「嘘っ・・・」

「こんなに締まるってことは姉さんも感じてるんだろ!」

「あっ、あん・・・」

「実の弟に犯されて感じちゃってるんだろっ!」

諦めてされるがままになっていた姉の声がだんだん変わってきた。

(本当に感じ始めてきてる・・・イカせてしまえば何とかなる・・・)

音を立てないように、しかし猛烈にピストンした。
姉の膣内もどんどん濡れて締まってきて快感を確実に受けている。
さらに奥の方まで入れようと体位を変えて後ろから串刺しにした。
クリを弄りながら膣奥深く何度も抜き挿した。

「姉さんの中、本当にいいよ。壁が絡まって」

「うっ、うっ、あっ・・・」

「あぁ、出そうだ・・・抜くよ、中出しはまずいからね」

「待って、和也。抜いちゃダメ。中に出してもいいから・・・」

「え、中はまずいだろ」

「いいの、私もイキそうなの。こんなの久しぶりだから」

「じゃあ出すよ。姉さんに中出しするよ」

「来て!あっ、イクっ、イッちゃう!」

「姉さん・・・姉さん・・・うっうう!」

姉の子宮にぴったりと当てて思い切り中出しした。
射精がなかなか止まらず自分でも驚いた。
姉の痙攣が収まった頃、小さくなったモノが抜け落ちた。
ぽっかり開いた穴から、今出したばかりの精液がドロドロ流れ出てきた。

次の日の朝、姉は熱が出たとのことで、ディズニーには義兄と甥の2人で行くことになった。

「本当にゴメンね。朝起きたら熱っぽくて・・・」

「6時頃には戻るから今日は大人しくしていな。こっちは大丈夫だから」

「心配かけてごめんね」

「じゃあ行ってくるよ。和也君、お願いするよ」

「任せてください」

こうして義兄たちは出かけていった。

「姉さん、ゴメン。昨日したから風邪引いちゃったんだろ?」

「何言ってるの?仮病よ。私の身体に火をつけておいて・・・責任取りなさいよね」

「え?嘘だったの?」

「帰ってくるまで8時間もあるわ」

俺は再び姉のおっぱいへ吸い寄せられていった・・・。

<続く>

タイトルとURLをコピーしました